日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

三毳山とさくら見本園  1/2

「三毳山」 「さくら見本園」 写真は二回に別けて貼ります。




集合場所新宿のコクーンビル

d0031171_752691.jpg




公園に着いて歩き始めました。
この公園でも松涸れ虫の被害が出始めていると聞きました。

三毳山公園の涸れた松に出来た「一口茸」

早春から夏ごろ、枯れてから一年以内の「あかまつ」などに発生します。
形はハマグリに似て、幅1.5~6.5センチ、厚さ1~2.5センチです。
傘の表面は、赤茶色から褐色で平滑、それに光沢があります。
干し魚のような臭いをだします。食用にはなりません。

d0031171_7545570.jpg



d0031171_7592193.jpg




どの種類の木でも同じだと思いますが、この松も涸れる前に
果実をたくさんつけました。

d0031171_7594993.jpg




いちりん草。
花径4~5cmの五弁の白い清楚な花
道端や林の中の半日陰の腐植分の多い場所に生える。

良く見るのは上向きに一輪だけ花をつけるけど
此処ではなぜか、うなだれている。

同時期に咲き、似ているが花が小さいニ輪草がある。


d0031171_813038.jpg




此処三毳山公園ほど規模の大きいカタクリの群生地はあまりないといいます。

d0031171_864632.jpg



d0031171_881291.jpg



d0031171_883283.jpg



d0031171_88538.jpg



d0031171_891610.jpg



d0031171_894741.jpg



d0031171_8102185.jpg

# by a7617 | 2015-04-01 07:50

小田原フラワーガーデン  3/3

小田原フラワーガーデン見学三回目です。



利休梅。
中国の中北部が原産です。
わが国へは明治時代に渡来しました。
高さは2~4メートルになり、卵形または楕円形の葉が互生します。
4月から5月ごろ、枝先の総状花序に白い花を咲かせます。
名前は、茶花としてよく利用されたことから利休と言われる。

d0031171_827100.jpg




昆明。

d0031171_872751.jpg



フラワーセンターから渓流梅園を見物、梅は盛りを過ぎていましたが
可愛い梅の実を見ることができました。

フラワーセンターの裏手より諏訪の原公園に向かいます。


d0031171_8214628.jpg



d0031171_8272236.jpg




丹沢から道志、山梨方面が良く見えます。

d0031171_8275297.jpg




何処から見ても目立つ矢倉岳。

とても景色のよい山だそうです、行ってみたいな。
d0031171_82919.jpg




姫踊り子草。
花の形が,笠をかぶった踊り子の姿を思わせることから付いた名前。
関東一帯に見られる帰化植物。
葉が茎の先端になるほど紫色がかるのが特徴で、
同じ仲間の オドリコソウ は緑の葉だけでであることと、花も背丈もずっと大きい

d0031171_8313737.jpg




良い景色を堪能しながら大雄山線の飯田岡駅に着き、此処から
和田河原駅に向かいます。

d0031171_8354129.jpg




此処で下車、狩川側沿いの「幸せ道」へ
春めき櫻を見に行きます。


d0031171_839512.jpg




残念、盛りは過ぎていました。
この桜は平成12年に「春めき」と品種登録されました。

d0031171_8445123.jpg




ところどころに何とか見られました。

d0031171_8454235.jpg



d0031171_8464682.jpg




いま来た道を振り返ると。

d0031171_8471883.jpg




私は春と言えばなぜかこの花「連翹」が浮かびます。
この難しい「レンギョウ」と言う字、中国の違う品種のものが誤用され
音読みでこの言い方になった。

d0031171_851394.jpg




シキミ。

d0031171_8552651.jpg



先ほど見た時よりウント近くなった矢倉岳。
頂上からここの桜が良く見えそうですね。

d0031171_859852.jpg




企業名が着いている駅。
此処からまた大雄山線に乗り小田原へ。

d0031171_904553.jpg




JR小田原駅から見た小田急のロマンスカーの先頭車両。

d0031171_92279.jpg



此れで「小田原フラワーガーデンと南足柄春めき櫻」 終わります。
# by a7617 | 2015-03-31 08:15

小田原フラワーガーデン  2/3

小田原フラワーガーデン見学二回目、続きます。




ツンベルギア・エレクタ。
何とも聞いたことのない名前の花です。
朝顔に似ています。
白い花もあるそうです。

d0031171_8131591.jpg




最近良くで見るランタナ。
常緑小低木、中南米原産、和名は七変化(シチヘンゲ)
多数の小花からなる散形花序をつける。
開花後、時間がたつと次第に花色が変わるため、同一花序でも外側と内側では
花色が異なる(内側が新しい)。

開花時期がアジサイと重なり葉の形も似ているが、
アジサイとは全く別種で全体的に小さく花の色は派手である。
赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、次々と変わります、まさに七変化。

d0031171_8195192.jpg




ハイビスカスですが八重。

d0031171_8254419.jpg




紅弁慶蔓。
新宿御苑の温室でも見ました。
弁慶蔓と言う花が有りますがそれとは違うものです。
よほど詳しい方でないと区別がつかないと思います。

何れにしても可憐な良い花です。

d0031171_8262280.jpg




ブーゲンビリア。
夢の島熱帯植物園のもこの花が大きく茂っていました。
私はこの花とハイビスカスが南国を代表する花だと思って居ます。

d0031171_8323475.jpg




ポルフィロコマ・ランケオラータ。

d0031171_8373871.jpg




翡翠蔓。
確かに自慢するだけのことはあります、見事なものです。
此処に見に来たかいがありました。

フィリピンが原産です。
熱帯雨林に自生する蔓性植物で、長さは20メートル以上になります。
春から初夏にかけて、長さ1~1.5メートルほどの花序に、
このように青みがかった緑色の爪のような花を、いっぱいに咲かせます。

同行、説明していただいたTさんのお話を丸写しさせていただきました。

世界中に大きさや形など、奇抜な花は数多くあるが、色という点では、ヒスイカズラの奇抜さと美しさにかなうものはないでしょう。
花の色には、赤、青、黄、白と何でもあるように思うが、
実際にはこのヒスイ色は、他の花にほとんど見られない。
花の色の多様性は、花粉を運んでくれる動物(昆虫、鳥、コウモリなど)
の目に止まるように、それぞれの植物が進化させた。
花の色が変わっているのは、その変わった生態を反映しているからだ。
ヒスイカズラは、コウモリが花粉を運ぶとも、鳥が花粉を運ぶとも言われるが、
フィリピンで絶滅に瀕しており、自生地で花粉を運ぶ動物が何であるかはよく分かっていない。


d0031171_847594.jpg



d0031171_8473979.jpg




ブルンフェルシア・ラテフォリア。
ナスカの植物だというが、言われてみると花の形は確かに茄子に
似ているような気がする。

d0031171_8572315.jpg




パキスタキルテア。

キツネノゴマ科でパキスタキス属でメキシコからペルーにかけて分布しています。
濃い黄色の苞の間から白い花を覗かせています。
ルテアとは黄色という意味だそうです。
つまり「パキスタンの黄色い花」と言うことですね。

d0031171_905499.jpg




紅紐の木(ベニヒモノキ)。
1,5mほどの高さの木です
葉腋から長さ30~50センチの紐状の赤い花穂を下垂させます。

d0031171_943444.jpg




カリアンドラカエマトケファラ。
和名「大紅合歓」で何のことはないネムノキです。
真っ赤な球形の花は目立ちます。

d0031171_98630.jpg




此処で休憩食事を済ませて再び表の木を見ました。

先ほど見た杏の木全体。

d0031171_9151029.jpg




梅、八重寒紅梅。
実が二つ付きました、一輪の花にめしべが二つあったのでしょう。
三つ付いたものもありました

d0031171_916358.jpg




梅、月影ですがこれは花ではなく顎です。

d0031171_918836.jpg



花や木の名前、感想などで私の記憶違い、勘違いなどあることかと思います。
ご覧になって気が付いたことが有りましたらご指摘くださるとうれしいです。
# by a7617 | 2015-03-30 08:07

小田原フラワーガーデン  1/3

小田原フラワーガーデン。

此処の「翡翠蔓」は素晴らしいと聞いて見に行ってきました。



写真は三回に別けて貼ります。


一年ぶりに来た小田原駅。
この駅の東口には二宮金次郎さん、西口には北条早雲の像が
お出迎えしてくれます。

d0031171_93220.jpg




小田原城も見えます。
少し寒いが今日も快晴良かった。

d0031171_932437.jpg




バスで30分ほど揺られてフラワーガーデンに着くと最初に眼に入るのが
満開の房アカシヤです。
いわゆるミモザの事ですがこれとよく似ている「銀葉アカシア」が有りますが
殆んど見分けは尽きませんが、銀葉アカシアは一片の葉の数が40枚、房アカシアは20枚です。

d0031171_951960.jpg




弦日日草。
日日草は年中花が付くために日日草と言われます。

此の弦日日草の花期は、春~初夏。
花の形がニチニチソウに似ているが、色は青紫色。

d0031171_911199.jpg



満開の杏(アンズ)の花。
ここ花によく似た李(スモモ)が有りますがスモモの花は房状に着きます。

中華料理のデザートに出てくる杏仁豆腐。
種子の液質の中身を杏仁といい、杏仁豆腐の材料にするが、
日本では実際に杏仁が使われていることは少なく、
あの独特の香りはアーモンドエッセンスによるものである。

昨日の食べたが言われてみるとアーモンドの香りだったような気がする。

俳優の渡辺健さんの娘で杏(アン)さんがいる。

d0031171_9182127.jpg




良く見る欅(ケヤキ)
こういう風に周りに邪魔ものがいないと球形に成長する。
この形を見るのは冬場の葉の無い時期の方が良く判る。

d0031171_9293175.jpg




センターの中に入りました、65歳以上は無料です。
此処は確実に生年月日を証明するものが必要です。
自己申告では受け付けてくれません。

カトレアが綺麗に咲いていました。

d0031171_929579.jpg




キャットテール。
猫じゃらし。

d0031171_9322899.jpg




徳利椰子とその実。

幹の基部は肥大して徳利形となっています。
また幹にははっきりとした環状紋があります。
これは葉痕と呼ばれ、葉の落ちた痕です。
幹の上部に肉穂花序をつけ、淡緑色の花を咲かせます。

d0031171_936531.jpg


d0031171_9351610.jpg




パパイヤ。
私たち日本人にもおなじみの果実です。
様々な使い道が有りますね。

d0031171_938280.jpg




ハイビスカス。
この情熱的な色からも、日本では南国のイメージを持った植物として広く親しまれている。
見た事はないが白いものもあるという。

d0031171_9444334.jpg




イリマ。
この黄色いイルマはオアフ島の島花となっており、レイにも使われます。
レイにはそれぞれ意味が込められていますが、
イルマのレイには 「あなたを誇りに思う」 という意味が込められているとのことです。

d0031171_9483323.jpg




水盤に翡翠蔓の花を浮かべた物が飾ってありました。

d0031171_9575067.jpg




此れも温室でよく見ますね。
アンアウトリウムアンドレアナム。
アンスリウムの事で、チャームポイントはなんと言ってもこのハート型の花です。
花といっても仏炎苞で、真ん中のとがった花序に小さな花が沢山咲いています。
此れも見た事はありませんが白やピンクの物も在るようです。

d0031171_9592253.jpg




蝙蝠蘭。
皆さんでこれが蝙蝠に見えるか議論になりましたが、
蝙蝠に見えるという結論になりました。
むしろトナカイの角に見えるけどな。

d0031171_1063530.jpg

# by a7617 | 2015-03-29 08:57

人を見る目

先日友人と会社時代の事を話していて、いわゆる「変わった奴」の話になった。
そこで、面接時にそういう人間は判らないのだろうかと言う話が出た。
私の経験から言っても、面接時の十数分で人柄を判断するのは至難の業であると思う。

人は物事を判断するとき自分の経験した記憶を基準に判断しますが、
これが実はかなりいい加減なのです。
皆さんは初対面の人を見た時何を基準にして評価しますか。
その人の見た目や動作、ちょっとした受け答えなどから、
「この人は友人の誰それに似ているからきっと好い人だろうとか、また子供の頃に
いじめられて嫌な思いをさせられた人に仕草が似ているからこいつも嫌な人だろう」と
経験から重ね合わせて判断します。
しかしここでその人について実際に何を知っているかと言えば何一つ知らないのです。
それなのにこの人は良い人に違いないとか又は、俺の苦手なタイプだとか判断してしまう。

以前実際に見聞きしたこんな話もある。
女性が自分の上司を毛嫌いしているのを見たり聞いたりした。
なぜ嫌いなのか聞いてみたら「緩んだ口元が嫌だ」と
私から見るとけっして緩んだ口元には見えない。
話を聞くと昔「緩んだ口元の男性に嫌な思いをさせられたから」だと。
この場合も上司と、以前嫌な思いをさせられた人と「口元が似ている」
経験から「この人は嫌いなタイプだと」決めつけてしまっている。
つまり原因は自の過去の嫌な思い出の中に在ったわけです。

然しそうはいっても「人は第一印象で評価されたり、評価したり」するものなのです。
それは自分をどのような人が評価するかによって、評価は大きく変わるのです。





以下は上の話とは無関係です。

御存じ「惜別の歌」ですが、いい歌ですね私は大好きで良く歌います。
「惜別の歌」の原詩は島崎藤村の高楼で、藤村の高楼は、
嫁ぐ姉と妹の別れの詩(うた)なのです。

藤江英輔氏作曲ですが。
この歌のクライマックスは、実は四番にあるのです。

4 君の行くべきやまかわは
  落つる涙に見えわかず
  袖のしぐれの冬の日に
  君に贈らん花もがな

戦地に赴く友に対する悲しみ、その切なさが、
切々と出ていますね。
その思いが詩、「高楼」に曲を付けさせたのでしょうね。

この歌の解説が此処に出ています。


# by a7617 | 2015-03-28 08:47

浜離宮  3/3

浜離宮散策三回目、最後です。



此処は周りを超高層ビルに囲まれています。
見渡すとこのような景色が見えます。

d0031171_14183442.jpg




雪柳。
中国名は「噴雪花」でこの名前も良くつけたと思いますね。

株元から枝をたくさん出してわさわさと茂ります。
緩やかなアールを描きながら長くしなやかに
枝垂れる枝と株を被うほど咲く白い花が特長です。
比較的場所をとらずにまとまりがよいなど利点が多く、
古くから庭園や生け花に利用されてきました。

枝が弓状に湾曲して真っ白い花を咲かせるのでユキヤナギ
の名前があります。ヤナギのように枝が枝垂れると言うだけで、
ヤナギの仲間ではありません


d0031171_14195574.jpg



乙女椿。
今年はこの椿に縁が有るね。
何回もお目にかかりました。

嘘か本当か名前の由来は、江戸時代からある園芸種で他藩や他家に
出すのを止めたため、「お止めの椿」が「乙女」に変わったという。

d0031171_1425769.jpg




寒緋櫻、緋寒桜。
どちらでもいいらしいですが「ヒカンザクラ」とにごりません。
これは「彼岸櫻」と言う物もあり紛らわしいのでそう呼ばせているという。

釣り鐘状の花が特徴で、中国語でも「鐘花櫻花」と呼ばれる。
おおよそ1月から2月上旬にかけてが開花期となる。
花の大きさは1.5~2.5cm程度。樹高は5m程度。
このサクラとオオシマザクラの自然雑種、サトザクラが近年、
「河津桜」と有名になっています。

d0031171_14301423.jpg




房のアップ写真。

d0031171_14391567.jpg




良く見ると何やら黄色いものが見えましたが「葉」でした。

d0031171_1440342.jpg




サンシュユの花に虫が。
蜂かね、下にも小さな虫が留っています。

d0031171_1440548.jpg




九年母(クネンボ)。
手前の松の木に奥に見える黄色い夏みかん状の実が着いた木です。

d0031171_14423014.jpg




丁寧な説明版が設置されていました。
こんな話もあります。

これは沖縄の方言でみかんのことを指します。
みかん類の木を九年母木(くんぶぬき、くぬぶんぎ)などといいます。
一般的にみかん類は種から植えて9年たつと初めて実がつくことから、
みかんの木は9年で母になることからこの名前ができたのでしょう。

d0031171_14503320.jpg




アオサギ。

優雅な姿をしているが、意外にも攻撃的で神経質な鳥で、
餌場では羽毛や飾り羽を逆立てて他の鳥を威嚇して
追い出すことがよくある。

特に獲物が共通するダイサギなどのサギ類には容赦なく
攻撃をしかけて執拗に追い立てる。
また、獲物に対する執着も強く、他の鳥から獲物(主に魚類)を
奪って捕食することが見られる。ミサゴなどの猛禽類や、
時にはツルやコウノトリなどの自分よりもはるかに強大な
相手でも付け回して隙があれば横取りする。

d0031171_1455514.jpg





中野島とお茶屋。
お茶屋では510円で抹茶サービス(抹茶と和菓子のセット)を
お楽しみいただけます。

d0031171_1532947.jpg




富士見山。
昔は高い建物がなかったからこの辺りからでも富士山が見えたのでしようね。

d0031171_158261.jpg




ここ浜離宮のほぼ中央にある、
御亭山(オチンヤマ)から見た景色。

d0031171_1512449.jpg




此処はこのアンバランスな景色が良かった。

d0031171_15183748.jpg




此れで浜離宮散策を終わります。
今回の訪問は「摩天楼に咲く菜の花」と言う言葉にひかれていってきました。
此処に行くならばぜひ電通ビルの展望台にも行ってみることをお勧めします。

一昨年の桜の花見に来ていますからそう珍しいこともないのですが、季節が
違うと見える景色も違います。

良く「また行くの?」と言う方もいますが一か月違っただけで見える景色は
違います、そういう楽しも方もあるのです。
# by a7617 | 2015-03-25 14:46

浜離宮  2/3

浜離宮散策続きます、二回目。


大手門より入場するとすぐに木瓜の花に出会いました。

d0031171_842796.jpg


d0031171_845183.jpg




雪柳がもう咲いていました。
少し早いような気がしますが。

d0031171_855130.jpg




三百年の松、こんな意見もあります。

d0031171_861514.jpg




都内で一番大きなクロマツだそうです。

d0031171_8121558.jpg




お目当ての菜の花畑ですが、電通ビルの展望台から見た時には
斑に見えましたがここから見るとびっしり咲いています。

d0031171_813777.jpg



d0031171_814392.jpg



d0031171_8151083.jpg




此処に来る前に展望台に上って上からここを見た電通ビルです。

d0031171_8172074.jpg





菜の花に交じって「ホトケノザ」「ナズナ」の花が見えました。

春の七草の一つに「ほとけのざ」があるが、これは本種のことではなく、
標準和名をコオニタビラコというキク科の草である。
ところが、このためにこの種を七草の「ほとけのざ」であると
誤解されている場合がある。
本種は食用ではないため、注意する。

d0031171_823318.jpg



d0031171_8433780.jpg




遠くに立派な木が見えました。

d0031171_8435764.jpg




何んの木なのか、そばに寄ってみました。
タブの木でした。
花芽です。

d0031171_8463088.jpg

# by a7617 | 2015-03-23 08:02

浜離宮  1/3

浜離宮、梅はもう終わり、次は菜の花が見ごろだと聞いて行って来ました。

写真は三回に別けて貼ります。



今月13日から東海道線は「上野・東京ライン」と名称も変わり
品川~高萩、熱海~黒磯、沼津~前橋と常磐線、東北線、高崎線が直通になった。
便利になった結果、大混雑の「上野・東京ライン」に乗り新橋で下車、
大混雑に恐れをなしホームで立ち止っていたら、仲間の一人は若者に邪魔だと足を蹴飛ばされた。
シニアの一行人の流れが少なくなってからホウホウのていで改札口へ。




新橋駅前に在る、モニュメント。
C-58上記機関車の動輪と鉄道唱歌の碑

d0031171_837372.jpg


d0031171_8373266.jpg



ユリカモメの新橋駅付近で見たビルのガラスの映り込み。

d0031171_8403026.jpg




巨大な日本テレビタワー、高さは196mありります。

d0031171_8451834.jpg




下を見たら、若者が大勢集まっていました。

d0031171_8455251.jpg



カレッタ汐留。
「しらなカレッタ」とダジャレが書いて在りました。
クリスマスシーズンのイルミネーションは有名。

d0031171_846578.jpg




これは昨年のイルミネーション。

d0031171_9492728.jpg




電通本社ビル東京都港区東新橋にある超高層ビル。
大手広告代理店の電通が本社機能を置くほか、
低層部と高層部にはレストラン街や劇場がある。
このビルの37階に有る展望台は入場無料高速エレバーターで登ることができます。
地上200mから見える景色はなかなかのものです。


真下にはこれから行く浜離宮が。

d0031171_8553015.jpg



隅田川に新しく架かった橋。
現在整備が進んでいるマッカーサー道路とも呼ばれている環状第2号線。
オリンピックに間に合わせるのでしょうね。
現在はこの橋の名前は「環状2号線 隅田川橋りょう(仮称)」ということになっています。

d0031171_8561620.jpg



この写真はHPからお借りしました。

d0031171_924192.jpg




勝鬨橋。
上の写真の橋が架かるまでは隅田川の一番下流に架かっていた橋。

d0031171_964065.jpg




電通ビルを後にして、浜離宮に向かう道ばたで見た柊南天(ヒイラギナンテン)。
こういう色のものはあまり見ないが、なぜこの様に赤いのでしょう。

d0031171_98737.jpg




浜離宮の正門に入る橋。

d0031171_9115114.jpg




右側の建物が入場券売り場シニア割引が有ります。
音声ガイドもあります無料で借りられます。

d0031171_9124439.jpg

# by a7617 | 2015-03-22 08:37

神代植物公園  4/4

神代植物公園 四ページ目になり最後です。


椿をさらに観賞しました。


燭光錦。
赤に絞りの入った椿で、写真ではわかりニクイですが大きいのでいっそう華やかです。
花菖蒲にも同じ名前の花があります。

d0031171_845122.jpg




小紅葉。
コモミジと記名してあったが付け間違いか、私の記憶違いか。
この花は「コモミジ」ではなさそうです。

d0031171_810356.jpg




白腰簑。
ちょっと変わった形をしてますね。

d0031171_816324.jpg




日月。

d0031171_9184991.jpg




八重姫。
濃い紅色、名前通りの八重咲きの大輪に、小さな筒芯。
バラにも同じ名前の花が有りました。

d0031171_8194828.jpg




柊葉椿。
ヒイラギハツバキ、葉がヒイラギに似ている。

d0031171_8241990.jpg




沖の石。
八重咲きの白い花びらに赤色の絞りが入り、黄色の雄しべ目につきます。

WEBを彷徨っていたら
この「沖の石」は和歌に

わが袖は 潮干(しほひ)に見えぬ 沖の石の
    人こそ知らね 乾く間もなし

と言うのが有り、解説にこのように出ていました。

「濡れた袖」というのは古典ではよく使われる表現で、とめど
なく流れ落ちる涙を袖で拭うので、「袖が濡れる」「袖が乾かない」
などというように、暗喩として使われます。

私の衣の袖は、潮が引いた時にさえ海の中に沈んでいて見えな
い沖の石のように、せつない恋の涙でずっと濡れていて、人は知
らないでしょうけど、乾く暇もありません。

         
d0031171_827474.jpg



椿の花はこれくらいにして。


黒文字の花芽(丸い)と葉芽(とがっている)です。
この写真を撮ってから10日近くたっていますから今頃が開花しているかもしれませんね。

d0031171_832014.jpg




土佐水木の花芽。
薄い黄色の花が咲きます。

d0031171_8431411.jpg




福寿草。
二月に見た時よりも茎が伸びていますね。

d0031171_845159.jpg




メタセコイヤの木が歩道の柵を巻き込んでいます。
何年くらいでこんな状態になりのでしょうね。

d0031171_8455991.jpg





メタセコイヤの林。
立派です、綺麗に見えました。

d0031171_8472715.jpg




山香し(ヤマコウバシ)。
枝を折ったり、葉をちぎったりすると良い香りがするので「香し」で、
山地に生育するという意味で「山」となったようです。
また、ヤマコウバシの枯れ葉は落葉しないで翌春までそのまま残ります。

d0031171_8483334.jpg



昨年、同じ時期の神代植物公園の散策は、椿が霜害で見るも無残な有様でしたが
今年の椿はちょうどいい時期に当たり、充分に楽しむことができました。

梅についてもほとんどの梅の木が満開で、こちらもよても良かったと思います。

同行、解説して戴いた皆様お世話になりました。
# by a7617 | 2015-03-21 08:06

神代植物公園  3/4

神代植物公園 梅と椿 三ページ目になります。




美味しい蕎麦を堪能してから再入場して椿を見に行きます。


白唐子。
唐子とは中国風の服装や髪形をした子供、また、その姿。
陶器の平戸焼の図柄として著名。

d0031171_7573039.jpg




京唐子。
八重咲き、大輪。

d0031171_8174.jpg




紅獅子。
ちょっと変わった雰囲気です。

d0031171_853076.jpg




加茂本阿弥。
カモホンナミとよむらしい。
窓の月とも呼ばれる。

d0031171_88986.jpg



紅車。

d0031171_814541.jpg




白獅子。
ハクジシ。

d0031171_8162828.jpg




銀世界。
白八重、牡丹咲き、中輪。

d0031171_8183071.jpg




昭和の曙。

d0031171_8204075.jpg




金魚葉椿。

d0031171_8253810.jpg




岩根絞り。
完全に開花していません。

d0031171_8271942.jpg




明石潟。

d0031171_828088.jpg




鎌倉絞り。

d0031171_8313222.jpg



紺侘助。

茶席で珍重されるワビスケ、此処に出ています。

d0031171_8333794.jpg




今回説明を聞きながらほぼ満開の椿をみて、あまりにも品種の多いのに
改めて驚くとともに、椿の花も「奥が深い」と思いました。
# by a7617 | 2015-03-19 08:02

神代植物公園  2/4

神代植物公園 梅と椿 二ページ目になります。




冬桜が二輪辛うじて咲いていてくれました。
初冬の季節はずれに毎年花が咲き,また4月にも再度花が咲く変わったサクラです。
冬桜はコバザクラ(小葉桜)ともいわれ,白色,一重の花が11月から12月いっぱい咲き
群馬県鬼石町の桜山では木枯しの吹くころに花見ができる。


10月桜とは違うといいますが、私にははっきりとした区別がつきません。

d0031171_8272445.jpg




クリスマスローズ。
この花に詳しい方の説明を何回も聞いたのですが、いまひとつ理解ができません。
クリスマスのころに咲く品種に近い、春先に咲く花も「春先クリスマスローズ」と言うことから
混乱してしまいます。

d0031171_8302163.jpg



d0031171_8305263.jpg




オガタマの木(招霊木)の花。
日本神話においては天照大神の天岩戸隠れにおいて天岩戸の前で
舞った天鈿女命が手にしていたとする説がある。
榊の自生しない地域を中心に神前に供える玉串として
古くから代用されたり、神木とされて神社の神域などに
植栽されている例がみられる。

昨年秋に鎌倉に散策に行き立派なこの木を見ました。

d0031171_8374948.jpg




マンサクの花。

d0031171_8505883.jpg




サンシュユ。

d0031171_8515595.jpg




サンシュユは、こういう小さな花の集合体です。
これは房をばらして、一輪を顕微鏡カメラで撮ってみました。

d0031171_8574541.jpg



d0031171_8594960.jpg




此処から梅園に入ります。
赤、白、黄色と綺麗ですね。

d0031171_905648.jpg



様々な梅の木、良くこんな良い名前を付けたね。
黄梅。

d0031171_913596.jpg




緋梅。

d0031171_921237.jpg




紅千鳥。

d0031171_935098.jpg




孟宗竹。
孟宗とは人の名前で、母が筍を好んだため冬で筍が採れる季節ではない時、
孟宗が竹林に入って哀嘆したところ、筍が生えてきたため
母に食べさせる事ができたという。
これがモウソウチク(孟宗竹)の名前に孟宗が使われる由来とされる。

d0031171_941663.jpg




楊貴妃。
梅の木には女性の名前が付いたものが多いですね。
花も大きく花弁が波打っているため、豪華で華やかな印象です
優雅に舞う美女「楊貴妃」のように美しい梅です。

長恨歌で有名な楊貴妃。

多感だった中学生のころクラス担任が国語の先生で良くこの漢詩を
講義してくれました。
この辺りを今でも覚えています。
回眸一笑百媚生、六宮粉黛無顏色 -
視線をめぐらせて微笑めば百の媚態が生まれる。
これには後宮の美女の化粧顔も色あせて見えるほどだ。


d0031171_99149.jpg




梅園のパノラマ。

d0031171_9224633.jpg




輪違い(リンチガイ)。

バラ科の樹木に咲く花で同じ1本の木の中に紅白等
2色や3色の花を咲かせるものを普通は源平咲と言っています。
源平の戦いの旗印が赤と白だったのでこのように咲く花を例えて呼んだようです。
よく見られるものには花桃が有りますが木瓜や梅にも源平咲が見られます~
櫻はこういう咲き方はしないそうです。

d0031171_9241911.jpg



d0031171_9245531.jpg





日本のマンサクと中国原産の支那シナマンサクを交雑させたもの
アーノルド・プロミスです。

d0031171_932417.jpg




赤花マンサク。

d0031171_9361186.jpg



ルビーグロー。

d0031171_9395949.jpg




此の辺りでお昼にしようといったん、園をでてそばを食べました。
私は天ぷらそばを食べました。

d0031171_9435538.jpg




何と店内にこんな大木が。

d0031171_9461952.jpg




外から見ると・・・

d0031171_9481175.jpg

# by a7617 | 2015-03-18 08:25

神代植物公園  1/4

神代植物公園の梅と椿を見てきました。


写真は四回に別けて貼ります。

今回の写真は3月11日に撮ったものです。



ようやく咲き始めたウグイスカズラ。
この木の、見どころは春の花と果実です。
淡いピンク色で先端が5つに開いたラッパ状の小さな花を咲かせます。
花後、長さ1cmほどのだ円形の果実ができます。
果実の生長は早く、6月ころには赤く熟します。
熟した果実は透明感があり、日に当たると透き通るような美しさがあり、食べると甘いです。

d0031171_8303019.jpg




コシノカンアオイ(越の寒葵)。

主に日本海側の多雪地に生えるカンアオイ属の仲間。
カンアオイに似ているが,花が大きくまた葉は厚く黒ずんだ光沢がある。
花は黒ずんだ茶色で長さ1.5cmほどです。
この花の受粉は、蝶や鉢などではなく「ナメクジ」だとか。

d0031171_834053.jpg




春蘭。
日本、中国に分布する野生ランです。
日の差し込むやや乾燥気味の雑木林や松林などに自生します。
花を見るとわかりますが洋ラン、シンビジウムの仲間で、形が似ています。
主な開花期は早春から春、地際から花茎を出しその先端に淡い黄緑色の花を1輪咲かせます。
この写真は花芽ではなく「花茎」です。

d0031171_8384271.jpg




鬼縛り。
まばらに枝をつけ、枝先に倒卵形の葉が互い違いに生える(互生)。
葉は6月から枯れ始めて夏には落葉するが、8月下旬になると若葉が顔を出す。
島民と言う言葉が有るがこの木は行ってみれば「夏眠」する木です。
「鬼縛り」の名は、樹皮が丈夫で鬼をも縛るというところからきています。

d0031171_8451415.jpg




キクザキイチゲ(菊咲一華)。
落葉広葉樹林の林床などに生育する。
花期は3~5月で、白色~紫色の花を一輪つける。
キクに似た花を一輪つけることからこの名がついた。

山梨県など複数の都道府県で、レッドリストの絶滅危惧種に指定されている。

d0031171_8482715.jpg



ミスミソウ(三角草)。
キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草。
葉は常緑で三角形に近く三つに分かれている。
雪の下でも常緑であることからユキワリソウ(雪割草)の名でも知られる。

d0031171_8544691.jpg




シキミ(樒、櫁、梻)。

有毒、花や葉、実、さらに根から茎にいたる全てが毒。
特に果実に多く、食べれば死亡する可能性がある程度に有毒である。
仏事に用いるため寺院に植栽されることが多い。

d0031171_90343.jpg


新芽。

d0031171_961177.jpg




アズマイチゲ。
春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、
その後は翌春まで地中の地下茎で過ごす春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす。

別名「雨降花」と呼ばれており、摘み取ると雨が降るという説がある。

d0031171_9474916.jpg





いちごの木。
ヨーロッパの南東部から小アジアが原産です。
氷河期の遺存種だと考えられています。
高さは12メートルほどになり、葉は長楕円形から披針形です。
10月から12月ごろ、本年枝の上部の節に壺形の白い花を咲かせます。
果実は1年後に赤く熟します。果実は酸味があり食用になります。

d0031171_9231746.jpg


d0031171_920130.jpg




三椏。
御存じのように和紙の原料です。
和紙の原料は、楮(こうぞ)、三椏、雁皮(がんぴ)の靭皮(植物の外皮の下にある柔らかな内皮)
繊維を中心に使われてきました。
いずれも繊維が長くて強靱で、光沢があり、和紙の特徴である薄くて強い性質を表しています。

以前仲間と行ったことのある「常泉寺」の三椏の花を思い出しました。

d0031171_925886.jpg




梅「薄色縮緬」。
此処神代植物園の目玉になっている木です。
今回は快晴の青空、満開のこの花を見ることができました。

ただ、気のせいか花びらが縮緬状に波打つのでこの名があるはずなのに、
この木はほとんどその様子が見られません。

d0031171_9341475.jpg



d0031171_9381611.jpg





上の梅の木と並んでやはり目玉の木「神代櫻」が有りますがもちろん
開花はしていませんが4月初旬が楽しみです。
御縁が有れば満開時にお目にかかりたいと思います。

d0031171_9404712.jpg


d0031171_941697.jpg




もう満開の河津桜。



d0031171_942050.jpg

# by a7617 | 2015-03-17 08:10

自殺  末井 昭著

アナタ自殺したいと考えて事が有りますか。
絶望の淵に差し掛かった時誰でも考えることでしょう。
「もう死ぬしかないな」と・・・

この本「自殺」、何ともすごい題名の本です。
母親がダイナマイト自殺をしたのは著者が7歳の時だった
長じてアダルト雑誌やパチンコ雑誌の編集者となる。
アルコール依存症、ギャンブル、巨額の借金、不倫に離婚、めちゃくちゃな人世。
その様を素直につづったブログが話題になり、東日本大震災のあと自殺をテーマに連載した。
それをまとめたのが本書である。

「どうしても死にたいと言う人は、真面目で優しい人たちなのです」と著者。
自殺を美化するのでもなく、非難するでもない。
社会からはみ出し、孤立し、追いつめられる人々に暖かくよりそって、
自殺について書いています。
様々な人との出会いが、在り得ないほど、とにかく面白い。
両親に自殺された女性、元プロ麻雀師のホームレス、自殺率日本一の秋田県の司法解剖医、
青木ヶ原をパトロールしている作家。
「壊れ物の祭典~病気だヨ!全員集合」を主宰する元引きこもりの会社員。
イエスの方舟の人々と千石イエス。
自殺をめぐる彼等とのインタビューのさりげないやり取りが
ゾッとする深い淵が在る事に考えさせられる。

著者の不倫相手は精神を病んでビルの八階から飛び降りたし、
著者自身も様々な依存症に苦しみ自助グループに参加、すべての罪深い思いや行いを経た著者はこう言っている。

樹海探索の項
248p
どうせロクでもない社会なんだから、真面目に自分を突き詰めるんじゃなくて、もっといい加減に生きたらいいのに、と思うのは、ぼくは強い者だからでしょうか。

最終章 
迷っている人への項
352p
・・「行き辛さを感じている人こそ、社会にとって必要な人です。
・・・もし今あなたが自殺しようか・・・迷っているのでしたら、どうか死なないでください。
そこまで自分を追い込んだら十分です。

・・・それでも自殺を思い留まる事が出来なかったら、
とりあえず明日まで待ってください」と。
私も言います「死んだらオシマイだ、状況は変わらないんですから」



d0031171_923489.jpg

# by a7617 | 2015-03-15 08:27

夢の島熱帯植物館  3/3

熱帯植物館 三ページ目になります。



熱帯植物館、見学続きます。


ココヤシと果実。
単子葉植物ヤシ科の高木で成長すると30m位になります。
良く私たちがヤシと言いますがこの木の事です。
果実はココナッツとして有名であり、1個の果実には約1リットルの
液状胚乳ココナッツジュースが入っている。
熱帯地方は不衛生で水が悪く、飲料水に適しません。
このために貴重な飲料になっています。
呑んだことが有りますが不思議な味でした。

他にも多方面で利用価値が高く、
世界中の熱帯地域で栽培されています。

ここ、熱帯植物館で初めて実が付いたと聞きました。
完熟しないで落ちてしまうのではと言う事でした。

d0031171_810489.jpg




フルンフェリシア。
和名「匂い蕃茉莉(ニオイバンマツリ)」
南アメリカ原産 花言葉は「浮気な人」だって。

d0031171_8222592.jpg




猩猩椰子。
スマトラ原産で樹高は10メートルほどになります。
幹の部分が朱色をしていて、初めて見たときに「なんだあの綺麗な樹は」とびっくりしました。

d0031171_8291398.jpg




中は気温が高くコートは脱いでの見学でしたがそれでも熱くて
気分が悪くなりました。
いったん屋外に出て涼みました。
此処は新木場と言う地名からも判るとおり昔は材木置き場でした。

新木場について此処に出てます。

今ではこのような景色になりました。

d0031171_834295.jpg




御存じ東京の新名所「東京スカイツリー」。

d0031171_8431090.jpg



翡翠蔓。
花色が宝石の翡翠(ヒスイ)に似ていることから命名された マメ科の熱帯性蔓低木です。

花は下垂して長さ1m以上となり、みごとです。
花の1つひとつは嘴状の豆のような形をしています。
日本では3~5月にここの様な熱帯植物園などの温室内で栽培されています。

花ではなく鳥ですが翡翠と言う鳥がいます。
カワセミをさしますが、それはカワセミの背中が翡翠色をしているからです。

d0031171_947669.jpg




スターフルーツ。
和名は五歛子(ごれんし)。
原産は南インドなどの熱帯アジアで、東南アジア全域のほか日本では現在、
沖縄県や宮崎県などで栽培が行われている。

和名も英名も、由来は果実の横断面が五芒星型をしているところから来ました。
果肉は和ナシに似た食味だといいます。

d0031171_8443781.jpg




セイロン万両。
大変珍しい品種で花の後にできる実は赤から赤紫へと変化し、熟すと黒くなります。

ヤブコウジ科の観葉植物です。
葉の照りが美しいです。

d0031171_8512819.jpg




カカオと果実。
果実は長さ15~30センチメートル、直径8 - 10センチメートルで幹から直接ぶら下がる幹生果で、
カカオポッドと呼ばれる。
中に20から60個ほどの種子を持ち、これがカカオ豆となる。
取り出されたカカオ豆は、ココアやチョコレートの原料とされる

d0031171_903395.jpg




数珠珊瑚(ジュズサンゴ)。
名前の通りの実ですね。
アメリカの南部に分布しています。
花は白色から淡紅色の花を咲かせ、果実はこのように真っ赤に熟します。

d0031171_953174.jpg




シマギョクシンカ。
漢字表記は島玉心花。
小笠原諸島で見られますしています。

d0031171_9101347.jpg




バンクシア。
オーストラリア原産。
オーストラリアのもっとも乾燥した地域を除く全域に産する。
特徴的な花と果穂を持ち、オーストラリア産の野生の花の中では
有名で人気があり、よく庭木として利用されます。

d0031171_9153077.jpg




エバクリス・レクリナータ。
オーストラリアの東部に分布しています。
砂岩地帯の湿ったところに生え、花はご覧のようにピンクから赤色の筒状花を咲かせます。

d0031171_918672.jpg




熱帯植物館の建物が映り込んでいました。

d0031171_923795.jpg




毛氈苔。
多年草で代表的な食虫植物。
日本全土,南アジア,オーストラリアに広く分布する。
日当りのよい野原や山地の酸性の湿地に生える。

広く分布するといいますが私はまだ見た事が有りません。

d0031171_9245021.jpg




虫取りスミレ。
北海道から四国にかけての高山(亜高山帯)の岩の上などに生える。
高山性のムシトリスミレ属はアルカリ性を厭わないものが多く
本種もしばしば石灰岩や蛇紋岩上に生育する。

花は一見スミレに似ている。
根元に数枚の葉をひろげてロゼットをつくる。
葉は長楕円形で長さ3-5cm、葉柄がない。
葉の表面は天辺に粘液の球を付けた細かい腺毛で覆われ、
粘りつけられ動けなくなった虫を消化吸収する。

d0031171_9304286.jpg



此れで夢の島熱帯植物館、見学を終わります。

同行していただいたメンバーの方お世話になりました。
# by a7617 | 2015-03-14 08:36

夢の島熱帯植物館  2/3

夢の島熱帯植物館

三回に別けて貼ります、二ページ目になります。



館内に入って、食事をしました。

d0031171_8305641.jpg




窓からはこの様に館内の一部が見えます。
ナカナカ良いですよ。

d0031171_8285021.jpg



食事休憩が終わり、
関内の見学です、リーダーのさんの配慮で
館長のさんの説明、解説で予定を一時間も越えてしまったような丁寧な案内でした。


コクリオステマ。
ツユクサ科コクリオステマ属の常緑多年草で、
中央アメリカのニカラグアからコスタリカ、パナマに分布しています。樹上に着生し、
高さは1.2メートルほどになり、大きな「アナナス」のように見えます。
花は、まだ完全に開いていません。

d0031171_834913.jpg




オオバノマンゴスチン。
「果物の女王」と称されるマンゴスチンとは近種
であるらしいが違うものです。
原産地はフィリピン、インドネシアなどである。
東南アジアなどで果樹として広く栽培されている。

d0031171_8391952.jpg




スリーピーチ。

d0031171_8453971.jpg



プレイキネティア。
熱帯の森林域に分布する。
つる性で、茎は細く、他の木などに気根で絡みつくようによじのぼる。
オレンジ色が鮮やか、炎のように見えます。

d0031171_8485847.jpg




花の美しさに見とれました。
この二枚の写真の花は胡蝶蘭の仲間だと思います。
ファレノプシス(胡蝶蘭)画像。

d0031171_9352748.jpg



d0031171_941418.jpg



d0031171_9515651.jpg




ブーゲンビリア。
私はこの花の印象は真っ赤な色を想像していましたが、こういう色もあるのですね。
中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。
花の色は赤から白まであり、ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄のものあると言う事です。

d0031171_9561771.jpg




風鈴仏僧華。
ハイビスカスの一種。
熱帯アフリカ原産で、長く垂れ下がった柄に,真紅の花弁が綺麗です。

d0031171_102549.jpg



ゾウタケ。
全景は撮れませんでした。
写真は根の気根です。
この熱帯植物館の目玉だそうです。

世界一大きい竹と云われています。
実際にこの竹を見ると「象竹」とはうまく命名したものだと思います。
とのかく大きいし成長も早いと聞きました、1年で2,30メータにもなります。
根元の直径は15Cm以上あります。
タケノコも大きいでしょうね。

d0031171_106726.jpg




小海老そう。
花の形が海老の尾のように曲がっている。
我が家の近所のお宅に、咲いているのを見るが似ているが
種類が違うのかな。

d0031171_10162093.jpg




花丁子。
メキシコ原産。
花の先端が4つに割れ、横から見ると漢字の丁の字に似ているから
この名がついいたという。

d0031171_10202577.jpg

# by a7617 | 2015-03-13 08:29

夢の島熱帯植物館  1/3

まだ寒い日が続きますが、暖かい熱帯植物館を見学」して来ました。

此処には10年ほど前でしょうか、第五福竜丸を見学に来たことが有り
熱帯植物館には入らなかったような気がします。

写真は三回に別けて貼ります。

二月五日に撮ったものです。



最寄駅の新木場駅、現在はJR京葉線、りんかい線、地下鉄と三路線が乗り入れています。

d0031171_8355069.jpg



夢の島公園に着きました。
ユーカリ橋から見たユーカリの木の花芽。
今回は花がほとんど見られませんでしたが、花芽を選定してしまったのでした。
選定されて花芽の付いた枝が積みあげられていました。

夢の島になぜユーカリの木が多いのか、私が聞いた話では
もともとオーストラリアからコアラをもらえることになったとき、
コアラのえさとなるユーカリを栽培できる施設があることが
条件でしたので、コアラの食べる種類のユーカリを育てるため、
日本の気候にあうものを研究するため何種類もが植えられました。
餌のユーカリの木は、現在はコアラが飼育されている多摩動物公園に
植えられているとか。

なおコアラが食べるユーカリの木は700種以上ある中の
数十種だそうです。

d0031171_8363453.jpg




カナリーヤシと着生しているシダ。
此処ではほとんどのヤシにシダが寄生しています。

d0031171_8524651.jpg



此処でも綺麗な水仙を見られました。

d0031171_8552790.jpg




これは八重です。

d0031171_8561561.jpg



大きなユーカリの木、この公園にはこの様な大木がたくさんあります。
ユーカリの木は脂分が多く、土壌の悪い場所でも育つためにここ
夢の島は焼却ごみを埋め立ててできた島でもこのように元気に育っています。

d0031171_8565641.jpg



辺り一面い落ちていた「スダジイ」の実。
この実は食べられます、美味いかどうか保証できませんが。

d0031171_931184.jpg




私はほとんど見た事が無いオリーブの木。

オリーブと言えば私はこの曲をすぐ思い出しますね。

またマジックの時、必ずこの曲が使われますなぜでしょうかね。

d0031171_96377.jpg



ブラシの木ですが、この時期に見ると様変わりしていて
見違えますね。

ブラシの木画像

d0031171_9163516.jpg



銀葉アカシア。
ギンヨウアカシア とは別名ハナアカシア。
ミモザと呼ばれることも多いが、Mimosaはオジギソウ属の学名である。
オーストラリア原産で花期は3月頃で総状花序に黄色の花をつける。
葉は名前の通り銀色を帯びている。

よく似た仲間に同属のフサアカシアがある。

d0031171_9194085.jpg



蛇の目エリカ。
同じ花ばかり貼ってすいません。
綺麗だったもので・・・つい。

d0031171_92446.jpg



熱帯植物館の入り口に在ったもの。

d0031171_927216.jpg




熱帯植物館。

d0031171_9304019.jpg



全景。

d0031171_8184837.jpg

# by a7617 | 2015-03-12 07:57

さがみ湖イルミリオン

時期外れの感もなくはないが、さがみ湖イルミリオンを見てきました。

私はこう言う物は、クリスマスの時期に在るものだと思って居ましたが
櫻の時期にもあるのにはびっくりしました。

考えてみれば何も真冬だけでなくてもいいわけだ。




中は広いので、案内が出ていました。

d0031171_7505159.jpg




未だ日暮れていないので、空は明るい
光の花畑。

d0031171_7515222.jpg




d0031171_8392787.jpg




光のナイアガラ。

d0031171_7531716.jpg




ようやく日没。
光のトンネル、三色あります。

d0031171_7534877.jpg



d0031171_7541142.jpg



d0031171_7543335.jpg




光の海。

d0031171_7545963.jpg



d0031171_7552496.jpg




光のゲート。

d0031171_7554964.jpg



大空天国、巨大なブランコ。
此れを見て納得がいきました。

d0031171_7561454.jpg




昨年の秋に高尾山に紅葉を見に行った時、見えた不思議なものがこれだったのです。
あの時茶店の店員にあれは何かと聞いたら、「遊園地のブランコですと教えていただきました」
この写真は高尾山から、望遠で撮ったものです。

d0031171_8113911.jpg



d0031171_8122465.jpg




光の宮殿と大庭園。

d0031171_824139.jpg



d0031171_8243947.jpg



三脚なし、手持ちで撮りました。
ぶれてお見苦しいがお許しを、雰囲気だけは判ると思います。
音楽もな流れていましたが、雑音が多く聞き苦しいために、曲は付け直しました。


# by a7617 | 2015-03-10 07:56

西湖 いやしの里

西湖いやしの里を見てきました。

山中湖には時々行くがその先の河口湖、ましてや西湖には最近は
殆んど言ったことが有りません。

此処までずいぶん遠く感じました。



最近できたところらしく、看板も真新しいね。

d0031171_7344520.jpg




意味が良く判らない瓢箪。

d0031171_735457.jpg




此処は入場料が掛かりますと大書してあります。

d0031171_737247.jpg




歓迎のゲート。

d0031171_7381333.jpg



まーこんな感じの古民家が有ります。

d0031171_739671.jpg



家の中にはいろいろな工房が有り展示、販売しています。

d0031171_740066.jpg



此処では「火の見屋」と呼んでいます。
鎧などが展示してあります。
この付近からの富士さんが良く見えます。

d0031171_7425192.jpg




縮緬(ちりめん)細工とつるし飾りの工房。

d0031171_7465325.jpg




可愛い羊のお雛様

d0031171_748124.jpg




富士山を象った吊るし雛。

d0031171_7484572.jpg




御殿作りの古い雛人形。

d0031171_7495069.jpg




水車小屋。
蕎麦、米、麦などの挽いて見せてくれます。

d0031171_7505997.jpg




この付近から見えた富士山。

d0031171_7533736.jpg

# by a7617 | 2015-03-09 07:42

人生案内

2015年3月5日3時0分 読売新聞 朝刊の人生案内の
相談と回答です。

私は回答者の鷲田 清一(哲学者)さんの回答に感銘を受けました。

全文掲載します。
読みやすくするために編集しました、字句は変えていません。

[人生案内]小6女子 母が介護で苦労

小学6年生の女子。祖母が認知症になり、母が苦労しています。
祖母は1年ぐらい前に認知症と診断され、デイサービスに通っています。
最近は薬を何回も飲んでしまったり、外出した私と母に何度も電話をかけてきたりします。
腰が痛いからとデイサービスを休み、「今までで一番痛い」と言って母を30分おきに呼びます。
「痛いのを治すためにデイサービスに行くんでしょ。
休んじゃだめだよ」と私が言っても休もうとします。
でも、家ではすたすた歩いています。

私は受験生なので、なかなか手伝えません。
ストレスがたまり、たまに祖母にどなっている母の姿を見るのはつらいです。
私は不自由なく暮らせていて、勉強をさせてもらえます。
でも、仕事をして頑張って私を支えている母がつらそうにしているのが、私にもつらいです。
文句ばかり書きましたが祖母のことは好きです。
どうしたらよいでしょうか。(埼玉・Y子)
         
           ◇

ひとは、眠りこけていることもあれば、夢にうなされていることもある。
起きていても、気持ちが高ぶってあらぬことを口にすることもあれば、
何かに夢中になってまわりが見えないこともある。
だれもが日々こんなふうにいくつかの世界を行き来しています。

おばあさんは今、そういう行き来が少し激しくなっておられるのだと考えてみればどうでしょう。
お母さんが、そしてあなたが、まだ赤ちゃんの時、
むずかるばかりで手のつけようのないあなた方を、おばあさんはなだめすかしつつ懸命に世話をしてくれたはずです。
そのおばあさんがこんどは世話される番になっておられる。
人生においては、世話する者とされる者は時とともに入れ替わっていくのです。

ひとは他人のみならず、自分のことも思うようにはなりません。
その意味で、生きることは苦労の連続です。
つまり、苦労は取り除くべきものではなく、分かち合うものなのです。
あなたは今、祖母と母、二人のことで悲しみ、思い悩んでいますが、
じつは同時に、こういう大事な学びをしているのです。
鷲田 清一(哲学者)




写真説明
先日所要で横浜、関内を歩いているときに見ました。
高層ビル街のど真ん中に満開の寒桜見て思わずラッキーと。
この桜を見た此の日は、とてもいいことがありました。

d0031171_17162328.jpg


d0031171_171639100.jpg



街灯に留まっている鳥、ひよ鳥カナ。

d0031171_17183184.jpg

# by a7617 | 2015-03-07 17:11

河口湖 オルゴールの森

河口湖オルゴールの森を見てきました。
このような場所には過去数か所見物した記憶があるが、此処のように規模の大きなものは
始めてみました、一見の価値あり。


門を入るとこんな建物が目に入ります。

d0031171_822302.jpg



d0031171_823315.jpg



d0031171_8241395.jpg



様々なオルゴールが飾ってありましたが、これは古い時計です。

d0031171_8245191.jpg



オルガンホール、「世界最大迫力満点のダンスオルガン」と
書いて在りましたが、私にはパイプオルガンに見えました。
自動演奏して聞かせてくれました。

d0031171_8281097.jpg




ヒストリーホール。
様々なオルゴールと言うより「自動演奏器」が展示してあり自動演奏をして
聞かせてくれます。
あの有名なタイタニック号に乗せるために作った自動演奏器もありました。
説明の女性の舞台向かって左側のひときわ大きな、自動演奏器がタイタニック号に載せる予定だった
自動演奏器で価格は四億円とか。

d0031171_8295813.jpg




d0031171_8324935.jpg



上の写真の自動演奏器、演奏中に扉を開けて中を見せてくれました。

d0031171_8331757.jpg



巨大なヨーロッパの城の模型。
実に精巧に作ってありました。

d0031171_839451.jpg



上の写真の説明版。

d0031171_8403462.jpg




この窓から人形が出てきて音楽の指揮を執ります。

d0031171_8405849.jpg



音楽に合わせて、噴水が強弱、長単、さまざまな形で出ます。

d0031171_84212.jpg

# by a7617 | 2015-03-06 08:36