日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

死の迎え方

毎日のように、テレビや新聞で事故によって、人が亡くなるニュースに接している。
もちろん「気の毒だな」とは思うが。やはり「人ごと」であり死の持つ深刻さを自分の事として受け止める人は少ないでしょう。
死は自分自身の身に降りかかってこなければ他人事のままである。
年間8000人の犠牲者の出ている交通事故でも、よほどの大きな悲惨な事故でない
限りニュースにもならない。
たとえ大きな事故であっても時間がたてば忘れられてしまう。
私たちの日常生活はいつも「自分」が不在なのである、仕事も私ではなく誰かほかの人がやっても
社会は変わらないし。

しかし人間として生まれてきた以上「私の死」は他人事ではないのである。
文字通り自分の死は「私の死」なのである。
そこで誰でも自分の人生はなんだったのか、と思うはずである。
そうでしょう、死ぬとき自分の人生に悔いを残すのは、これは最悪でしょう。
自分の人生を納得したうえで死を迎えるのがやはり、幸せと言うものではないでしょうか。
ただ、どれくらいに人が「後悔をしないで」死を迎えられるでしょうか。
よほど達観した方でなければ「後悔のない人生」を迎えるのはなかなか難しい。
私のような凡人はまず無理でしょうね。




三溪園

ホーム頁より

臨春閣 【重要文化財指定】 1649年(慶安2年)建築
桃山時代に豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構と伝えられていましたが、現在では和歌山県岩出市にあった紀州徳川家の別荘 巌出御殿(いわでごてん)ではないかと考えられています。内部は狩野派を中心とする障壁画と繊細・精巧な数寄屋風書院造りの意匠を随所に見ることができます。
※障壁画は複製画で、原本は園内の三溪記念館で収蔵し定期的に展示を行っています。

ひとこと&みどころ
部屋の境にある欄間には、波の彫刻(第一屋)や、和歌を書いた色紙(第二屋)をはめ込むなどの工夫が凝らされています。 なかでも面白いのは、第三屋「天楽の間」にある欄間で、ここには、雅楽に馴染み深い笙と笛など本物の楽器があしらわれています。
紀州から徳川家8代将軍となった徳川吉宗は幼少期、巌出御殿に遊び育ちました。


d0031171_11225144.jpg


d0031171_1122352.jpg

by a7617 | 2013-02-28 10:57

青森・浅所海岸・他

青森・浅所海岸の白鳥を見てきました。


朝から
大雪の日でした。

d0031171_10455488.jpg


途中寄ったサービスエリアに「ホタテ観音」がありました。
ホタテで大儲けさせていただいた感謝の気持ちかな。

d0031171_10464395.jpg


居ました白鳥が。
d0031171_1050038.jpg


鳥は水の中にいて寒くないのかね、なんて言っていた人がいました。
心の優しい人なんでしょうね。

d0031171_10505643.jpg


以前から行ってみたいと思っていた「太宰治記念館です。

d0031171_1054784.jpg


立派な仏壇。

d0031171_1162090.jpg


中はとてつもない大きさです。
この時期の見学は、室内でも氷が張るほどで足元からシンシンと冷えてきます。

d0031171_117565.jpg




雲祥寺。
太宰治の子守りのタケさんの実家の菩提寺。
門の上に鐘楼が有るのでびっくりしました。
この寺で地獄極楽の画を見せられたそうです。
詳しいことはここを見てください。

住職にお願いしたらお寺の中を、気持ちよく拝観させてくださいました
d0031171_1132116.jpg


d0031171_1133860.jpg


d0031171_114756.jpg


太宰治、疎開の家。
旧津島家新座敷。
ほとんどの方はここまでは来ません。

d0031171_11283615.jpg


映画ヴィヨンの妻に出演した松たか子さんが記者会見した、部屋とソファーです。
d0031171_11343380.jpg


d0031171_11384896.jpg


戦後太宰治が執筆した部屋。
戦争に協力しなかった作家ということで評価が上がった時期だそうです。

d0031171_1142479.jpg




津軽鉄道、ストーブ列車。
ここを見ていただいた方が良く判ります。


d0031171_11462637.jpg


d0031171_11542767.jpg


とても寒かったけど、行きたいと思っていた場所に行けてよかったです。
ここまで見ていただき有り難う。
by a7617 | 2013-02-27 10:51

青森・大間崎

体の衰えを感じる此の頃、元気に出かけられるのも、もう少しと思い、
仲間の誘いがあったので思い切ってツアーに参加させていただきました。



東北新幹線 E5系

d0031171_1194535.jpg


最近1億5540万円の値段が付いたマグロで有名な「大間崎」

d0031171_11113111.jpg



d0031171_11115255.jpg


今までで取れた一番大きな400Kgのマグロの模型。
全長は3m位はありそうでした。

d0031171_11131435.jpg


意味の良く判らないモニュメント「元気で行きましょう」という事かな。

d0031171_11134642.jpg


雪に埋もれた案内板、大間はあまり雪が積もらないところだそうで、今年は特に
積雪が多いそうです。

d0031171_11105092.jpg


大間崎の灯台。

d0031171_1115747.jpg


蛸の干物作っているんでしょうか?
これを焼いて食べさせていました。

d0031171_11153398.jpg


こういうものって観光地にたくさんありますね。

d0031171_11161080.jpg

by a7617 | 2013-02-25 11:11

三溪園

三溪園に行ってきました。

今年は1,2月の気温が低く、どこでも梅の開花が遅れているようですね。
ここ三溪園も梅の花を当てにしていったのですが、いまひとつと、言うところでした。


ここ三溪園の一つのうり三重塔。
旧灯明寺三重塔で重要文化財です。

d0031171_11183871.jpg


アオサギでしょうか。

d0031171_1119282.jpg


この木は一番咲いていました。

d0031171_11193117.jpg


水仙は満開で辺りに香りを漂わせていました。

d0031171_11195693.jpg


このしたの公園のあたりは昔は海で同行した方が汐干狩りをしたとか。

d0031171_11203023.jpg


三溪蕎麦を食べました。
たれの無い「三溪蕎麦」味は和風スパゲティって感じでした。
私は美味しいと思いましたが、人によっては??かな。

d0031171_11205257.jpg

by a7617 | 2013-02-23 10:55

テンパー

サラリーマンの皆さん。
会社でこういう言い方、しませんでしたか「テンパー」
生まれ持っているクセっけの事では在りません。
「10パーセント」の事であるあるが、マー日本人は言葉を訳していうのが好きだから特に問題は無いと思うが、なぜ「10」だけが英語扱いなのか不思議ですね。
「いっパー」を「ワンパー」とはあまり言いませんよんね、
そして「にパー」「さんパー」「よんパー」「ごパー」「ろっパー」「ななパー」「はっパー」
「きゅうパー」ときてなぜ「10」だけが「テンパー」なのか。
それでもって「11」は「イレブンパー」になるかと思えばまた「じゅういちパー」に戻る。

このような数え方、言い方は外国はどう言っているのでしょうね。





ガントリングクレーン
夕日がきれいでした。

d0031171_186317.jpg

by a7617 | 2013-02-22 18:00

防災講演会

「大地震から命と財産を守るために」
表題の講演会が有ったので聴講に行ってきました。

快晴で北風の強い、この時期らしい日でした。

講師は「神奈川県防災保全企業組合」理事長の武野英高氏です。

講習内容は

(1)
  1、地震はなぜ起こるか
  2、家具転倒防止器具の取り付け参考例
(2)
  1、家具に転倒防止器具の取り付け実演
  2、ガラス飛散防止フィルムの貼り方
  3、非常用トイレの使い方
(3) 質疑応答

でしたが印象残ったこと

高野氏も新潟地震の時、転倒したロッカーに右手の中指を切断されていました。
大地震時、家具は凶器になることを身ををっもて教えていただきました。

阪神淡路大震災時の死者6438人の大半が転倒した家具の下敷きで亡くなった。
また阪神淡路大震災時「餓死」した人はいなく、また風呂もなくてもいいが「トイレはないと困る」。
トイレの確保がいかに大事か。
地震後、配水管が破損しているので家のトイレは使わない、非常用トイレを使う。
等、防災の参考になるお話を伺うことができました。

d0031171_9544380.jpg


ガラス飛散防止フィルムの貼り方の実演をしていただきました。

d0031171_9552563.jpg


食器戸棚などの漢音開き戸の開き防止器具。
普段は左のように詰めが引っ込んでいますが、振動があると右のように
詰めが飛び出して、戸が開くのを防ぎます。

d0031171_956051.jpg


我が家の場合は、タンス、本棚、食器棚、等の転倒防止はしましたが、
いま困っているのが、冷蔵庫と、屋外にある「大きな物置です。

どうしようか悩んでいます。
by a7617 | 2013-02-21 09:56

海上保安庁

古いニュースで恐縮です、がこんなものを見つけた。
日本経済新聞、昨年の九月三十日(日曜日)の紙面です。


d0031171_10291362.jpg


海上保安庁のニュース


検索するとたくさん出てきます。

動画はありませんが記事を読んでください。

お隣の国同士の、日本と中国は友好国になってもらわないとこまる、
両国の国民が幸せに為れないよね。
by a7617 | 2013-02-16 10:25

料理教室

市の情報誌に団塊の世代の親父たちが中心となり結成した料理団体がある。
その名もウイング、という集まりが、入会希望者を募集していたのでお話を聞いた。

毎月一回第二水曜日 9時~12時 教育文化会館で、行っていると
参加費も安く、自分で作ったものを食べるというのが気に入ってしばらく続ける
事にしました。

どうなりますか、(@_@;)


まず初日に行ってみました。
当日作るもののレシピをいただきました
これを見ながら作るわけですがそう簡単にはいきません

鶏肉と焼キャベツのトマト煮、作る前から、うまそ~~。

d0031171_1144456.jpg


とろとろねぎのあったかスープ。

d0031171_1144566.jpg


用意した食材。

d0031171_1148217.jpg


一つの調理台に二人づつ、組になって作ります。

d0031171_1149120.jpg


出来上がった料理、美味しかった??
美味しかったよ。

d0031171_11495651.jpg


生まれて初めて料理を作った、感想。
包丁一つ使うにも「恐ろしく難しい」ただ戸惑いの連続でした。

お仲間の皆さんヨロシューお頼み申します。
by a7617 | 2013-02-15 11:23

ゆらりー2

温泉につかり、食事をして一休みしてから辺りを見ながら帰りました。
当然ながら今の時期は観光客は少なく、静かな富士山周辺でした。



野鳥の森公園と名前がついていますが、野鳥はいませんでした。

d0031171_927198.jpg


この公園の中に
氷のナイヤガラという名前を付けた、こんなものがありました。
約、長さ10メータ、高さ3メーターでてっぺんから少しづつ水をかけ
凍らしていました、ライトがあったから夜間はライトアップするのかな。

d0031171_9305581.jpg


国鱒で有名になった西湖、東南アジア系の観光客が大騒ぎしていました。
日本人は我々のみでした。

d0031171_9314672.jpg


途中、寄った道の駅に電気自動車用の充電設備がありました。
私は、実稼働している充電器を始めてみました。
現在は充電時の料金は無料となっていました。
電気自動車を普及させる狙いでしょうか。
元、電気屋としてよく見ましたがプラグ部分が故障しないかな??と感じました。

d0031171_935640.jpg


富士山、須走口にある「富士浅間神社」にお参りしてきましたが、富士山の登山口のふもとには
それぞれ富士浅間神社があるそうです。
同行した友人から聞きました、富士浅間神社は一つだけかと思っていた。
知らなかった。

d0031171_9435782.jpg


d0031171_9442376.jpg


d0031171_9445141.jpg


本殿、左側に見える手洗い、口漱ぎのひしゃくの水が日陰のせいか凍っていました
寒いんだね~~みんなでびっくりしました。

d0031171_9452374.jpg


d0031171_946186.jpg


境内にあった池ですが、綺麗な水がコンコンと湧いていました。

d0031171_946325.jpg


ここは裏口(と言うのか不明)ですがここには「富士山東口本宮」と書いてありましから
東西南北と四か所あるのでしょうか。
北口浅間神社は火祭りで有名な富士吉田市にありますね。

d0031171_9403034.jpg


最後の写真です。
今回のドライブ行、迎えに来て頂いたJR駅前にきれいな「山茶花」の花がありました。

d0031171_1072972.jpg


これで「ゆらり」の項は終わりです。
見ていただいて有り難う。
by a7617 | 2013-02-14 09:20

ゆらり-1

「富士眺望のゆ ゆらり」に連れて行ってもらった。


d0031171_12413159.jpg


あいにくのくもり空でしたが、露天風呂からこんなによく見えました。
それにしても露天風呂に入るまでの時間が寒かった~~。

d0031171_12415115.jpg


ここで食べた食事「かつ丼とかけそばのセット、1050円でした。

d0031171_12421723.jpg

道の駅 “なるさわ” に「富士山博物館」がありました。

入場料は無料です、面白い博物館です。
機会が有ったらぜひ行ってみてください。

正面に見事な石が飾ってあります。

d0031171_1565826.jpg


木の化石で「珪化木」(ケイカボク)です綺麗ですね。ここに展示してある化石は2億年前のものだとの説明がありました。

d0031171_158090.jpg


館内にあった溶岩球ですが冷えた溶岩の塊が熱い溶岩流の上を転がっていくとき
雪だるまが大きくなるように、このように大きくなったそうでこれほど大きなものは
珍しいそうです。

d0031171_15273430.jpg


巨大なアメジスト、紫水晶ですがこれは大きい。

d0031171_15404993.jpg



館内にあったガラスで、できている富士山の模型、地下の溶岩が見えるように作ってある。

d0031171_1532102.jpg


d0031171_15454126.jpg


この雰囲気は。博物館というより、売店かな。

d0031171_1625861.jpg


以後も、引き続き貼っていきます見てくださいね。
by a7617 | 2013-02-13 12:40