日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

男の料理

毎週水曜日には他の行事が有って、「ここ男の料理」にはご無沙汰ででしたが
今回は参加できました。

いつも感服しますが先輩諸氏の手際の良い事「恐れ入ります」

レシピ

d0031171_7332496.jpg


d0031171_7334523.jpg


幹事の皆さんが参加人数に応じて、食材を準備してくれています。

食材の仕分けは全員で行います。

d0031171_7364240.jpg


d0031171_7372314.jpg


レシピにもあるとおり、バラ肉は煮込む前に表面をこんがりと焼くのがポイントだとか。

d0031171_7374778.jpg


シメジもそうやって捌くのね・・・・。
参加するたびに新しい発見があります。
ほうれん草の茹で方も、写真はありませんが「なるほど」でした。

d0031171_739412.jpg


味噌汁の作り方にも、コツがある。

d0031171_7423183.jpg


出来上がった料理を盛り付けます。

d0031171_7432367.jpg


今日も納得のいく料理ができました。
腹が減っていたので、とても美味しくいただきました。

d0031171_7441567.jpg


後片付けも大事です。

d0031171_745773.jpg

by a7617 | 2014-01-31 07:36

一言

ささいなことが私たちを慰めるのは、
ささいなことが私たちを悩ますからだ。
       ─ 川端 康成 ─
        (『虹いくたび』)

喜びや、慰めはともかくとして20年も前に悩んで、苦しんでいたことを
思い出すと「何で、あれくらいの事でアンナに悩み苦しんだのだろう」・・・・

皆様も、そんな経験が有りませんでしたか。

時間というものがいかに「大きな力を持っているか」という事かな。

写真説明

これは??

d0031171_20422731.jpg


このカエルの目玉に映った景色です。

d0031171_20431748.jpg


d0031171_20433567.jpg

by a7617 | 2014-01-29 20:30

アイラブユー

アイラブユー

日本語の大きな特徴は
一.方言がある
二.男言葉、女言葉がある
三.そして敬語が発達している。

一の方言があるについては中国などの大きな国についてはかなりの「訛り」があると聞いたが。
例えば毛沢東が演説をしなかったのは酷い湖南訛りがあって聴衆者が理解できないからだと聞いた。
またアメリカの話で「ひどい南部訛り」と言う場面が散見された。

二の男言葉と女言葉がある、は私の知る限りではタイの言葉が男言葉、女言葉があると聞いています。

三の敬語が発達しているについては外国語を全くわかりませんので、コメントはできません。

此処で日本語として良く使われる「アイラブユー」と言う言葉がある。
明治と年号が変わったばかりの頃「アイ・ラブ・ユー」をどのように訳したらよいか?
通訳は迷ったと言う。
外人の男性がブロンドの女性と歩くとき、馬車に乗る時も耳元で「アイラブユー」建物に入る時も女性の肩を抱えて「アイラブユー」。
とにかく日本語にはない言葉だから訳しようがない。
苦し紛れに「貴女を大切にします」と訳したと言う。
これは見事な訳し方だと思いますね。
これは三で言った「敬語」そのものだと思う。

夏目漱石が学生に「アイラブユー」をどう訳せばいいのですか?と聞かれ、
「月が綺麗ですね」とでも訳しておけと言ったとか。
イギリスでの生活が長い夏目漱石でもこのような答えしか言えなかったのですね。
二葉亭四迷が「アイラブユー」と言う言葉を小説の訳で「私、死んでもいいわ」と言わせている。

こうやって考えてみると「アイラブユー」という言葉の奥深さには驚かされる。






パソコン勉強会で作り方を教わった「抽象画」。


d0031171_8131624.jpg


d0031171_8133691.jpg


d0031171_8135011.jpg


d0031171_814539.jpg

by a7617 | 2014-01-28 08:06

江の島のチュ-リップ

この真冬、江の島にチューリップが咲いていると聞いて、見に行ってきました。


モノレールの江の島駅にあった雀。
誰かがセーターをきせていました。
粋なことをしますね。

d0031171_91710100.jpg


江の島に向かう道路に埋め込まれた、プレート。
方位盤になっています。

d0031171_9185263.jpg


江の島に向かう橋の上から。

d0031171_9191391.jpg


江の島神社のお賽銭箱。
巾着型をしています。

d0031171_9195121.jpg


サムエル コッキング苑の
入場料は展望台を含めて500円です。

d0031171_9251464.jpg


d0031171_922544.jpg


d0031171_9235433.jpg


d0031171_9241922.jpg


d0031171_9253827.jpg


d0031171_9255813.jpg


d0031171_9262244.jpg


d0031171_9264323.jpg


d0031171_927655.jpg


d0031171_9275774.jpg


d0031171_9282130.jpg


d0031171_9284694.jpg


展望台に行く道にこのようなアーチがあります。
ガラス球を沢山吊るしてあり、太陽の光が当たって虹色にきらきら光りますが
写真ではうまく撮れませんでした。

d0031171_940451.jpg


此の上に登ってみました。

d0031171_9555052.jpg


展望台(シーキャンドル)から、パノラマにしてみました。
左側が藤沢、茅ヶ崎方向、右方向が鎌倉です。

夜も綺麗でしょうね、見てみたいなー。

d0031171_9423559.jpg


東側は海が光って綺麗でした。

d0031171_9524029.jpg


横浜ランドマークタワーも見えました。
右側の二本の煙突は大黒町にある東京電力の発電所の煙突です。

左下に見える五重塔は日蓮、龍口の法難で有名な「龍口寺」です。
d0031171_9545839.jpg

by a7617 | 2014-01-27 08:43

かわさき散歩 いまむかし2/2

かわさき散歩 2/2になります。


戸手浄水場跡(現幸区役所、文化センター付近)
にはこのような丸い石があります。

ベンチ代わりに使われていますが、昭和55年(1980年)に文化センター開館を記念して
味の素社から寄贈されました。
かって製造工程で小麦を圧縮するのに使われた石造物です。
口の悪い人が「捨てるところがあって良かったね「と言ってました。

d0031171_851255.jpg


d0031171_859034.jpg


八幡神社。

小向西町三丁目にあります
祭神は応神天皇。

毎年八月の第2日曜日の例大祭に獅子舞が奉納されます。
大獅子、女獅子、中獅子が舞う一人立ち獅子で、小向獅子舞保存委員会によって
継承されれいます。

川崎市の初山、菅に伝わる獅子舞と並んで、川崎市重要風俗技芸に指定押されています。

d0031171_964170.jpg


d0031171_10375939.jpg


d0031171_10382656.jpg


東芝小向工場
第二京浜国道沿いにある東芝小向工場一帯は「小向東芝町」です。
この町は工場だけの住人がゼロの町です。
この写真をを撮った道路が府中県道です。

東芝科学館のあった工場ですが、こちらに移転します。

d0031171_915353.jpg


御幸公園です。
東古市場の多摩川と国道一号線寄りに広がる公園。

明治初期の文人成島柳北が「小向村探梅記」の中で「一村尽く梅なり・・・・
その数幾千万株なるを知らず・・・」と言って新聞紙上で紹介しました。

世に広く知られて、明治17年(1894年)明治天皇も観梅に訪れた。

御幸とは天皇が外出することを敬って言う言葉です。

なお、明治22年(1947年)御幸村の地名や昭和47年(1972年)の幸区の語源は
この時の観梅に由来しています。

d0031171_9254725.jpg


明治天皇臨幸御観梅所の碑。

d0031171_944146.jpg


碑のわきにあった水準点。
散策をしていると、思いがけない時に出てきます、どういう基準で設置してあるのかな??。

d0031171_9463760.jpg


d0031171_952652.jpg


公園から見える川崎市立工業高校。

d0031171_9454770.jpg


堤防の上から見た多摩川大橋。

母が若いころ、事あるごとに、涙ながらに聞かされた話ですが
東京大空襲のとき大田区から避難してきた時「多摩川大橋」まで来たら橋に焼夷弾が刺さっていて
炎が轟々と噴き出ていて、橋を得渡ることができなかった・・・・

しかし調べてみると、うかつにも
1945年(昭和20年)3月31日に完成するが、
同年4月15日の戦災によりわずか15日で焼失することとなる。
終戦後、建設が再開することになり、
1949年(昭和24年)3月に完成し4月30日に開通することとなる。

つまり私と母が逃げてきて、炎で渡ることができなかった橋はこの時焼失、いまの橋は
その後に架けられた橋でした、また新しい発見をした。

アーチは共同溝を支えているもので橋のためにあるものではありません。
私は水道橋かと思って居ましたが、ガス管、電気、通信等のケーブルが
入った橋だそうです。

d0031171_9523366.jpg


川崎川の堤防から見た、東京方向です。
矢口渡があったところ付近です。

対岸の大田区に住んでいた終戦直後、小学校入学前に年かさの友達と
当時の池上線をタダ乗りして(東急さんごめんなさい)対岸の矢口渡付近に
ハゼ釣りに良く来たことと、
一面の焼け野が原だったことを此処にきて思い出しました。

d0031171_1012915.jpg


これで
「かわさき町歩き いまむかし」を終わります。
こんな老人になっても、興味を持って歩くと「新しい発見」が有ります。
うれしいことですね。

ここまで見ていただき有り難うございました。

案内、解説をしていただいた、長島先生、同行して詳しく説明していただいた皆様
本当にお世話になりまた。
by a7617 | 2014-01-26 09:06

かわさき散歩 いまむかし1/2

川崎学かわさき散歩 いまむかし。
同行していただける、お仲間、川崎の詳しい方がいてとても勉強になります。



JR 南武線の尻手駅ですがやっと再開発の見通しが立ったとか。
この駅舎もなくなるのですね。

この写真は貴重になったりして。

d0031171_8591360.jpg


駅 踏切から、小杉方面です。
良い天気で良かった。

d0031171_904635.jpg


公園に落ちていました。
皆で「なんじゃこれは」でした。

結局「楓 フウとよむ)」でした。

d0031171_92495.jpg


新明神社

天照大神を祭神としています。
拝殿は古い様式を残しています。

d0031171_911524.jpg


鳥居脇には庚申塚があり正徳5年(1715年)の記録があります。
文政8年(1825年)の棟札もあります。

d0031171_9223496.jpg


石井家の長屋門。
二カ領用水の大師掘りに沿って(今はない)長屋門が見えます。
この長屋門は両袖型といわれ、文政3年(1820年)に再建されたことが記録にあります。
長屋門は武家屋敷などの門に家臣や下男が住むためのもので、ここでは正面から見て
左側に人が住み、右側に年貢米がおさめれれていた。

石井家は江戸時時代には名主を勤めていた家柄で、家紋は「二頭左巴」で
これは小田原の大森家ですが、大森家の宗家は北条早雲に滅ぼされましたが
分家は北条氏が滅びるまで客分として優遇されてといいます。

d0031171_9312536.jpg



ここ幸市役所付近一帯が川崎市内最初の近代水道施設、土手浄水場の跡地です。
完成は大正10年で、宮内から取り入れた多摩川の水を約7kmの導水管で戸手に
導いた。

その後昭和13年に、生田浄水場、昭和29年に長沢浄水場がそれぞれ完成
ここ戸手浄水場は昭和43年にその役割を終えました。

d0031171_9475858.jpg


d0031171_948158.jpg


d0031171_9483697.jpg

by a7617 | 2014-01-25 09:10

東京ジャーミイ 2/2

東京ジャーミイ 見学続きです。



礼拝堂の中の様子ですが、パノラマにしたらこんな無様になってしまいました。
トリミングすると見える範囲が小さくなってしまうのでそのまま貼りました。

東アジアで最も美しいと言われるだけあって素晴らしいものです。
圧倒されます。

d0031171_93836.jpg


d0031171_946312.jpg


d0031171_9475079.jpg


天井です。
大きなドームは神の宇宙を表していると言われています。

d0031171_9435953.jpg


見学した日は快晴の午前中でしたので、ステンドグラスが一段と生えて見えました。

d0031171_9485135.jpg


d0031171_951680.jpg


d0031171_9524840.jpg


d0031171_1942396.jpg


調度品ですが模様にひかれて良く見てみました。

d0031171_9543253.jpg


日本の螺鈿細工のように貝が埋め込まれて、さらに裏から
光線が入ってこのようにきれいに見えました。

d0031171_9562849.jpg


床のじゅうたんとその模様の拡大です。

d0031171_9575058.jpg


d0031171_9581245.jpg


イスラムの女性は男性と一緒に礼拝はしません。
女性の礼拝場は二階になります。

d0031171_9584978.jpg


二階の女性の礼拝場です。

d0031171_1021393.jpg


d0031171_102411.jpg


二階から下を見ました。

d0031171_1031154.jpg


まだまだお見せしたい写真はたくさんありますがここでやめます。
ここまで見ていただきましてありがとう。

前にも書きましたが、今回の見学では東京ジャーミイ・トルコ文化センター勤務下山 茂様には
大変おせになりました。
by a7617 | 2014-01-24 09:51

東京ジャーミイ 1/2

キャップスロック東京・代々木上原にある東京ジャーミイ,

ローカルの散策仲間と見学に行ってきました。

当日は広報の下山茂様にご案内していただき「イスラム」について少しわかったかな
という気持ちにさせられました。


下山さん大変お世話になりました。
この場をお借りいたし御礼をさせていただきます。

HPからも判るとおり、代々木上原の駅から歩いて5分ほどのところに在ります。
個人での見学は全く自由にできます。

団体の場合(10人程度)事前に見学時間を申込みして私たちの様に
説明を受ける方が、理解は深まるし第一楽しく面白いです。

このモスクが造られたいきさつなどの説明は長くなりますので、WEB で見てください。

ただ
水、コンクリート、鉄筋以外の建築資材や調度品はすべてトルコから運んできたもので、
約100人ものトルコからの職人が1年にわたって2階の礼拝堂や1階文化センターの内装を手がけ、
その見事な装飾はまさに芸術品ですね。



モスクの全景です。

d0031171_840569.jpg


一回にある集会場です。
断食月、ラマダンが終わるとここに丸テーブルを出して盛大に食事会をするそうです。
イスラム教徒でなくても、誰でもその日はいって御馳走が食べられるそうです。

d0031171_8415161.jpg


奥のガラス戸棚に私のような素人が見ても「すごい」と思うような
美術品が置いてありますが、驚いたことに鍵がかかっていませんでした。

d0031171_849935.jpg


壁にはめ込まれてタイルです。
一枚の大きさが15㎝ほどもありま。
タイルですから色褪しませません。

d0031171_9263119.jpg


お土産物ですが、1000円前後のものです。
デザインが日本のものとは違って面白い模様がついています。

d0031171_852188.jpg


d0031171_8544457.jpg


館内にはいたるところにチュリップの花が書かれています。
チューリップはトルコが原産地だと聞きました。

d0031171_8581191.jpg


d0031171_8584895.jpg


これは壁に書かれたものですが、たとえて言うなら日本の掛け軸のようなものだそうです。
書いてある言葉は「知識のあるものが最も高い位置に着く」だそうです。
出入り口などのも書かれています。

d0031171_911571.jpg


二階の礼拝堂に上がる階段の途中にある、この凹みは賽銭箱ですが
日本のように密閉されていません。
置いてあるお金は貧しい人がカッテに持って行ってもいいそうです。
イスラムは器が大きいね。

d0031171_943550.jpg


階段の屋根ですがこの素晴らしいデザインを見てください。
星と六角形です。
この六角形というのは蜂の巣がそうですが自然界で最も安定した形であるといいます。

d0031171_9133183.jpg


この屋根の天井に上の写真の模様が描かれています。

d0031171_945286.jpg


二階に登ったら下に見えました
1935年に開設した学校。老朽化で取り壊しが決まっており、
その跡地にはトルコ文化センターが建設される予定だそうです。

d0031171_9481022.jpg


階段を上がったところですが、床や柱はすべて大理石で作られています。
左に見える茶色い扉が礼拝場の出入り口です。

d0031171_915316.jpg


入り口の上に書かれた「経典」の一部ですが。
ブルーが綺麗ですね。

d0031171_9195979.jpg

by a7617 | 2014-01-22 08:35

午ダルマ

今年の干支は午。

この午を描いた「午ダルマ」が川崎大師表参道のダルマ専門店で売られていると聞き
今年は私の干支ですので買い求めてきました。
店に聞いてみたら干支にちなんだダルマを2008年から売り出していたと言う。
今年で7作品目とか。
全部そろえて十二支の干支だるまを揃えるのも良いかなと思ったりして。

茶色の午ダルマは、ぱっちりとした目とにこやかな口元です、可愛いね。
金色のタテガミや上向きの尻尾、
今年は運気が上がるぞ、大事にお守りにします。
値段はこの大きさ高さ12㎝の、一番小さい物で1200円です。


d0031171_21464929.jpg

by a7617 | 2014-01-21 21:43

栗木台からはるひ野 3/3     

かわさき散歩 いまむかし 3/3 です。






さらに「毘沙門大堂」に行きます。
明治初期に廃寺となった金剛寺跡地に毘沙門天像が祀られた小さなお堂(間口1.5m 奥行1・8m)
以前は高僧行基作とされる毘沙門天坐像が祀られていたが、平成7年に盗難に遭い、現在は小さな
毘沙門天像が祀られています。

d0031171_87799.jpg


d0031171_8175896.jpg


六地蔵でしょうか、首がありませんでした。
明治の「廃仏毀釈」で削られたのかな。

d0031171_8182931.jpg


このお堂の中に毘沙門像がありますが暗くて写真に撮ることができませんでした。

d0031171_819052.jpg



毘沙門堂を見てから、

川崎市内、標高最高地点に向かいます。

ここにくるまで、かなりの坂を上ってきました。

諏訪ヶ岳と呼ばれる山が川崎市の最高地点ですが
川崎市水道局配水池の敷内にあります。
標高は144,4mです。

検索してみますと何人かの方が「最高点」を目指して探していますが皆さん
この敷地内は川崎市の設備のために入ることができません。

私たちは発電所の時と同じように「市の水道局」の方がわざわざ、案内に
来てくれました、ほんとにご苦労様でした、有り難う。

d0031171_830211.jpg


敷地内、坂道の右側赤いコーンのある右上になります。

d0031171_8292828.jpg


右側の建物のある地点で、屋根に表示がありますが
危ないのでのぞかせてくれませんでした。

d0031171_832971.jpg


見学を終わり、横山の道から見晴らし台を通り小田急多摩線はるひ野駅向かいました。


見晴台から見えた丹沢、富士山もかすかに見えました。

d0031171_8571194.jpg


こんなところで「防人」と言う言葉が出てくるとは思わなかったな。

d0031171_8584029.jpg


真下には永山団地。

HPより

永山団地について
  昭和46年から入居がはじまった団地で、多摩ニュータウン開発初期の団地である。多摩市永山二~四丁目に立地しており、都市機構(旧公団)による分譲住宅(約880戸)と公団賃貸住宅(約3,300戸)から構成される大規模団地で、その多くはエレベーターのない中層5階建ての階段室型住棟となっている。


d0031171_914017.jpg


冬枯れの山道。
寒かった。

d0031171_972210.jpg


d0031171_9224696.jpg


はるひ野駅です、今回の出発点の黒川駅の一つ先です。
開業は2004年(平成16年)新百合ヶ丘まで4,9Km 新宿まで26.4Kmで
乗降人員は2011年 一日に7186人です。

この写真ではわかりませんが、ホームをつなぐ跨線橋がひとつの大きな屋根で覆われて
いることが、外観上の特徴です。
2005年の鉄道建築協会賞に入選したそうです。

d0031171_98145.jpg



栗木台からはるひ野 散策を終わります。

ここまで見ていただきましてありがとう。
by a7617 | 2014-01-20 08:02