日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

高輪散策-1


ローカルの仲間と「高輪の散策」をしてきました。

比較的暖かな気持ちのいい天気でした。

品川駅前からプリンスホテルの前を通っていきます。

d0031171_9563848.jpg


はじめは「東禅寺」です。
この付近は住宅街で道がわかりにくかったのですが「ナビ」を持っている仲間がいて
助かりました。

d0031171_10102335.jpg


あまり訪れる人のいない静かないい雰囲気の良いお寺でした。

d0031171_10105531.jpg


境内の桜もきれいでした。

d0031171_100984.jpg


櫻の木もが年を取ってくるとこんな咲き方もするのですね。

d0031171_1004089.jpg


本堂へ入る玄関です、。

d0031171_1015523.jpg


この柱の傷が「東禅寺事件の刀傷」、だそうですがお住職もはっきりは
解りませんと言っていました。

d0031171_1023623.jpg


続いて忠臣蔵で有名な「泉岳寺」に着きました。

d0031171_1041453.jpg


都内ではここにしか売っていない「塩饅頭」を買いました。

d0031171_1051297.jpg


d0031171_10134273.jpg


泉岳寺の見学の前に昼食を摂りました。
私は「煮魚定食」にしました。

d0031171_10142655.jpg


引き続き泉岳寺見学を載せますので見てください。
by a7617 | 2013-03-31 09:55

浜離宮

ローカルの、気のいい仲間と新宿御苑に行ってきました。

時々、小雨模様の薄寒い日でしたが、楽しいひと時を過ごしました。



陳腐な言い方ですが「都会のオアシス」です。

d0031171_2022488.jpg


いつ見ても感心する300年の松、よく見ると幹が太くて立派です。

d0031171_201864.jpg


都会のど真ん中にあるのが良く判りますね。

d0031171_2023059.jpg


d0031171_2052987.jpg



上手く植えたものですね、赤、黄、桃、とそれぞれに咲いていました。
外人観光客が大勢立ち止まっていました。

d0031171_2034285.jpg


櫻もまあ、まあ満足できるくらい咲いていました。

d0031171_2062963.jpg



チャーハンと焼そばのハーフセットを頼みましたら、それぞれが
一人前のボリューム、この日の夕食を抜きました。

d0031171_2072920.jpg


皆様、お世話になりました、これからもよろしくお願いいたします。
by a7617 | 2013-03-30 20:10

浜離宮

ローカルの、気のいい仲間と新宿御苑に行ってきました。

時々、小雨模様の薄寒い日でしたが、楽しいひと時を過ごしました。



いつ見ても感心する300年の松、よく見ると幹が太くて立派です。

d0031171_201864.jpg


都会のど真ん中にあるのが良く判りますね。

d0031171_2023059.jpg


d0031171_2052987.jpg


上手く植えたものですね、白、赤、黄、桃、とそれぞれに咲いていました。
外人観光客が大勢立ち止まっていました。

d0031171_2034285.jpg


櫻もまあ、まあ満足できるくらい咲いていました。

d0031171_2062963.jpg


昼食に、チャーハンと焼そばのハーフセットを頼みましたら、それぞれが
一人前のボリューム、この日の夕食を抜きました。

d0031171_2072920.jpg

by a7617 | 2013-03-30 20:10

気魄

此れは子供の頃の記憶なので多少
記憶違いしているかもしれない。

未だテレビの無い頃恐らく1950年代末のことだと思う。
ラジオからニュウスを聞いていた時国会議員の辻正信氏が首相の岸さんに質問していた。
はっきりした内容は忘れたが最後のところをよく覚えている。

「此れ、国民を全く馬鹿にしているやり方ではないか
総理、ドウなんだ」と言うような内容だった。
当時父とラジオを聴いていて「岸さんもだらしが無いね、
一言の答弁もしないな」と父が言った。
此の事は子供心に強烈な印象になって残っている。

大人になって現代史に興味を持ちいろいろな本を読んで

岸さんは「東条内閣の商工大臣」
辻さんは「陸軍の参謀」であった事が分った。

とても不思議な感じを受けた。
人間の好き嫌い、良い悪いはともかくとして
戦前の日本の方向を誤った方に引っ張って行った
指導者二人が、戦犯にもならず、戦後何の処分も受けず
首相と、国会議員としての地位を得ている。
戦前と同じような権威と社会的な地位を保持し続けていた。

なぜこんなことになるのか考えてみた。
こういう人たちが常に保持し続けてきた「力」とは何なんだろう。
其れは一言で言えばある種の虚構の世界に人々を導き
入れ、其れを現実だと信じ込ませる不思議な力だ、「演出力」だ。
そして其の演出力を可能にして居る物は、「気魄」である。

大体「気魄」とは、広辞苑で調べてみた。
「何者にも屈せず、立ち向かっていくと言う精神力」と出ている。
私も此の「気魄演技」を演出する者にしばしば悩まされた。
全身に緊張感をみなぎらせ、青筋を立て、大声を出し
きびきびした動作で、イワユル「プレゼンテーション」行う
ついでに言うがプレゼンテーションとは提示、発表等とは違う「説得」である。
此の「気魄演技」、を基にした演技力の天才が居る。

よくある「振り込め詐欺の」連中だ。
又、古くはヒットラーとか、最近ではオウムの
麻原ショウコウ(どう言う字か忘れた)等が「気魄演技」の「演出力」の天才だ。
国家議員にもいる、出来もしない事を「気魄演技」を基にした
「演出力」で国民を惑わしている人たち。

そして其れを信じ込んでしまう国民。



馬の顔に見えた。

d0031171_23225872.jpg

by a7617 | 2013-03-28 23:11

与那国陸自見直し

表題のニュースを見た。

小野寺防衛相は沖縄県与那国島(与那国町)への陸上自衛隊の配備について「地元になかなか理解が得られない状況が有れば今後の検討全体を含めた形で検討していく」と述べた。

詳細はここ。

それにしても自衛隊の配備について「迷惑料」というのも・・・・・

私の感覚では「自分の町内に自衛隊が配備されたら」どんなにか心強いだろうかと
思うが。

見方によっては「警察署」や「消防署」よりも頼りになる場合もあると思うが、
そういう感覚はおかしいかな。




小田原城の桜を見てきました。


d0031171_10555951.jpg


銅(あかがね)門。
d0031171_10562112.jpg


d0031171_1057068.jpg


常盤木門。
d0031171_10571921.jpg


d0031171_10575581.jpg


d0031171_11422280.jpg


d0031171_10581119.jpg


丹沢です、右側の高い山が大山です。

d0031171_10585672.jpg


d0031171_10592343.jpg


天丼を食べて、干物を買って帰りました。

d0031171_11361580.jpg

by a7617 | 2013-03-27 10:34

一言

人の世に道は一つということはない。
    道は百も千も万もある。
    ─ 司馬 遼太郎 ─
    (『竜馬がゆく』)

今日もいろいろ、議論を重ねたが「道は一つという事はない」ですか・・・・

物事には、これが正しいなんて言う事はないのでしょうね。




上野公園の桜も満開です。

d0031171_20242616.jpg

by a7617 | 2013-03-26 20:18

講演会

講演会

かわさき青年会議所主催の後援会「逆境に立ち向かえ」を聞いてきました。

「テーマは逆境に立ち向かえ」です。

講師は内藤大介さん。

箕輪義信さん。


内藤大介さんのお話はほとんどWEBに出ていますが、特に印象に残ったお話は
母親から褒められた事が無かった、親は子供を褒めなければいけませんと。
いじめを相談した時に先生が取り上げてくれなかった、
いじめに気が付いた時に大人がどのように対応するか。
また、いじめに負けないためにボクシングを習ったが「強さを得ると、
その強さを人に向けなくなる、つまりハートの強さを見つけました」

箕輪義信さんのお話もすごかった。
失明しかかったり耳が聞こえなくなったりしたが、ストレスのせいだと医者から言われた。
アキレス腱を何回も切ったとか。
そして
大事なことは、今の自分の現状を受け入れる事。
そうすることによって前に進めると言っておられました。
そして日頃から「良い仲間を選ぶことが大事」

講演会を聞いたからと言って、自分が急に変われるわけもないが、困難を乗り越えて頂点を極めた人のお話は面白かったです。

最後に「先生からの体罰」についての質問をした60代後半の老人が泣き出してしまったのにはちょっとびっくりしました。
今でもその先生が90歳になろうが100歳になろうが名前は忘れないと、よほど理不尽な
体罰を受けたのでしょうね。

私も気持ちはわかります、つらかったんでしょうね。
しかし60年以上昔の事「すべてが恩讐の彼方」です。




目黒不動の櫻です、見事に咲いていました。
ここは穴場ですね。

d0031171_826019.jpg

by a7617 | 2013-03-25 08:14

円筒分水の桜

友人と相談事があり溝口で、いろいろの話をいたしました。

話が終わってから天気がいいので、「円筒分水の桜」を見てきました。


いつ見ても綺麗ですね。

溝ノ口に住んでいる方がうらやましい。

d0031171_8524351.jpg


d0031171_8525881.jpg


d0031171_8531425.jpg


d0031171_853442.jpg


d0031171_854333.jpg


d0031171_8542027.jpg

by a7617 | 2013-03-24 08:50

ローバート・キャバ・ゲルダ・タロー二人の写真展

一度ゆっくり見てみたいと思っていた写真展を見てきました。
数々の写真がありますが会場もちろん撮影禁止です。
二時間半かけてゆっくり堪能してきました。

ほとんどの写真がここに出ています。

ローバート・キャバ・ゲルダ・タロー二人の写真展


先日NHKのドキュメンタリー番組で「崩れ落ちる兵士」の写真付いて
沢木耕太郎さんが解説している番組を見られて方も多いと思います。




d0031171_8271828.jpg


美術館前に、綺麗な花が咲いていました。

d0031171_8285670.jpg


d0031171_8302490.jpg


この日の桜は3分咲きでした。

d0031171_8312591.jpg

by a7617 | 2013-03-22 08:17

大槌の宝箱

表題のような写真展を見てきました。

初めに津波の被害にあった直後の大槌町の動画を見てください。




d0031171_9143287.jpg


誰にでも、「宝物」はありますよね、家族、ペット、思い出の品、など
この読売新聞の記事をご覧にになっていただければわかるとおり、あのような命にかかわるような
被害にあわれ方にとっては「宝物」はまた特別の意味があるものでしょうね。

どのようなものがあるのか見に行ってきました。

全体、照明が映りこみかなり見にくくてすいません。

会場入り口

d0031171_9253666.jpg


展示の様子、かなりの人が見学に来ていました。

d0031171_9254778.jpg


日ごろ見慣れた者が「宝物」ですと。

d0031171_9295680.jpg


右側の犬は愛犬で地震当日、海岸に散歩に行くのを嫌がっていたために飼い主が、
津波から逃れました。

中央のゼロ歳児、あの困難を乗り切って生きてくれました「宝物以外」何物でもないでショウね。
ちなみにトークショウで「乳飲み子」を抱いて避難されてお母さん方の困難は想像以上のものでした。

d0031171_9262824.jpg


この写真には感動しました、小学校入学前のいとこが母親の背中で
寝たふりをしていたところだそうですが、当たり前のことがいかにしわわせかと。

d0031171_9272134.jpg


ご主人が作って販売していた「イカせんべい」津波で家も店も流されましたが
倉庫にかろうじて残っていたそうです。

d0031171_9273927.jpg


d0031171_9275422.jpg


d0031171_928836.jpg


そのほかに数々の宝物がありました。
多くの友人を亡くしましたが、避難所で知り合った友人が宝物、
生き残った家族がたからもの、等々たくさんの宝物がありました。

皆様もぜひ機会があれば、ごらになってください。
きっと何かが得られるはずです。

なお、関連して日本新聞博物館で「再生への道」展が開かれています。
by a7617 | 2013-03-20 09:15