日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大悲願寺

前から行ってみたかった「大悲願寺」に行ってきました。

やや「白萩」の時期は早かったかなという感じでしたが、何とかお目にかかれました。

d0031171_8484048.jpg


d0031171_84941.jpg


綺麗な築地塀です。

d0031171_849331.jpg


上手く撮れませんでした、白い花は難しいね。

d0031171_8502884.jpg


d0031171_8511862.jpg


大きな百日紅の木ですが「あきる野市 保存樹木」に指定されています。
これほど大きな百日紅の木はめったになく「川崎の川崎 影向寺」で見たものとどちらが大きいか。

d0031171_8514469.jpg


弘法大師の像はすぐにわかります。
どこのお寺も同じお姿ですね。

d0031171_8582944.jpg


観音堂です最近修理したと聞きました。
屋根をかやぶきから、銅版に直し彫刻もきれいになったそうです。
この写真は屋根部分のデーターが完全に白飛びしています。
またベテランの先輩に言われそうだな。

d0031171_8595241.jpg


観音堂の彫刻で「地獄」「極楽」が描かれています。

d0031171_952749.jpg


d0031171_955221.jpg


山門の仁王さんです。
顔に比べて手が異常に大きく見えますが、カメラの焦点距離のせいか??。

d0031171_98531.jpg


仁王門の天井画ですが、市の指定文化財だそうで書いた人は五日市の画家です。
もちろん昔、1851年に作られてと出ていました。

d0031171_983050.jpg


d0031171_91213100.jpg


マンホールの蓋ですが、鮎をデザインしたところがいいですね。

d0031171_9132789.jpg

by a7617 | 2013-09-30 08:46

払沢の滝

武蔵五日市にある払沢の滝を見てきました。

絶好のハイキング日和でした。

武蔵五日市の駅舎です。
綺麗になりました。

d0031171_854132.jpg


バスに揺られることおよそ、30分ほどで滝の入り口に着きます。

d0031171_856268.jpg


良い天気。綺麗な花、良い景色。
今日参加のの皆さんはよっぽど普段の行いよ良い人ばかりだったんでしょうね。

d0031171_859264.jpg


d0031171_8594941.jpg


d0031171_901443.jpg


d0031171_904639.jpg


フィソステギア(カクトラノオ)という花で同行の詳しい方が教えてくれました

d0031171_91279.jpg


秋海棠でこの花の名は覚えました。

d0031171_944249.jpg


ホトトギスです。

d0031171_1418131.jpg


d0031171_963348.jpg




今回は滝の撮影は「一眼レフカメラでPモードで撮るな!!」と
言われていますので、工夫してみました。

露出はこれが6分の1秒

d0031171_983660.jpg


これは100分に1秒です。

d0031171_99137.jpg


どちらの写真がいいのか私には判断が付きません。
次回の品評会で、先輩のご意見を聞きます。
by a7617 | 2013-09-28 09:05

人生案内

今日(2013年 平成25年 9月27日(金曜日))の読売新聞に
このような身の上相談が寄せられていました。

私には信じられないような話ですが、皆さんはどのようにお考えになりますか。

[人生案内]

熊のぬいぐるみ 夫が溺愛
                                           

40代の主婦。
会社員の夫が熊のぬいぐるみに執着します。
一日中熊の話ばかりするのがうっとうしくて、真剣に悩んでいます。
 
ぬいぐるみは、以前に私が買ったもの。
夫が10年前に押し入れで見つけ、「閉じこめたらかわいそうや」と部屋に置き「くま吉」と名付けました。
その時は「優しいな」と思いました。

 今では「元気か」「暑いですなぁ」などと夫は盛んに話しかけます。
寒い夜に毛布をかけてやって夫は風邪を引き、病院に行きました。
家事に忙しい私を気遣わず、熊の話ばかりするので「ばかばかしい」と言うと、
「くま吉が嫌いか」と聞かれました。
意味がわかりません。
 
先日も久しぶりに2人で出かけた旅先で「売店の人がくま吉に似ていた」「くま吉に土産を」などと言うのでキレてしまいました。
私の買ったぬいぐるみだから、夫は「大事にしないと」と言いますが、私のことはさほど大事にしません。
「自分が死んだらくま吉を頼む」という夫とどう暮らせば良いのでしょう。

(大分・R子)
     ◇

回答      最相 葉月(ライター)
 
さあて、困りましたね。真剣な悩みとありますが、たんなるのろけ話とも思えるからです。
よその女性にうつつを抜かして妻を泣かせる夫が多い昨今、かわいい夫ではありませんか。
 
知っていただきたいのは、熊のぬいぐるみはそもそも男の子用に作られたという説もあることです。古来、熊は森の王といわれ、神話や童話では自然界の偉大な治癒者と考えられてきました。不安や悲しみを抱える少年を慰め、困った時には知恵を与えてくれる心強い友人なのです。
 
ご主人はサラリーマンだそうですが、会社で苦労なさっているのではありませんか。疲れている様子はありませんか。「くま吉」はそんなご主人にとって日々のストレスをぬぐい去ってくれる大切な神様なのかもしれませんよ。愚痴を聞かされることに比べれば、あなたへの気遣いにも感謝すべきでしょう。

 ただ一つ気になるのは、「くま吉」をかわいがるあまり、自分の身の回りまでがおろそかになっていることです。ここは愛想を尽かすのではなく、あたたかい心で接してあげたほうがいいでしょう。
 ご主人が冬眠してしまわないように。



そろそろこの花が咲き始めました。
一年は早いね。
フジバカマです。

d0031171_19113134.jpg

by a7617 | 2013-09-27 19:01

 一言

 
せっかく本を読んでも忘れてしまうといって
   悲観している人がいる。読書を貯金と思っているらしい。
   忘れようと努力しても忘れられない一句があったら、
   それがあなたの血肉となる。
      ─ 亀井 勝一郎 ─
        (文芸評論家)

  なるほど、そう考えれば気楽に読めるな
    「忘れられない一句」か、確かに一冊の中に何句かは出てくるな。


白鳥、皇居の掘りにいました。
何か寂しそうに見えませんか。

d0031171_82184.jpg

by a7617 | 2013-09-26 07:57

川崎港 見学

「川崎港」の見学会があり参加してきました。

当日は視界はやや悪いものの、良い天気で初めて見た海からの川崎港、
とても新鮮に見えました。

千鳥運河から川崎区港湾局の巡視船に載せていただき見学しました。
この千鳥運河は「かわじろう」が引き上げられたところです。

ここは待合場所ですが川崎港にこのような場所があるのを初めて知りました。

d0031171_7412065.jpg


この船に乗せていただきました。

d0031171_742299.jpg


船内で職員の女性が川崎港について説明してくれました。
ただし立ち上がって見学はしないようにとの注意がありました。

d0031171_748754.jpg


JFEの(以前の日本鋼管)設備の一部ですが何に使っているかは聞き落しました

d0031171_749334.jpg


港の清掃をする船です、舳先に立っている係員が網でごみをしゃくってとります。
清掃する船には大きいものからこのように小さいものまであるそうです。
ちょっと驚き!!!。

d0031171_7521937.jpg


京浜運河と東京湾の境にある東扇島防波堤で、出来上がるまでに17年かかったそうです。
見えている灯台は西灯台で赤色に塗られています。

d0031171_7541779.jpg


見えにくいですが、「東京湾アクアラインの換気口風の塔」と海ほたる、木更津までの
橋の部分が見えました。

d0031171_8313952.jpg


京浜運河を出て羽田沖に行きましたが、これは新しい羽田空港のE滑走路です。

d0031171_8565.jpg


滑走路の端によりました。
この辺りは杭を岩盤まで打ち込んであります。
埋め立てではなく多摩川の流れに影響しないようにしたそうです。
あの柱の太さはここからは細く見えますが、2m近くあります

d0031171_8174126.jpg


最近完成した川崎火力発電所で熱効率は世界最高水準を誇っています。
同じ敷地の中にさらに熱効率の良い(61%)発電所の建設が進められています。
私が電気屋になった昔から見るとまさに隔世の感があります。

d0031171_8223980.jpg



まだまだお見せしたい写真がたくさんありますが、このくらいにさせてください。

見ていただきましてありがとうございました。
by a7617 | 2013-09-24 07:42

LiSE

  環境総合研究所

  健康安全研究所


川崎区主催の見学会がありましたので参加してきました。

新聞の記事で何か新しい研究所ができたな・・ということぐらいの認識でした。

見学会に参加してまさに「目からうろこ」でしたね。
此処まで遣ってくれているんだという驚きでした。

研究内容は上記のリンクからホームページを観てください。

ざっといえば

大気の汚れ、今問題になっている中国からの汚染物資地「PM25」の調査。
原発事故による市内の放射能の測定、川崎産の野菜、果物の安全検査、さらに驚いたのは
多摩川で採れる「鮎」「シジミ」の安全性の検査などなど。

案内の方が言われていましたが「川崎産の野菜、果物、多摩川で採れる魚介類は食べても健康に
影響は及ぼしませんと」

もちろんインフルエンザ、風疹などの感染症の研究、さらの驚いたのは市販されている
おむつ、乳幼児が着る洋服、肌着の安全制の検査・・・・・驚きました。

見学はグループ・団体ですが、ホームペジで確認してください。

d0031171_861973.jpg


各研究室で行われている研究内容が廊下に添付してあります。

d0031171_864459.jpg


d0031171_874734.jpg


研究所の休憩室で、多摩川がよく見えます。
我々もここで休みました。

d0031171_882186.jpg


羽田空港の滑走路が目の前で、遥かに東京ゲートブリッジも見えました。

d0031171_895255.jpg


屋上にある大気の汚れ具合の検査機器です。
このほかに放射能測定器もありました。

d0031171_8121455.jpg


パンノラマにしてみました。

d0031171_813542.jpg



此処を見学してみて「川崎も、ナカナカやるね」と思いました。
by a7617 | 2013-09-22 07:40

麻雀

私は麻雀が下手だけれど好きです。
理由は様々に在りますが、麻雀は覚えるのは大変ですがいったん覚えてしまうとこれは奥が深い。
また囲碁や将棋はほとんどの場合強い人が勝ちます。
ところが麻雀は「運七分」と言われるほど「運に」左右されるゲームなのです。
覚えてばかり点も数えられないような人が何十年もやってきたベテランに大勝ちする事がママあるのです。
この麻雀、最近は若者に人気がさっぱり、その代りファミコンなど一人でヤルゲームに人気がいって
若者が「黙々と孤独な作業を行っています。

私は最近の若者に対人関係力が弱いと言われる背景にはこういう趣味の
変化も大いに関係があるような気がします。
麻雀をするためにはまず自分以外のメンバー三人そろえなければならない。
メンバーを3人そろえるにはお互いに都合をすり合わせなければならない。
人によっては都合が悪いのを無理に連れてこなければならない。
また、虫の好かない奴がメンバーにいても「足りないならシャー無いか」と言う相手もいるでしょう。

今の若者はそうした「摺合せ能力」欠いているような気がします。
ですから麻雀をやるのは「人集めが面倒」となってしまう。

しかし遊びと言うものは自分以外の者とやると、その楽しさは各段に上がります。
自分以外の人と対峙して真剣に楽しもうとすれば相手や自分の見えなかった思いがけない部分も発見することが在るのです
他の人と接するのが面倒だからと一人で外の世界に逃げて行っては対人関係力は高まりません。

ちょっと次元は違うかもしれませんが
私は渓流釣りを楽しんだことがありますが、釣りそのものは一人でするものですが
友人と行けば楽しさは倍増します。

何をするにもワイワイ、ガヤガヤとやる絶対楽しいって。



出かけるとき、玄関を出たとたんに見ました。
未だ暑い日はありますが、秋めいてきましたね。

d0031171_8453354.jpg

by a7617 | 2013-09-21 08:39

料理教室

毎月楽しみにしている、料理教室です。

会を重ねる毎に、仲間同士の気心が知れてきました。
また住んでいるところが皆さん近いということもあり、話題が多く
話が盛り上がります。


今日の料理は鯵の三昧、茄子と茗荷の味噌汁、白玉ぜんざいです。

d0031171_7355693.jpg


d0031171_7361673.jpg


仕分け作業。
食材の買い出しは世話人が人数に応じて前日に行ってくれています。
今回のような鮮魚は料理を始めてから購入に行きます

d0031171_7405431.jpg


白玉粉がもち米の粉というのを初めて聞いた!!
正確に二人分で50g量ります。

d0031171_739275.jpg


白玉のを団子にして真ん中を少しつぶします。
熱の通りがよくなるそうです。
茹で上がると浮きあがってきます。
先輩諸氏は実に詳しい、いつも感心します。

d0031171_7565923.jpg


鯵の三枚おろし、捌くのが難しいな、
手ーきるなよー。

d0031171_7423756.jpg


捌いた鯵、上の二枚は尻尾のほうが綺麗に捌けていない。
これも愛嬌・・・。

d0031171_7461293.jpg


焼きあがった鯵はだし汁に浸しておきます。

d0031171_821592.jpg




白玉ゼンザイの出来上がりはいかがかな。

d0031171_7471275.jpg


出来上がった料理です。

d0031171_748087.jpg

by a7617 | 2013-09-20 07:17

奥多摩散策ー3

引き続き奥多摩散策です。

寒山寺に行く階段です。
きつかったね。

d0031171_1485239.jpg



寒山寺を過ぎて楓橋を渡り「小澤酒造」の見学に行きました。
寒山寺の階段から橋と多摩川を見ました。

d0031171_13341798.jpg


橋の上から見ると
多摩川の流れの中、瀬に鮎が乱舞していました。

d0031171_13362180.jpg


流れの中で遊んでいる子供たち。

d0031171_1473592.jpg


小澤酒造さんに入るところに在りました。

d0031171_1403959.jpg


d0031171_14103879.jpg


小澤酒造さんの見学の中で見せて頂いたものですが
コシヒカリと大吟醸用の「山田錦」米粒の色、形の違い、そしてその山田錦を65%削って
35%精白したものです。
真白な透明感のある精白米に仕上がっています。
また削り取った白糠は水あめの原料になると聞きました。

d0031171_1337625.jpg


醸造に使う井戸を見せて戴きました。

d0031171_13483013.jpg


このトンネルの奥に井戸がありました。

d0031171_1350323.jpg


これが井戸です。

d0031171_13493126.jpg


同行の仲間は「利き酒」をしましたが、私は冷やし甘酒と饅頭をいただきました。

d0031171_13521981.jpg


今回の散策ではいたるところにミズヒキの花が見られました。

d0031171_13534674.jpg


こんな物もありましたが、歌の中に出てくる「鉾杉」がどこに有るのかは聞き落しました。

d0031171_13543766.jpg



沢井の駅に向かう道路で見たマンホールのふたですが、青梅市しいですね。

d0031171_13593417.jpg




これで奥多摩散策は終わりました。

ここまで見ていただき有り難う。
by a7617 | 2013-09-18 13:30

奥多摩散策ー2

奥多摩散策-2です。

御岳小橋を渡るときに見ました、ここは国体のカヌー競技スラロームの
会場になると横断幕が出ていました。
この人たちは国体の選手でしょうかね。

d0031171_7492984.jpg


d0031171_7495243.jpg


対岸に渡りましたが、こちらも良い景色と歩きやすい道です。

d0031171_7521844.jpg



この写真は多摩川が左方向に見えますが、後ろ上流側を見ました。

d0031171_754712.jpg


鮎の友釣りをしている人を何人か見かけました。
鮎という魚はこのように浅い所にもいるのですね。

d0031171_7551798.jpg


散策中にこの花を良く見かけました。
帰ってから花に詳しい友人に聞きましたら「秋海棠」という花だそうです。

d0031171_75747.jpg


童謡「小山の杉の子」はこの場所がモデルだそうです。

d0031171_7594012.jpg




彼岸花が咲いていましたが、少し早くないのかな。

d0031171_831769.jpg


左側、大きな建物が見えてきました。
何だろうと思ったらこれから見学に行く「小澤酒造」さんの建物でした。

d0031171_851626.jpg


ここでまた橋を渡ります。

d0031171_872764.jpg


d0031171_885233.jpg


対岸には「日本寒山寺」があります。
中国にある寒山寺は、映画「蘇州夜曲」で有名らしいです。
ここに登る階段がきつかった。

d0031171_8111487.jpg


中には仕切りがあって「頭を前に出すな、警報が鳴る」という注意書きがありました。

d0031171_8145090.jpg

by a7617 | 2013-09-17 07:57