日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

三ッ池公園 散策 3/3

三ッ池公園、散策 コリア庭園 続きです。


これが入り口です。
建物の名前は友好をあらわす「通友斎」とつけられています。

d0031171_7565766.jpg


入ってすぐ左側に主人の居間が有ります。

d0031171_831954.jpg


立派な家具が展示してあります。

d0031171_8202270.jpg


部屋の中央、広間、奥に在るのが寝台、手前の大きな箱が「銭箱」で
日本の千両箱の四倍くらいもある大きなものです。

d0031171_8211821.jpg


銭箱。
どんなお金を入れるのでしょう。

d0031171_8233288.jpg


石池
建物の前面や後庭に置かれ水生植物などを置き観賞した。

d0031171_8262449.jpg


景石、滝をあらわしているというが良く判りません。
花壇の飾りに使ったらしい。

d0031171_834506.jpg


オンドルの煙突。
私は
オンドルの煙突は西洋式に建物と一体だと思って居たが、一般には
後庭の花壇に設置されているといいます、ちょっと驚きです。

d0031171_8402339.jpg


ここまでで、コリア庭園の写真を終わりますが。


コリア庭園正面にこのような馬の像が有りました。
「馬超龍雀」と名付けられた天馬の銅像で1969年9月に後漢時代の大型墳墓が発見され、長さ34.5cm、高さ45cm重さ7,5㎏で、馬の全重量が龍雀の背中に乗せた、一本足を力点に集中し力学的平衡原理を
正確に計算されたものです。
大よそ1700年前のもので、複製です。

d0031171_8441793.jpg


d0031171_944940.jpg


ここまでで三ッ池公園散策を終わります。

いつも見ていただき有り難う。
by a7617 | 2014-03-30 08:04

三つ池公園 散策 2/3

三ッ池公園散策 続きです。

この公園にはコリア庭園があります。

HPより
1990年、神奈川県と韓国・京畿道(きょんきどう)との友好提携を記念して作られた庭園で、
広さは面積約5,000平方メートル、
李朝期(1393年から1910年)の地方貴族の山荘庭園をイメージした庭園です。


此処がコリア庭園の入り口です。

d0031171_751120.jpg


長栍(チャンスン)
韓国に行ったとき、これと同じものを見た記憶があります。
天下大将軍・地下女将軍と男女の標が対になったものでした。
竿頭に鳥が止まった神竿をソッテ(솟대)、人面を彫った神木をチャンスン(長栍)という。
鳥は天地を往来して神の使いをすると信じられて神格化され、
神木には人面を彫って人格神化したという。
どのような意味合いを持つものなのか良く判りませんが、日本の鳥居のような感じもします。

d0031171_7513364.jpg


ヘテ石
良く中華料理屋の店頭にこれと同じものが置かれていますね。
想像上の動物の名前で、物事の是非、善悪を見分けることができるという。
火災や災禍をさける神獣とも考えられ、宮殿前などに設置される。
同じようなものを、中国でも良く見かけました。

d0031171_83688.jpg


d0031171_833126.jpg


庭園の入り口右側に方池円島という池があります。
この池と島は文字通り丸い島と四角な池で、できていますが、
この池の方形は地の影を、円島は天の陽をあらわし風水思想からきており
陰と陽の均衡を保ち家勢の繁栄をねがったもの。

d0031171_8103031.jpg


d0031171_8105295.jpg


建物の全景ですが、両班(リャンパン)の家は男主人の家と女主人の家、廊下、食物の
貯蔵庫、祠堂など様々な建物が有りますが、ここでは、男主人の、来客のための空間である
「外別堂」を立てたそうです。
此処の説明では「地方豪族」という言い方をしていました。

d0031171_8201040.jpg


門を入ってすぐ正面から見て左側にあります。
「四方壇」です。
長寿を象徴する松、竹、梅、菊、欄を好んで植えたといいます。

d0031171_8264282.jpg


亀方山
亀は長寿を象徴する生き物で、また生命の源泉である水と円オフ会動物です。
古来長寿を祈願する人々の気持ちを庭園い亀石を設置することであらわしてきました。

d0031171_8305177.jpg

by a7617 | 2014-03-29 07:46

三ッ池公園 散策 1/3

櫻にはまだ早い、25日(月曜日)に 鶴見の三つ池公園の散策と撮影に行ってきました。

三ッ池公園。


この公園は孫がまだ幼児だったころ良く遊びにつれてきた懐かしい公園です。

南側の水の広場方向から入りました。


一本咲いていました。

d0031171_8415718.jpg


d0031171_8253796.jpg


d0031171_8421795.jpg


d0031171_8423976.jpg


一ノ池と二の池の境に一本。

d0031171_8431676.jpg


此処にも一本。

d0031171_8445993.jpg


栄養状態のいい太った綺麗な錦鯉。

d0031171_8455953.jpg


三ッ池公園のシンボルともいえる大きなしだれ桜の隣に申し訳なさそうに咲いていました。
咲いていてくれてありがとう。

d0031171_8541352.jpg


d0031171_934772.jpg


この写真は去年のものですが、大きなしだれ桜の隣の赤みの強い桜が
上の写真の櫻です。

こうして同じ桜を比較してみるとずいぶんと色合いが違うものですね。
カメラの違いか、撮った時期の違いで桜の色が変わるのか???

d0031171_8552367.jpg


テレビ神奈川の電波塔。

d0031171_922972.jpg


大きなこぶしの木でした。

d0031171_941373.jpg


椿ですが、日陰で撮ると、また感じが違ます。

d0031171_945447.jpg

by a7617 | 2014-03-28 08:23

辻堂海浜公園 3/3

辻堂海浜公園散策、続きです。

公園内に簡単なレストランがありました。
名前は、スマイルカフェ「波波波」ですが「ハハハ」と読むのか聞き落しました。

d0031171_1602958.jpg


自然池という名前でした。
ということは、この池は「人口ではないよ」かな。

d0031171_1615775.jpg


水辺ですね、鳥が来ていました。

d0031171_1675442.jpg


d0031171_1682162.jpg


d0031171_1684582.jpg


d0031171_1691439.jpg


海浜公園ということから、海岸は隣です。
サーフィンをしていました。

d0031171_1610742.jpg


江の島が見えました。

d0031171_1612261.jpg


この花「、マーガレット」らしいのですがもしソウならなぜこんな
海岸に咲いていたのでしょうか。

d0031171_161551.jpg




辻堂海浜公園散策を終わります。

見ていただき有り難う、ございました。
by a7617 | 2014-03-27 16:10

辻堂海浜公園  2/3

辻堂海浜公園、続きです。

何やら不思議な物が見えました。
滑り台でした、私は「蛸」をモチーフにしたものだといいましたら、
仲間が、いや「宇宙人です」といった、どちらでしょうかね。

d0031171_8512885.jpg


こんな乗り物がありました。

d0031171_8515042.jpg


面白そうなので乗ってみました。
一周200円です。

d0031171_852559.jpg


高くて気分がいいね。

d0031171_8544030.jpg


d0031171_8554787.jpg


交通展示館に入ってみました。
シニアは無料でした。

d0031171_8594665.jpg


展示はなかなか良いものがそろっていました。


この部屋は自分で持ってきた物をプラレールで走らせるところです。

d0031171_942272.jpg


電車の運転シュミレーション。
良くできていて、実際に電車を運転した気分になります。

d0031171_97289.jpg


蒸気自動車の模型、精巧にできていて見とれてしまいました。

d0031171_981546.jpg


自転車、何かの本で画を見たような気がします。

d0031171_991855.jpg


鉄道ジオラマ。
中の電車や汽車を実際に動かせるように左に運転台が有ります。

d0031171_9103052.jpg


スーパーライダー。
音と動きと映像が連動した体感マシンだそうですが今は使われていません。

d0031171_9131886.jpg

by a7617 | 2014-03-26 07:55

辻堂海浜公園  1/3

表題の公園に水仙が咲いていると聞き、友人と行ってきました。
3月19日(水曜日)

私は水仙という花は、盛りは二月いっぱいくらいで終わりだと思って居ました。
しかし、品種によってかなり開花の時期に差があるのがわかりました。


辻堂海浜公園

三回に分けて貼ります。


公園、入り口に大きな蘇鉄の木がありました。

d0031171_8213758.jpg


有りました、水仙が、今を盛りと咲いていました。

各花の名前が表示されていましたが、私の記憶違いがあると
いけませんおで、名前は書きません。

d0031171_8255360.jpg


d0031171_8282332.jpg


水仙の花ことばの由来が面白いですね。
だれが言い出したのでしょうか。
御存じでしょうが花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」だそうです。

d0031171_83842100.jpg


d0031171_840686.jpg


d0031171_84032100.jpg


d0031171_8482285.jpg


d0031171_8484465.jpg


d0031171_849454.jpg


こんな道の両側に花が有ります。

d0031171_1119551.jpg


日の丸写真です、あまりのも綺麗だったので撮ってしまいました。

d0031171_1120947.jpg


スミレかな。

d0031171_11211528.jpg


ローズマリーです。

d0031171_1122717.jpg

by a7617 | 2014-03-24 08:21

一言

私は地道に、学歴もなく、独学でやってきた。
   座右の銘というものではないが、
   「我以外皆師なり」と思っている。
     ─ 吉川 英治 ─
       (小説家)

この方の書いた本でよかったのは「新平家物語」「私本太平記」「三国志」・・・かな。

そして「我以外皆師なり」という言葉、私も好きです、
私の IT関連の師は孫です。

この言葉は、パソコンのスクリーンセーバーにも入れています。


写真の説明。

この水筒、我々の年代の方には懐かしい代物です。
キャップに付いた磁石(コンパス)懐かしさに思わづ見とれてしまいました。

d0031171_971353.jpg

by a7617 | 2014-03-23 08:52

ニッチを探して  島田雅彦 著

ニッチとは「隙間」と言う意味です

私たちの一生は自分が収まる所を見つけようとしてもがいているのかもしれない。
主人公の藤原道長は銀行の支店に勤める銀行員です。
彼が突然疾走するところからこの物語は始まる。
必至で行方を探す支店長の狼狽ぶりは失踪の背後にある事件の重大さを予感させる。
追っ手から身を隠すため逃避行を開始する道長。
所持金が尽きれば路上生活が待っている。
時には生ごみや野草で空腹を満たす。
廃車の中で夜露を凌ぎ、認知症の一人暮らしの老人宅の厄介にもなる。
そして支店長らの包囲網は徐々に迫り追っては巧妙のわなを仕掛けてくる。
道長の命は風前のともし火だ。
話しはサスペンス風なのですが、この小説の味わい、面白さはニッチを探して彷徨、道長を通して描かれるホームレス世界そのものである。
例えば上野公園にニッチを求めてホームレス自治会長を訪ねた道長は「別のところに行け」と突き放される。
周囲から快く思われていなにホームレスは、相応の覚悟が無ければ勤まらない。
なぜなら市民が寛容でなければ自分たちは生きてはいけないからだと諭される。

そうした経験を通じて道長は自分のニッチが見つからない原因に気が付く。
それは「自分は本来こういう場所で寝るような男ではない」という「無意味なプライド」の存在だったのだ。
著者の鋭い観察眼に裏打ちされた巧みな表現力素晴らしい。
此の著者は「本当にホームレス生活をしたのでは?」と思いました。

本文215ページ
・・・今一つ世間の歯車と噛み合わず、苦労している。
いやむしろ世間と歯車がかみ合っている人の方が少ないのではないか。
誰もが「我」を押え、後ろ指刺したり刺されたりしないように立ち居振る舞いに細心の注意を払い、おのが健常ぶりをアピールすることにいささか疲れている。

d0031171_945482.jpg

by a7617 | 2014-03-22 09:41

多摩六都科学館

多摩六都科学館。

コンセプトは「科学することへの出会い、広がる世界を多摩六都科学館で体験・発見」と
言う事なので、これは面白そうだと行ってきました。

展示は大きく五つの部屋に分かれています。
1、チャレンジの部屋 2、体の部屋 3、しくみの部屋 4、自然のへや 5、地球の部屋世なっていました。



最寄駅は西武新宿線の「田無駅」です。
はじめてきましたが、郊外の上品な感じのする駅周辺でした。

d0031171_804674.jpg


多摩六都科学館まではコミュニティーバスが出ています。
可愛いバスですね。

d0031171_81567.jpg


バスに乗って20分ほどで着きました。

d0031171_822921.jpg


入り口からして何やら緊張させれれますね。
入場券売り場まで行く通路です。

d0031171_9185338.jpg


これはどんな物質が電気を通すか、通さないかを見るものです。
私は本職ですから一目でわかりましたが、皆さん楽しそうに実験していました。

d0031171_85658.jpg


実物の元素が展示してありました、例えば化学記号Auは金ですが、純金ではなく
金鉱石が展示してありました。
小さい子供にはちょっと説目う不足、難しいかな。

d0031171_885527.jpg


知恵の輪が置いてある、触って外すことができますが、これが難しい。
スッタッフの方が外し方を教えてくれました。

d0031171_8105570.jpg


これは人体の中がどうなっているかの展示ですが、骨格、内臓、血管など
夫々映し出していきますので見やすく、理解しやすいです。
楽しい展示です。

内臓です。

d0031171_8181538.jpg


骨格です。

d0031171_8201072.jpg


見には見えますが、その場所にない映像。
鏡を組み合わせてこのように見せています。

d0031171_8251190.jpg


サイエンスエッグ・大型映像の座席の画ですが、とのかく大きいです。

d0031171_8273868.jpg


投映機です。

d0031171_8583546.jpg


これは判りやすい展示ですね。

d0031171_859322.jpg


この沢山の宝石は個人の方からの寄贈だそうです。

d0031171_901198.jpg


これはほんの一部です。

d0031171_905836.jpg


自動車の運転シュミレーター、子供にとても人気があります。

d0031171_915763.jpg


メカニカルタワーですが、ありとあらゆる伝達装置 歯車、カム、てこその他
様々に組合わせて、面白い動きが見られるようになっている装置がこの中にはいいています。
良く作ったね、感心しました。

d0031171_93153.jpg


この写真は付録です。
ここに入る階段のアーチが綺麗な形だったので撮ってみました。

d0031171_97614.jpg


色々なところにいわゆる「科学技術館」「科学博物館」と言われる施設が有りますが、
夫々に特徴がありますね。

ここ多摩六都科学館も良くできた科学館だと思います。
機会が有ればぜひ、お子様、お孫さんを連れて見学に行ってみてください。

損はないと思いますよ。

ここまで見ていただきましてありがとうございました。
by a7617 | 2014-03-21 07:59

ちひろ美術館

表題の美術館に行ってきました。



いわさきちひろ、
この方の画はご覧になった方も多いと思いますし、実際ここを訪れる
事を決めたときに「あそこには前に行きました」と言う方がかなりいたのには、
ちょっとした感動を覚えました。

もちろん館内の作品は撮影禁止です。

作品は、ここで見てくださいね。


美術館、最寄の「上井草」駅、この駅は上下線のホームが行き来できません。
うっかり乗り越したときには、一度改札口を出ないとホームを行き来できないのです。

d0031171_84524100.jpg


駅前にあったが「機動戦士 ガンダム:の像。

なぜここにあるのか??
お台場にあるような大きなものではありません。

d0031171_847404.jpg


美術館に行く途中にあった、枝垂れ梅。

d0031171_8481768.jpg


美術館全景ですが、「新しくなった」そうです。

d0031171_849145.jpg


入場券。

d0031171_851274.jpg


中庭にあった「ポニーと居るリトルジョー」のブロンズ像。

d0031171_856911.jpg

by a7617 | 2014-03-20 08:31