日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

無差別殺人の精神分析 片田珠美 著

最近山口県で大量殺人事件が起こりましたね。
まるで現代の「津山30人殺し」のようでしてね。
山口県の事件は「無差別殺人」とは違いますが、積年の恨みというものがあったのではないでしょうか。


この本は
秋葉原、池袋、下関、大阪教育大付属池田小、アメリカのコロンバイン高校、バージニア工科大学などの無差別大量殺人事件。
無差別殺人事件の犯人たちの生い立ちと肉声克明にたどっていくと、共通する要因がある。
一体彼らを無差別殺人と言う「最後の一線」を超えさせてしまったものは何か?破滅的な
凶行へと飛躍した心のメカニズムを、精神科医が徹底分析しました。

先ず素因
長期間にわたる欲求不満、
此れには「いじめ」のような明らかに社会的に対処すべき問題もあったが、むしろ「彼女が出来ない」「エリートに成れない」など社会的に対処が難しい問題が多かった。
多かれ少なかれ欲求不満のない人生などない、誰しも感じている事が、自ら置かれたその時その時の状況にうまく対処できない。

他責的傾向、そして自分の個人的な問題や失敗を他人のせいにして非難する、何事も悪い事を人のせいにする。
「もっといける」はずの「イメージの自分」と現実の自分とのギャップが受け入れられない。
成熟した人は悩んだり落ち込んだりするが彼らは、手っ取り早く乗り越えようとして他者に責任を転嫁する。
親がわるい、あるいは「教師のせい」「上司のせい」さらには「社会が悪い」。

促進要因
破滅的な喪失、外部のきっかけ
そして長期間にわたる欲求不満と他責的傾向と言う二つの素因が在る所にある種の出来事や状況が加わると」、それが引き金になって、爆発的な怒りを急に引き起こす事になる。
望まぬ別離や解雇などの対象喪失が重要なことが判る。
秋葉原事件の加藤の場合「解雇」の脅威だった。
しかし何を「破滅的な喪失」と感じるかは本人次第である。

172ページ
人生は「対象喪失」の連続なのである、成熟して大人になること自体が、誇大的な自己のイメージを喪失していく過程であるのだからそれゆえ、対象喪失に直面した彼らが「破滅的な喪失」と受け止めて無差別大量殺人と言う凶行に短絡的に走ったのも「成熟拒否」の一側面にははか成らない。

容易にする要因
社会的、心理的な孤立、大量破壊のための武器の入手

是非一読されることをお勧めします、自分だってもしかしたらこのような事件の犯人になっていたのかもしれないのだから。


d0031171_1644142.jpg

by a7617 | 2013-07-31 16:17

八千穂高原自然園-3

八千穂高原自然園の散策の3です。

バイケイソウです。
梅が香る草と書く優雅な名前の花です。
食べられる「オオバキボウシ」と似ているために、時々食中毒を起こす事故があるそうです。

d0031171_9164542.jpg


ハリギリですがちょっと見たところ葉はカエデに似ています。
名前の通り幹に針というかトゲが出ています。
この木の新芽も食べられます。

d0031171_9171414.jpg


園内にある堰止湖。
「遊亀湖」です、秋は紅葉が綺麗でしょうね。

d0031171_921292.jpg


ヒルムシロ、昔は田んぼや湖沼でよく見られたと聞きました。
ただ図鑑に出ているヒルムシロは、葉が青々しています。
ちょっと疑問です。

d0031171_9241088.jpg


これも園内にある「もみじの滝」です。
苔むした岩を二筋に分かれて、綺麗な水しぶきを上げています。
奥日光の「竜頭の滝」似ていませんか。
ま~スケールは大違いですがね。

d0031171_9275052.jpg


大きな蚯蚓(ミミズ)ヤマミミズというそうです。
目がないから」「メミズ」、なまってミミズというそうです。

「ミミズにおしっこをかけると、おちんちんが腫れるよ」なんて子供のころ
言われませんでした、根拠はあるそうです。

d0031171_943986.jpg


ヤマホタルブクロです。
普通のホタルブクロとは「萼片」の部分が
違うそうですが、私には違いは判りません。
学名は「小さな鐘」と言いますが「蛍袋」の方がいいね。

d0031171_9565056.jpg


帰り道清里によりました。
名物のシュークリムは数量限定で夕方には売り切れました。
これは別物ですがこのカップの中にそのスークリームの小さいものが
入っています。
前方が牧場ですが牛が一頭も居ませんでした。

d0031171_102641.jpg





ここまで八千穂高原自然園散策見ていただきまして有り難うございました。


現役時代は、技術屋でしたので定年になってから少しは植物の勉強でもするかと思って、
最近ようやくやり始めましたが何しろ「梅と桜の」区別もつかないような有様でした。

説明文の間違いにお気づきの方がおりましたら、是非コメントでご指摘を
戴きたいと思っています。
by a7617 | 2013-07-29 09:22

八千穂高原自然園-2

引き続き八千穂高自然園散策の写真を貼ります。

名まえのわからはいユリの花。
山百合とは違う様な気がしますが??

d0031171_850408.jpg


ミズナラの林。
この木は森のダムと言われるように、
水分を多く含んでいた山火事の時には延焼防止効果があるとか。

d0031171_944299.jpg


d0031171_8521113.jpg


グミノ木、ここは海抜1700mです。
まだ実が熟していませんでした、グミの実はとても栄養価が多いと聞きましたが、
その栄養価が、なんだったのか聞き落しました

d0031171_8524371.jpg


「サワキク」、花の大きさは1Cmにもならない小さな花です。

d0031171_8551181.jpg


「シロバナイチヤクソウ」
この花もサワキクと同じように小さな花です。

d0031171_8584116.jpg


「センノ木」幹に鋭いとげがあります。

d0031171_859249.jpg


「ノリウツギ」 和紙の接着に使うノリが取れるからだとか。
この木は「ガク紫陽花」の仲間だとか、そういわれてみるとそんな気もしてきました。

d0031171_914077.jpg

by a7617 | 2013-07-28 08:56

八千穂高原自然園-1

みどり学 Ⅰ 前期最終講座

「八千穂高原自然園」の散策に行ってきました。


管理棟で、この建物の中から入園します。
正面の立派な木は赤松です。

d0031171_915552.jpg


昼食を摂ってから出かけますが、釜めし弁当でした。
普通は瀬戸物のかまに入っていますが、エコを意識したのか
容器は紙製でした。

d0031171_916552.jpg


コオニユリです。
期待した山百合はありませんでした。

d0031171_9175871.jpg


郊外にお住まいの方は珍しくもないでしょうが「セミの抜け殻」がたくさんありました・
この木だけでも五匹見つけました。

d0031171_9194996.jpg


ウリハダカエデです。
幹の肌がウリのように縞模様になっていました。

d0031171_9215813.jpg


クマササの新しい葉、まだクマが出ていません。
冬になると着くのでしょうね。

d0031171_923537.jpg


園内いたるところにあった「ウツボクサ」花の形が昔の鎧武者が背負っていた、
矢を入れる「靫」に似ているからだそうです。

d0031171_925648.jpg


八ヶ岳山麓は有数の白樺林だそうです。
白樺の木は寿命が80年くらいで、木としてはとても短いです。
数十年後にはこのあたりの白樺林もなくなってしまうかも、とのことでした。
写真では視界が狭く表現できていませんが、とてもきれいな林でした。

d0031171_937989.jpg


d0031171_9381357.jpg


この後、二回貼りますので見てください。
by a7617 | 2013-07-27 09:11

一言

   最大の悲劇は、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である。
   沈黙は、暴力の陰に隠れた同罪者である。
      ─ マーティン・ルーサー・キング ─
        (アメリカ公民権運動指導者) 


おもてだって意見を言わない人は、危険から逃げているのです。
同罪だと思います。


d0031171_21223796.jpg

by a7617 | 2013-07-26 21:16

佐村河内 守

このような作曲家がいたのを全く、うかつにも知らなかった。
最近友人に教えていただき、アチコチ で検索してみた。


こういう作曲家がいたんですね。

正直驚きました、そして恥ずかしかった。


by a7617 | 2013-07-25 08:44

江の島ー3

江の島水族館 続きです。


大水槽の中で魚に餌を与えていました。
魚も判っていて、餌をくれる人の周りに集まってきます。

d0031171_919775.jpg


d0031171_921111.jpg


d0031171_9202533.jpg


何ともま~~すごい顔ですね。

d0031171_922170.jpg


此れでも蟹です。

d0031171_9231820.jpg


水族館の見学が終わり、食事をとりました。

d0031171_924214.jpg


晴れていた空も曇ってきまして、暑さもやわらぎました。
江の島に行ってみました。

d0031171_92450100.jpg


d0031171_9264196.jpg


江の島神社は辯天様を祀ってあります。
このことから「恋愛成就」の神様だとか。
これは恋愛成就の祈願の絵馬です、すごい数ですね。

d0031171_9271038.jpg


江の島神社の境内から、下の橋と参道を見ました、いい景色です。

d0031171_9293075.jpg


神社から階段を上って、頂上に着きました、階段が苦手な方にエスカレーターがあります。
全員で休憩してゆっくり降りてきました。
写真は三浦半島方面かな??

d0031171_9302472.jpg


江の島のヨットハーバーです。

d0031171_9315853.jpg


今回の江の島水族館見物はほとんどの人が「久しぶりに来ましたという方が多く
中には「はじめてきました」という方もおり、楽しく有意義に行かれました。

帰りは江の島から鎌倉行きのバスで鎌倉に、このバスがまた不思議な走り方をして
一同吃驚しました。


ここまで、「江の島散策」見ていただき有り難うございました。
by a7617 | 2013-07-24 09:17

江の島ー2

江の島水族館のクラゲですが、この日(19日)から展示をリニューアルしたそうです。


ここがクラゲの展示室で、やや左の球形の水槽が新しい展示です。

クラゲとはここに出ています。

不思議な生き物ですね。

d0031171_917473.jpg


d0031171_972919.jpg


d0031171_975489.jpg


d0031171_981663.jpg


d0031171_9132451.jpg


d0031171_9142142.jpg


d0031171_9134462.jpg


d0031171_9581789.jpg



この後は魚、其の他を貼ります、引き続き見てください。
by a7617 | 2013-07-22 09:08

江の島-1

江の島の水族館に行ってきました。

この日19日は、猛暑も一段落し、暑さはやや緩み、午後からは曇って比較的楽に行ってきましたが
江の島神社に行く階段では、大汗をかきました。


今回は大船からモノレールで行きました。
なんとこの会社は「スイカ」が使えないのです、あきれました。

d0031171_951592.jpg


ここは終点です。

d0031171_9531853.jpg


もう4.5年は来ていないな。
まだ学校が夏休み前で、児童、生徒が来ていません。

d0031171_9541519.jpg


入場するとすぐにアシカ、イルカのショーが始まりました。

d0031171_957135.jpg


どうしてこういうことができるのでしょう、人間よりバランス感覚がいいね。

d0031171_9573514.jpg


d0031171_9591510.gif


「深海2000」が展示してありました。

d0031171_1002460.jpg




深海2000ののぞき窓のガラス、厚さは20Cmくらいありました。

d0031171_1052088.jpg


続いてこの水族館の「ウリ」クラゲの画像を載せます、
性能の良いカメラなので、本来はもっときれいに撮れるはずなんですが、
どうも使いこなせなくて困っています。

ベテランの人に
「一眼レフカメラで、“P”モードで撮るんじゃない」と言われています。
by a7617 | 2013-07-21 09:58

アートアクアリウム2013~江戸・金魚の涼

日本橋の三井ホールにて表題のような催し物が有ると聞き行ってきました。

いつもの山仲間と一緒でしたが、7.8月は暑いので涼しい室内の催し物を
見物してきました。

私が撮ったつたない写真ではうまく表現ができませんが、雰囲気だけ感じてください。
むしろ、上に紹介したWEBのページの方が素晴らしい、画像があります。

d0031171_1032258.jpg


d0031171_1033857.jpg


d0031171_1035383.jpg


d0031171_1041039.jpg


d0031171_1042650.jpg


d0031171_1044311.jpg


d0031171_105418.jpg


大写しにしてみました。

d0031171_1052281.jpg


私が食べた、冷やし汁、鳥のから揚げ定食、安くておいしかったです。

d0031171_10111241.jpg

by a7617 | 2013-07-20 09:56