日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

宗教

12月30日の京都新聞のニュースに以下の報道があった。
以下HPより
シニアライフを僧侶として活躍してもらおうと、臨済宗妙心寺派(大本山・妙心寺、京都市右京区)が、定年退職を迎える企業人を対象にリクルート活動を始めた。近年、寺院の後継者不足が課題となる中、ビジネス社会を生き抜いた経験を生かし、住職のいない寺院の再興や現代人の導き役になってもらえればと期待している。

志願者には、師匠となる僧侶を紹介し、寺院での修行を経て得度してもらう。妙心寺派の住職になるには通常、専門道場で1年以上の修行が求められるが、「年齢や体力面で若い人と同じ修行は無理なので、ケースごとに柔軟に対応していきたい」としている。

妙心寺派宗門活性化推進局の久司宗浩副局長は「心のケアや自殺が社会問題となる中、企業で長年培った経験は必ず役立つと思う。一人でも多く住職になってもらいたい」と話している。


私はこのニュウスを見た時に「とても良い事」だと思いました。
宗教に全く素人の私がこういう事を言うと叱られるかもしれないが、かって「オウム真理教」事件の事を思い出します。
あの邪教の教祖、松本智津夫になぜあれほど優秀な若者が心を、とらわれて行ったのだろう。
今でも若者の間に信者になるものがいると言う、全く理解できない。

翻って考えるに日本にはたくさんの立派な教えを持った宗教がある。
それらの名のある多くの宗教が、またそこには大勢の大僧正とか言われる立派なお坊さんが居られます。
それなのに、なぜそれらの立派なお坊さんたちが、オウム真理教に走った若者を救えなかったのか。
私はあのオウム真理教事件は若者の心を救えなかった「既存の宗教」にも責任があったと思います。
こんな混沌とし閉塞感の在る現在の日本にあって、今回の臨済宗妙心寺派の決断はとても立派だと思いますし、この考えに賛同し「第二の人生は社会貢献に、と考えていた。就職や仕事に悩む人たちの心の問題に取り組みたいと」僧侶になる決意を固めたシニアの方10人も名乗り出たそうです。
ぜひ頑張ってください。


横濱、野毛にある美空ひばりの像です。
目立たないところに在るので、うっかりすると気が付かづ通り過ぎます。

d0031171_1011822.jpg

by a7617 | 2012-12-30 09:47

カップヌードル博物館

カップヌードル博物館に行ってきました。


日清食品、景気がいいんですね。
立派な建物です。

d0031171_10551483.jpg


d0031171_10574076.jpg


世界に一つしかないカップヌドルを作れます、これがここのウリです。

d0031171_1058910.jpg


戴いた容器にここで好きな絵や文字を書きますが、
とにかくすごい人でした。

d0031171_10591479.jpg


麺を入れた後に、一番奥にある、
味付けが三種類です、具は手前のこの中から六種類、選んで自分の容器に入れます。

d0031171_11256.jpg


蓋をし、包装してくれます。

d0031171_1134574.jpg


これが出来上がったものです。

d0031171_11334699.jpg


日清のインスタントラーメンの全製品?が展示してありました。

d0031171_1151716.jpg


最初の「チキンラーメン」です。

当時川崎から鎌田まで電車が10円で行かれた頃、なんと35円しました。
当時、高校生で山に行くときに持っていきたかったのですが、高くて手が出なかった
覚えがあります。

d0031171_1164339.jpg


こんな製品もあったのですね。

d0031171_1119854.jpg


チキンラーメンを発明した安藤百福さんが、開発実験した建物の復元模型。

d0031171_11162599.jpg


中の様子。

d0031171_11144585.jpg


不思議な部屋で、一番右側のカップめんの容器は、左側の倍の大きさがありますが、
此の部屋の作りにトリックがあり、同じ大きさに見えます。

d0031171_11164735.jpg


三階のテラスから表を見ました、当日は全員晴れ男、晴れ女で快晴、
遠くの大きな二本の煙突は鶴見の大黒町にある横浜火力発電所です。
あの原発事故以来、東京電力は一切の見学を受け付けていません。

d0031171_112052.jpg


ここは「博物館」を期待しては当て外れになります。
入場料は大人が500円で、高校生以下は無料です。
ぜひ「チュルチュル」が好きなお孫さんがいたら、連れて行ってあげてください。
時期は未だ人気があり混雑します。
学校が休みではない時期がいいと思います。
by a7617 | 2012-12-29 10:54

カメラ

今使っているカメラは2005年12月に購入したものである。
丸7年使ったことになる。
撮影した枚数もすでに、1万枚をはるかに超えました。
先月ミラーの清掃をして貰いましたが、特に悪いところも無くこのまま使い続けようか、新しい物の買い換えようか迷っています。

銀塩カメラに時代は数年経ってもそんなに性能が進歩したということはありませんでしたが
電気製品であるデジカメになってからは、やはり7年と言う歳月はカメラの性能は格段に進歩しています。

新製品は、いいなーと思うと所は、
ISO感度が高く設定できる、ピント合わせが早い、連写が出来る、
カメラ本体とレンズが防水仕様になっている。

ところで「カメラ選び」を考えてみた時に、カメラの「階級制度」と言うものが存在していると思いませんか。
つまり、ある階級のカメラを持つことは、そのままその人の社会における階級を示しているわけです。
車に「いつかは××××」と言う宣伝コピーがあったように、所得に応じて乗る車が決まっているように、カメラも同じように考えている人が居ます。

カメラを選ぶときに「私は金持ちであるから」と周囲にアピールしたいからレンズ交換式の高級一眼レフのカメラを購入する人はいると思います。
こういう冗談があります、〇〇社のカメラを「貧乏人のカメラ」などと言う人が居ます。
また最近ベテランの先輩から聞いたのですが
「写真を志すなら●●社か××社のデジカメを買ったら」と。
わかるのです、その考えが・・・

高級な一眼レフタイプのデジカメを欲しがる人は「デジカメのマニアさん」でしょうね、
私もそうです。
レンズ交換式一眼レフをぶら下げていると何となく「ベテラン」に見えませんか。
しかしよく判らないで言うと先輩諸氏におしかりを受けそうですが、特殊なものを狙わない限りデジカメを
普通の生活の道具として使うのなら、どの会社の製品でも同じではないのかな。

そんなこんなで、半年たってもいまだに結論が出ません(笑)。



新橋駅前、SL広場です。

d0031171_19533863.jpg

by a7617 | 2012-12-28 09:15

二重橋 ライトアップ

近年皇居周辺では年末年始に「光都東京・ライトピア」や「丸の内イルミネーション」などが実施されてきて
おり,本年も改装なった東京駅丸の内駅舎のライトアップや丸の内イルミネーションが実施されています。
また,皇居外苑においても昨年3月以来LED照明による落ち着いた夜間景観が作られています。

こうした動きを踏まえ,皇居においても周辺景観と調和した年末年始にふさわしい佇まいにするため,
次のとおり,二重橋等のライトアップを行います。
実施期間 平成24年12月23日(日)から同25年1月6日(日)の15日間


宮内庁のホームページより

連日寒いね~~
寒さに負けずに、野次馬根性でここにも行ってきました。



和田蔵門噴水公園。

d0031171_11221490.jpg


噴水後ろの建物は新装なった、パレスホテルです。

d0031171_11224068.jpg


ライトアップされた富士見櫓ですが、こんな無様な写真でお恥ずかしい。

d0031171_1124142.jpg


言わずと知れた二重橋。
右奥にライトアップされた伏見櫓が見えます。

d0031171_11254051.jpg


馬場先門から見た、明治生命ビルですが、
現在の明治安田生命ビル。

d0031171_1127275.jpg


d0031171_11291587.jpg


馬場先門から見た日比谷掘です。

d0031171_11343399.jpg


ケヤキ通り。

d0031171_11313267.jpg


東京国際フォーラム

d0031171_11363257.jpg

by a7617 | 2012-12-26 10:48

東京ミチテラス 2012

テレビのニュウス、新聞を見てまた野次馬根性が出てきました、。

昨日(23日)物凄い人出で、放映は2回で中止になり今日24日は初めから中止
明日以降も未定だそうです。
群衆の中に入って、身の危険を感じるような人出でした。
見物人と通路の規制が全くできていない、警察官や
関係者の人数が少なく全く規制が取れていませんでした。
中止でよかったと思います。

d0031171_1030023.jpg


d0031171_10313223.jpg


d0031171_1032233.jpg


d0031171_10342946.jpg


動画がここに出ています。
by a7617 | 2012-12-24 10:33

東京タワー

寒い日が続いているが、頑張って夜景を見に行ってきました。
スカイツリーは人気スポットで人出も多いと思いますが、マイナーな東京タワー
すいていると思ったが、意外や意外、すごい人出でした。

展望台から表の建物を撮ってみましたが、ISO感度を上げても
シャッター速度が遅く、撮った写真の大半はブレブレでした。



芝の増上寺から見ました。

d0031171_10544236.jpg


d0031171_10554544.jpg


こう言う物も、夜見ると面白いですね。

d0031171_10582770.jpg


d0031171_10593926.jpg


d0031171_10594125.jpg


レインボーブリッジとお台場です。

d0031171_1103922.jpg


左側のビルは泉ガーデンタワーですが、右側の大きなビルは名前がわかりません。

d0031171_1115252.jpg


六本木ヒルズです。

d0031171_1194520.jpg


大きな運動公園。

d0031171_11202726.jpg


下から見ました。

d0031171_11182734.jpg


d0031171_11362.jpg

by a7617 | 2012-12-22 11:04

心中

以前心中についてここに書いた事が在る。
確か「那智の滝情死考」に係わる話だと記憶している。

心中と言う言葉は日本独自の言葉らしい、英語にはない言葉らしい。
聞いた話だが、イスラム圏には自殺がほとんどないと言う。
たまに自殺が出ると人が群がり寄ってくると言うが、本当だろうか。
キリスト圏にも心中は無いと記憶している。
強いて言うなら「相手の死を嘆き、後から自分も自殺する」と言う形だと思うが??


今回は男女の心中を取り上げた。
それにしても日本は昔から心中が多い。
心中と言う、愛し合った男女の死の遂行の美しい呼び名、その結果はと言えば。
浄瑠璃の話はさておいても私の聞いた話でも「坂田山心中」
これは仮埋葬の翌日に、火葬場の仕事人によって早々と女の死体が引きずり出され衣類がはがされ、
凌辱されると言う事件が起き、逮捕された被告人のこのような仕事、今は差別用語とされる
暗闇のような名称で呼ばれる。

更には「天城山心中」がる。
私が中学校時代だったから鮮明に記憶している。
こちらは腐乱死体に為ったり、汚辱にまみれる事もなかったが女性が旧満州国皇帝溥儀の姪で日本の
侯爵家出の母を持つところから好奇心にさらされるところとなった。
そして女の側は男からの無理心中だと主張している、名家にとってこの心中は忌み嫌われ
「ただ不慮の事故」に遭遇したしとして抹殺されたのである。

太宰治の「玉川上水の心中」も有名人の太宰はすぐに遺体は引き取られたが相手の女性の遺体は
水の中から引き揚げられたまま、玉川上水のそばにいつまでも置いておかれたと聞いた。
実話ではないが最近ベストセラーになった「失楽園」もやはり結末は「腐乱死体」である。

心中は愛の永遠を願う崇高な行為なのだろう。
しかしそれは生前での、はかない悲願に過ぎないのではないだろうか。
大勢の家族や、関係者に大きな悲しみと迷惑をかけ、死後には腐乱死体の異臭が漂い、死体を引きずり出されて凌辱され、または自殺ではない事故だと抹殺され、もう一つの死がそこに重ねられる。

良く、死んでしまえば何もわからなくなるとう言うが、皆本当にそう思っているのか疑問です。
皆様だって「私が死んだ後、〇〇の事が家族や友人に知られたら恥ずかし・・」と言う隠し事は
一つや二つ在りませんか。
心中によって「愛を完成」させられても死後の愛は汚辱にまみれているのです。



神代植物公園で見た「シモバシラ」です。
高尾山あたりから見れば、見劣りしますが見てやってください。

d0031171_11451016.jpg

by a7617 | 2012-12-21 11:22

終わらざる夏 浅田次郎 著

今次大戦末期、召集令状一枚で引っ張られた三人の男たちの物語である。
三人はアリュ―シャン列島の最北、ソ連との国境の占守島(シュムシュとう)に送られる。

一人目は45歳の洋書を翻訳する出版社の編集長で彼は万年筆より重い物は持ったことが無い。
愛する妻子とアメリカで暮らすことを夢見ていた片岡
二人目は「「鬼熊」の異名を持つ歴戦の勇士、軍曹である。
盛岡に年老いた母を残して後ろ髪引かれる思いで四度目の招集に応じた歴戦の兵、鬼熊。
しかし手の指を何本か失った傷痍軍人である。
三人目は医大を出たばかりの青年軍医である。
決して軍医になるためでなく人に尽くすために医学を志し帝大医学部に進んだ菊池。
この三人の任務は何か、任地に赴く途中にわかるが彼らはどうなるのか。

読み進むうちに我々は小説空間の中で悲惨な戦争の歴史を体験する。
最果ての島にたどり着くと、そこには思いもよらないことに無傷の精鋭戦車部隊が今や遅しと
決戦の時を待ちわびている。
このあたりの事情は陸軍がソ連との決戦に備えて精鋭戦車師団をこの島に送り込んだが、アメリカとの戦争が激しくなり、南方や本土に移動させたかったが輸送船が無くなったために、
移動できなかったと言う。
それゆえに、精鋭師団がそっくりこの島に置き去りにされたと言うわけです。

八月十五日に終戦(敗戦を言いくるめた)を迎える。
主人公の一人が家族への手紙に書く、「もう二度と戦争は起こるまい」、と。
しかし直後にソ連は不条理にも戦争を仕掛けてくる。
終ったはずの戦争がまた始まった。
彼らの運命はソ連兵の戦闘詳報と故国への手紙によって書き残されている。
このあたりで作者の言いたかったことが判ってくるのだ。
「平和と幸福を求める、敵味方の一庶民が誰一人として好まぬ戦争に駆り出され、まるで決まった
儀式のように死んで行く」

そういう極限の中にも希望はある。
戦時下の同胞としての、連帯感は島の女子挺身隊400人を無事に、本土に送り届ける。
本書の中には主人公、三人のそれぞれの家族、故郷、同僚、同級生、幼なじみ、等への思いが語られていて、感動しました。

そして作者は生き残った者に言わせています「死んだやつらになりかわって、これからの日本を
支えて行かなければならない」と。
この物語は過去と現在との間に共通する共同体(コミュニティ)へのかかわり、
日本人としての帰属意識を呼び起きこます。
いま私たちは平和な日本で、この物語の登場人物の、後裔として生かされています。
著者がこの物語に中で何を言いたかったのかは、読者の受け止め方にあると思います。

1945年8月15日、日本の無条件降伏後にも戦争が有った(仕掛けられた)ことを
思い出し、忘れないようにしたいと思いました。



d0031171_19422251.jpg


d0031171_19424513.jpg

by a7617 | 2012-12-19 19:35

ボレロ モーリス・ラヴェル

ゆっくり 聞いてください。

同一のリズムが続きますが、2種類のメロディーが
繰り返されるという特徴的な構成を有しています。
同じメロディが繰り返されるのに、なぜかひきつけられませんか。

貴方も
きっとこの曲が好きになりますよ。



by a7617 | 2012-12-17 23:13

エコプロダクツ2012

エコプロ2012を見学してきました。

見学してみた感想は「良くここまでこじつけるな」と思いました。
それと見学者、家族連れが多いね、確かに各社ともにエコという観点から
企業イメージを良くしようと努力しています。
その為に子供や主婦層にアピールしています。



会場にはこういう言葉であふれています。

d0031171_10303987.jpg


こんな風にクイズ形式の演出をして「わが社は環境保全に取り組んでいます」と、
そして簡単なお土産をくれます。

d0031171_109183.jpg


これは見ればわかるソーラーパネルですが、リヤカーに電池と一緒に組み込んでいますが
私はこの程度のアイデアを売りものにするかね~~と思いました。

d0031171_10114135.jpg


これは子供を相手にした「工作教室」です。
ソーラーカーの模型を作っています。
作ったものは持ち帰れます。

d0031171_10132446.jpg


各社とも美人のコンパニオンを置いています。
この方は良く判りませんが、私が展示会の仕事とをした経験から、
一流のコンパニオンは一時間当たり?万円くらい払います。
今度モーターショウや航空ショーを見学したら、一流企業の
コンパニオンをそういう目でよく見てください、納得しますよ。

d0031171_10144066.jpg


これは段ボールメーカーが展示していた段ボールを積み重ね、横からっ削って
画を書いたものです、縦が1メータ、横が2メータくらいの大きさです。
伊達正宗ですね。

d0031171_1021595.jpg


上の写真の馬の鼻先を拡大したものです。
縦に積み重なった段ボールがわかりますか。

d0031171_10232614.jpg


時計とエコ??なんだろうと思ってブースに入ってみたら、
そう言う事ね、納得。

d0031171_10314162.jpg


d0031171_1034565.jpg


パン屋さんのエコ??
何かと思ったら「パンの耳を捨てないで、ラスクにするのですって。
作ったラスクを試食させていました。

d0031171_10364246.jpg


アンケートやクイズに答えるとこんなものももらえます。
左はおみくじ付きティッシュで、右はチョコレートです。
他には、キャラクター人形、キーホルダー、ボウルペン、いろいろとくれます。

d0031171_10244888.jpg

by a7617 | 2012-12-16 10:04