日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

OB会

私が勤めていた会社のOB会は毎年4月の第一金曜日に行われます。
参加すると「本日の参加者名簿」「不参加者の消息」「昨年一年のうちに亡くなられた方」の名簿、その他の書類が配布されます。
この亡くなられた方のお名前を見ますと、OB会の行われた年にもよりますが毎年
10人前後の方が鬼籍に入られています。
大よそ40年以上の付き合いのあった老境を迎えた者同士が、酒を酌み交わして「お互い元気でお会いできてよかったね」と喜び合う。
そして、楽しい時間が過ぎて「また来年元気に会おうな」と別れていく。

杜甫の詩に味わい深い詩句がある。

       九日藍田崔氏莊   杜 甫

老去悲秋強自寛  興來今日盡君歡

羞將短髮還吹帽  笑倩旁人爲正冠

藍水遠從千澗落  玉山高竝兩峯寒

明年此會知誰健  醉把茱萸仔細看

大よその意味を簡単に言えば

歳をとって友人の別荘でごちそうになる。
頭の毛が薄く短くなって風で帽子が飛んでしまった。
笑って直してもらった。
遠くの山や谷が綺麗だ。
来年のこの会には誰が健やかに出席できるだろうかと言う意味ですが、

来年も達者で会えると誰にわかる。
我々の年になると「明日の事」は誰にも判らない。


d0031171_1631914.jpg

by a7617 | 2013-05-31 23:05

合羽橋・浅草

合羽橋道具街と浅草に行ってきました。

地下鉄田原町駅から合羽橋から道具街を歩きました。


道具街入口の巨大なシンボル。

d0031171_96454.jpg


何度見ても感心する「食品サンプル」の店

d0031171_96222.jpg


ガラス越しに撮っているのでわかりにくいですが、実によくできていますよ、

d0031171_971926.jpg


このサンプルのリンゴは「リンゴソムリエが、本物と区別ができなかった」一品です。

d0031171_994699.jpg


こんな鉄瓶がありました。

d0031171_9122734.jpg


合羽橋道具街のシンボル、若い女性が記念写真を撮っていました(私も)。

d0031171_9131539.jpg


東京本願寺にお参りしてきました、壮大な本堂です。

d0031171_915846.jpg


お好み焼き屋に入りました。

d0031171_9161015.jpg


冷房、暖房ともにない店で趣がいいので外人観光客がたくさんいました。

d0031171_917115.jpg


仲見世を見物しながら浅草寺に向かいます。

d0031171_9185531.jpg


平日でもさすがに浅草、大勢の参拝客でにぎわっていました。
外国人観光客も沢山来ていました。

d0031171_921876.jpg


江戸東京伝統工芸館」を見物しました。

d0031171_9225248.jpg


喫茶店に入り一休み、しばしの歓談の、のち吾妻橋から都営の地下鉄で帰りました。

d0031171_9265568.jpg


浅草はかっての古い建物が亡くなって、急速に再開発されているのがわかります。
おそらくあと4~5年で大きく変わると思います。
屋台の飲み屋など亡くなって、風情がなくなってきました。
時代の流れですね。
by a7617 | 2013-05-29 09:11

頑張ってね

色々な状況で、良く「頑張ってね」って言うよね。
此の言葉の使い方難しいね。
言われた方はすでに「頑張っている」のである。
また頑張ってもどうにもならない事もある。
それなのに「頑張ってね」と言われる方はどうしていいかわからない。

良く言われる事に、鬱病の患者さんには
「頑張ってね」と励ましてはいけないと言われていますよね。
頑張ってね、此れに変わる他の適当な日本語が
見当たらないから何でもかんでも「頑張ってね」
と言ってしまう。
だから「頑張ってね」と言われた相手の受け取り方も様々だ。
何の例でも好いのだけれど、例えば何かの資格を取るために
受験に行く仲間に「頑張ってね」と言う。
「ホイキタ、任せてね」とニコニコしながら手を振って行く者もいる
そうかと思えば黙って下を向いたまま、嫌な顔をする者も居るし
又ほかには、「そんな事解っているよ」と怒り出す奴も居る
私の場合「頑張ってね」は挨拶代わりに近い。
「頑張ってね」は使い方の難しい言葉だね。





五月はバラの花が綺麗ですね。
此のバラの場合、右側の黄色い色が数日で左のように、
真っ赤になります。
自然の不思議さです。

d0031171_21252936.jpg

by a7617 | 2013-05-27 21:13

民間防衛

民間防衛

この本はスイス連邦政府の要請によって連邦警察省が発行し各家庭に一冊ずつ配られものである。
読んでみると日本とスイスとは国情も違い一概に比較できないとは思うが、内容は
じつにショッキングなものでした。

先ず第一、に真に平和を望むものは、平和を守るための努力を惜しんではならないと感じましたし、単なるスローガンだけでは平和を守ることはできません。どのようなものにも代償は必要です。

本書には万が一戦争が起こった場合に一般国民はどのように対処すればよいのかと言う事がきめ細かく記されています。


前書き
5ページ 一部略
今日戦争は全国民と関係を持っています、国土防衛のために武装し訓練されて国民一人ひとりには
「軍人操典」が与えられますが「民間防衛」というこの本はわが国民全体に話しかける物です。
・・・略
我々は今、脅威に直面しているわけではありません。
この本は危急を告げる物ではありません。しかしながら国民に対して責任を持つ政府当局の義務は準備することです。

25ページ
「我が国に決して戦争は無いと」断定するのは軽率であり結果的には大変な災難をもたらしかねないと言う事になってしまう。


52ページ
避難所に入った家族は生き延びる事が出来る。
我、国防軍は、スイス国民の生命と自由を守るために戦うが、その戦いも、一般民衆、女性や子供が生き残ってこそ意味がある。
一般国民が生き延びる事が出来れば、軍は、我々を屈服せしめんとする敵に抵抗する勇気が出るのである。戦死した兵士の意味もあるのである

211ペ-ジ
遅かれ早かれ、我々が巻き込まれるこの戦争について想像してみよう。
戦争は、残虐、破壊、死、そして火によってそのすべての重圧をわれわれに加えてくるだろう。その強さ、残忍さは筆舌に尽くせない。
それは、我々を容赦なく踏みにじるだろう。戦争は、嵐が草木を打ちのめすように、我々を打ちのめすだろう。
持ちこたえなければならないのは軍隊でけではない。全国民は軍隊の背後で抵抗しなければならない。軍隊はその背後に国民の不屈の決意が在る事を感じた時、初めてその任務を完全に追行できるのだ。

そして、反政府政党に対して
231ペジ
社会民主党は国を裏切るだろうか
社会民主党は、その活動を禁じられてはいない。我々の民主主義が禁ずることを欲しないからだ。
思想の自由、結社の自由はわが憲法によって守られている
略・・・
しかしながら、いまのとこ社会進歩党は、疑わしくはあるが、決定的な反国家活動の証拠を
見せているわけではない。

275ページ。
国土を占領された場合の国民の心構えが記されていますが、略します。

なお
日本の民間防衛について、元航空幕僚長・田母神俊雄閣下は、消防団の制度を改正して企業や民間人を消防団に取り込むことを主張しています。

田母神氏によれば、民間人は有事に際しては消防団員のように民間防衛活動をするべきであり、第二次大戦における反ナチスのレジスタンス闘争のように、民間人が火炎瓶・ボウガン・猟銃・スタンガン等の武器を用意して侵略者を迎え撃つことは、結果的には自衛隊や警察の活動を妨げかねないという。

また、レジスタンス気取りの民間人によるテロ・ゲリラ戦法は、刑法上の正当防衛・緊急避難には該当しないため、これに失敗した場合は侵略者による民間人の大量虐殺が誘発され、もし成功しても現行法のままでは戦後になって罪に問われる惧れがあり、民間人の武装レジスタンス化は許されない旨の見解を示している。

このような日本の実情に適応する民間防衛の試みの一つとして、日本財団によって「海守」の活動が行われている。海守は、不審船や密航に警戒をする海上保安庁公認のボランティア団体である。


d0031171_1013017.jpg

by a7617 | 2013-05-26 09:49

消費生活教室「企業見学」

企業見学に行ってきました。

「東京瓦斯 パイプライン技術センター」です

ツマミをひねれば
「パッと電気が点く、透き通った水が出てくる、ガスが点火する、」など
我々の周りは便利さに満ちています。

私は電気屋でしたのでわかるのですが、電気、ガス、水は自然に出てくるものではありません。
電車も勝手に動いてはいません、さまざまな便利で快適な生活は、
その陰に目に見えない大勢の方のお力に支えられていることを時々は思い出してください。

職場に訪問して初めに、パイプライン技術センター供給システ技術チームの今岡氏より,パイプライン技術センターの概要を紹介していただきました。

こちらでは、大きく3 つの分野に取り組まれており、一つは、パイプラインの変形評価や振動台等を利用した基礎研究分野、また各種配管技術や供給技術,維持管理技術に取り組む開発分野,

さらに個別の課題に取り組むエンジニアリング分野である。
全般的に耐震技術や維持管理技術,環境技術への取り組みが重要視されている状況が伺えました。

其の他我々素人には使用場所すらわからないたくさんの、工具、機械類が展示されていました。
時間が有れば、もっとゆっくりと聞いてみたかったという思いがしました。


地中にあるガス管の位置の検出原理を説明した戴きました。

d0031171_965972.jpg


鉄のガス管の場合は電気を流しパイプから漏れる時期を感知して見つけます。

d0031171_991186.jpg


地中の模型と右側にある黒い磁気センサーで見つけます。

d0031171_972131.jpg


PE管の場合は電気を通しませんので音響で検出します。
丸いものがスピーカーです。

d0031171_9115058.jpg


現在は川崎側から君津側には東京湾横断のガス管が通っています。
鉄製で保護のためにコンクリートが巻いてあります。
コンクリートをまくのは保護もありますが「海中から浮いてこないように」する為もあるとか。

d0031171_9143867.jpg


d0031171_9343641.jpg


PF管の接続の実演ですが、カップリングに電気を流し熱により表面を溶かして接続します。
バーコードが見えますか、このバーコードを読みこむ事によって加える
電気を制御するそうです、誰がやっても失敗はないという話でした。

d0031171_9183527.jpg


上の実演に使った、電源コントローラーです。

d0031171_9231944.jpg


古い鉄の配管はビニールコーティングしています。
パイプの中に移動式のPF散布機を入れてコーティングしていきます。
説明図と本体です。

d0031171_9285748.jpg


散布機本体は長さが40cm位のものでした。
さまざまな大きさのものがあるのでしょうね。

d0031171_9311220.jpg


沢山の部品や工具が綺麗に見やすく展示されていました。

d0031171_9331726.jpg


実験場の一部です。

d0031171_9393845.jpg


ほとんどの会社、企業見学に行きますと「写真撮影は厳禁」という会社が多いのですが
東京瓦斯さんは全く問題なく「どこでも撮りなさい」と言ってくれました。

この職場は個人的ににも見学させてくれと思います、そのような表示がありました
しかし念のために、事前に電話で確かめていってください。

ここには書ききれないたくさんの情報を聞くことができると思います

2013年5月24日の情報です。

TEL 045(505)7303 東京瓦斯株式会社 パイプライン技術センター 導管技術部
by a7617 | 2013-05-25 08:43

講演会

あるご縁があって、講演会を聞かせていただいた。

「ここわ」というボランティア団体であるが,「ここわ」のコンセプトは
地域で誰もが自分らしく過ごせることを願い、精神障がいを持つ人をはじめ、
障がいがない人も、自分の思いを語ったり、やりたいことを見つけたりしながら、
互いに活動する場を提供するグループです。

金銭的に、なかなか大変だろうと思いますし、マンパワーの不足にも負けずに頑張っているグループです。

皆さん心このような活動をしているグループがあるということを
心にとめてやってください

講演をなさった「中畝 治子」さんです。

演題は「地域で笑顔で暮らしたい」

お話は重症心身障がいのある息子の「翔太」さんの介護をしながら文化財の模写に仕事を
続けられましたとのこと。
「翔太」くんは2002年4月にお亡くなりになりました。

d0031171_813501.jpg



公演のあと西アフリカの太鼓バンド「パラン パラン」の演奏でした。
御主人の中畝常雄さんのお仲間です。

d0031171_825956.jpg


かわいい坊やの飛び入りです。

d0031171_8262325.jpg



d0031171_82545100.jpg

by a7617 | 2013-05-24 08:25

鋸山その3

一千五百羅漢を見てその姿のさまざまにあるのに驚きながら、
さらに日本一の大仏を見に行きます。

日本一という言い方は様々なものに言われますが、この大仏の場合は
石仏としての日本一だそうです。
ちなみに鎌倉の大仏は台座を含めて18.03mです。
この日本寺の大仏は31mです。

よくご覧になるとわかりますが100尺漢音と違って崖を彫刻したものでなく
石を積み重ねて作ってあります。

d0031171_983942.jpg


d0031171_920070.jpg


ここまでくれば鋸山散策もほぼ終わりです。

このお堂には
弘法大師が手(爪)で彫ったと言われている大黒様を祀ってあります。

d0031171_9205937.jpg


これは木彫りで本物は奥にあるらしい。

d0031171_9573610.jpg


こんな物が有りました、狐の親子でしょうか、
なぜかほのぼのとした気分にさせれれました。

d0031171_923157.jpg


源頼朝公、お手植えのソテツ、当然800年は経っています。
本当かな~~  疑えばきりがない。

d0031171_9231764.jpg


この寺にしかないといわれる四角い竹。
写真ではわかりにくいですが確かに角ばっていました。

なお、この竹を杖にして売っていました、忘れましたが
値段はかなり高価な気がしました。

d0031171_9582930.jpg


d0031171_9581926.jpg


ヒメシャラの木ですが、木肌が綺麗です。
かなりの大木です。

d0031171_9253939.jpg


ここには是非寄ってみたいな~~思っていましたが
日曜日しか空いていません。

d0031171_9262186.jpg


d0031171_934318.jpg


d0031171_9351122.jpg


日本のお寺というものはやたらに「弘法大師が〇〇しました」というところが多いね。
しかしこの井戸と言われるものもう少し綺麗にできないのかしらね。
がっかりしちゃうね。

d0031171_9354364.jpg


ここからは小川に沿った緩やかな道を下る国道に出ます。

道路に出ると嫌でも、大きくタクシ会社の看板がかかって居ますから大丈夫です。
電話を掛けると10分くらいできます。
フェリーの乗り場までは10分くらい「1480円」でした。

フェリーは一時間おきの 毎20分に出航ます。


鋸山、ここまで見ていただき有り難うございました。
by a7617 | 2013-05-23 09:43

鋸山ー2

入山料を払って進みます。



門を入るとすぐに「関八州見晴らし台」がありますが階段を200段くらい登ります。
これがなかなか、キツカッタ、大汗をかきました。

d0031171_1605794.jpg


百尺漢音に向かいます、外国に来たような不思議な道です。

d0031171_164161.jpg


此の観音様を初めて見た人は「デケ~~」と言います。

d0031171_1651430.jpg


ここが地獄覗きで、かなり高いですよ。

d0031171_1672971.jpg


地獄除きから、下を見ると館山自動車道路が見えます。
とにかく高い事が実感できます。

d0031171_1675755.jpg


後は下っていきます、このような気持ちの良い道です。

d0031171_1691333.jpg


途中には「一千五百羅漢」がこれでもかというくらい出てきます、
こう言う物に興味のある方にはとても見どころがあります。

d0031171_16154927.jpg


d0031171_16202550.jpg



「宝筐印塔(ホウキョウイントウ)というものだそうです。

d0031171_1622814.jpg


薜蘿洞(ベキラドウ)と案内があります。
ベキラとは「ツタカズラ」のことでベキラが掛かって錦のごとく、と説明が
有るとおり秋にはツタが紅葉して綺麗なのでしょうね。

d0031171_1629143.jpg



このように此の山の中には仏教遺跡がたくさんあり、ゆっくち見れば
とても楽しめます。

後は此の山の最大のウリの日本一の大仏です。
by a7617 | 2013-05-22 16:18

鋸山その1

              鋸山に行ってきました。

各データは2013年5月中旬のものです。

私たちは品川8時に集合、京浜急行快速特急で約1時間、京急久里浜からフェリーで浜金谷に行き
ロープウエイで頂上に、ゆっくり歩き100尺漢音、地獄覗き、1500羅漢、、大仏等見物しながら
国道に出て、バス停 「館山保田口」よりタクシにて帰りました。
横濱には17時に着きました。

中腹に「呑海楼」という茶屋があります、保田方面の海が見える良い休憩場所ですが
平日はオープンしていませんでした

我々シニアで足の弱い女性もいましたが、この時間でゆっくり行ってこられます。
道はほとんど階段状ですが、一部に山道があり履きなれた靴がいいでしょう
なお、国道からの帰りのバスは本数が少なく夕方はほとんど乗ることができません。
タクシの利用をお勧めします。

私は、各季節に何回か行っておりますが今回は初夏で、山の緑がひときわ輝いており、
とても感動しました。


久里浜のフェリー乗り場。

d0031171_9473255.jpg


往復で購入すると割引になります。

d0031171_947373.jpg


横須賀の火力発電所の煙突です。

d0031171_9482177.jpg


浜金谷から久里浜に行く姉妹船のフェフリーです。
同じ時間に出発するのでちょうど航路の真ん中ですれ違います。

d0031171_949230.jpg


大よそ40分で浜金谷に着きました。

d0031171_951331.jpg


浜金谷のフェリー乗り場です、千葉のお土産を売っています。
私は鶏卵とハンペンを買いました。

d0031171_9515069.jpg


ロープウエイ乗り場までの道すがらこんな花が咲いていました。
これも散策の楽しみです。

d0031171_954045.jpg


こんな田舎道をロープウエイ乗り場まで歩きます。
ゆっくり歩いて15分くらいです。
途中につぶれた店が点々とありわびしいですね。

d0031171_9552759.jpg


昨年遅れにゴンドラが新しくなりました。
ロープウエイは15分おきに稼働しています。
客が多いと連続運転しますので待たずに乗れます、上までわずか五分です。

d0031171_9588100.jpg


木々の緑が綺麗でした。

d0031171_1001198.jpg


あっと言言う間に頂上に着きました。

d0031171_1012552.jpg


頂上からみた浜金谷のフェリー乗り場。

d0031171_1042111.jpg


頂上から見た「保田」の海水浴場。
なおここも、富士山の良く見える名所だと書いてありました。

d0031171_1053080.jpg


しばし景色を堪能しましたら、しばらく下っていよいよ「日本時」の中に入ります。
入山料は600円です。

d0031171_1074998.jpg

by a7617 | 2013-05-20 09:22

リーダーの資質

私はいろいろなグループと言うより仲間と言った方が適当かな、に遊んでもらっています。
この仲間が実に愉快な集まりで、例えば旅行に出かけた時、思わぬ珍味にありついたり
また楽しい出会いを経験したり、予定が狂ったら狂ったで忘れられない思い出が出きたりします。
何をやっても楽しい結果が出るようなそんなグループです。
なぜそう言う幸せな結果になるか。

これはそのグループの中心となる人物に大いに関係があります。
ムードメーカの事です。
「彼がいないと始まらない」とか「彼女がいないと盛り上がらない」と言われる人たちです。
そう言った中心人物の感情がグループ全体に感染していきます。
喜怒哀楽のはっきりした若々しい感情の持ち主なら、グループ全体にも若々しい感情が広がります。

「機嫌のいい人」の魅力は、その人と一緒にいるうちにいつの間にか自分も素直に、物事を肯定的に受け止め、どういう事態にも朗らかな気持ちを失わない生き方がとても清々しい物であると気が付いてきます。

そうするとウソのようですが実際に良い事が続くのです。
些細なこと、例えば他人の思惑とか周囲の目がそれほど気にならなくなってきます。
やってみたいけど、躊躇していたことに素直に手が出せます。
心の曇りが晴れてくるのですから、楽しい事はより楽しくなりおいしい物を食べたり
美しいものを見た時の感動はより大きくなります。

そして「どうしてかな」と考えた時に「そうだあの人が居たからだ」とその人の存在が思い起こされるはずです。

「そうか、あの人と付き合っているとなぜか、いい事ばかり起こるのだ」
周りの人にそんな印象を与えるのが「機嫌のいい人」の魅力です。


カメハヒキオコシ

う~んそういえば亀の甲羅に似ているかな。

d0031171_945958.jpg

by a7617 | 2013-05-18 08:58