日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

趣味

精神的に疲れた人に対して周りの人が良く、「気分転換に何か趣味を持ったらどうかな?」、
と言う事が良くある。
良く聞くのが「うつ状態」の人に趣味を持つことを進める医者もいると言う。
この事は一般論から言っても「趣味を持った方が良い」と事は周りから言われなくても判っているのである。
ところが精神的に「趣味を持つ余裕がない」のである。
ここで考えてみると趣味とは「持たなければならないもの」なのだろうか。
趣味を持ったからと言って金に結びつくものでもないし、持ったからと言って人から尊敬されるわけでもない。
生活上しなければならない仕事とは違うのであり、むしろ趣味とはお金と時間がかかるのである、
もっと言えば、生活そのものにプラスになるものではない。

趣味とは「好きだからやる」ものであり趣味とは「楽しいからやる」ものである。
好きになるとか楽しむと言う事は、ある人々にとっては何でもなく出来る事であるが、反面ある人にとってはこれほど難しい事はないのである。
精神的に疲れ切った人にとって趣味を持つことは仕事以上に大変なのである。

此処で考えてほしいのは物事を「楽しむ」ためには「精神的に元気で」なければならないのである。
悲しい事に人と言う者は、会社などである程度までの地位に就くと、仕事のおいても対人関係においても非現実的までに高すぎる水準を自分に課してしまう。
更に悲しい事に高すぎる水準に自分で気がついいていない事である。



月面から見た地球の出。

d0031171_19255994.jpg


d0031171_19262010.jpg


d0031171_19263656.jpg


d0031171_19265784.jpg

by a7617 | 2012-04-30 19:19

講演会

県立図書館での講演会を聞いてきました。
題名は「イグ・ノーベル賞受賞者が語る、香りが変える未来社会」

聴覚障害者の方が火災警報器の警報音が聞こえないことの対策として考え出された
「臭気による火災警報機」の発明の話でした。
臭いで睡眠から起床を促すための物質として「ワサビの刺激臭を開発」
臨床研究によって立証、火災時でも臭いが伝わる機器の開発をしました。

ワサビの臭いで危険を知らせることが世界中で評価され
「イグ・ノーベル賞」を受賞いたしました。
4月29日読売新聞朝刊
d0031171_19114316.jpg


表彰状を披露してくださいました。

d0031171_19131672.jpg


d0031171_191482.jpg


製品は214×80×52 それぞれmm 重さ 500gです。
価格は一式「五万円」です。

d0031171_19143215.jpg


金香石です。
チョコレートの香りがしました。
木の化石らしいです。

d0031171_1928660.jpg

by a7617 | 2012-04-29 18:41

布団

間もなく五月になろうとしています。
そろそろ、寒さを忘れる頃ですね。

寒い朝は、朝起きた時布団から出るのに勇気がいるね。
若い時は、「後五分」、「後三分」など言って布団の中で丸くなっていたものです。
そんなことも歳を取ったせいなのか、最近は目が覚めるとすぐに布団から出るようになった。
考えるのには「気温に鈍くなった」のかね。
ところでこのフトンと言う文字は「布団」と「蒲団」二つの文字があるね。
いろいろ調べてみると初めは「蒲団」でこれはガマ(蒲)の葉で編んで作ったからだと言う。
その後布で作ったために「布団」と言う字をあてるようになったと言うが、本当かなと言う気もする。
それから「布団」「蒲団」の「団」と言う文字
これは団子などと言うように「丸い」と言う意味である。
それならば敷き蒲団にしろ、座布団にしろ、何故四角なのかと言う疑問が残る。
良く見る時代劇で侍が座っているワラで編んだような座布団は丸いものがほとんどだ。
若いころ泊まったあるお寺の宿坊にあったワラ座布団も丸かったな。


歩道の飾りタイル、横浜の市街で見ました。

d0031171_18341234.jpg


d0031171_18343975.jpg

by a7617 | 2012-04-27 18:16

今日の一言

  浄玻璃の
  鏡の前に
  たつまでは
  秘めておきたし
  あの事この事


綺麗な櫻もあっという間に時期は過ぎてしまいましたね。
この写真は15日の昭和記念公園の桜です。


d0031171_2021866.jpg

by a7617 | 2012-04-26 19:56

自分勝手な人

最近「考えられないような自分勝手な人」をみた。
私の人生70年近くでこんな「自分勝手な人」を初めて見た。
こういう人もいるのかと、世間は広いと思い知らされた。

その人の雰囲気を見る限り大柄で豪放磊落な感じを受けるが全く心理状態は違う。
私の見たところは「恐ろしく神経症」的な人である。
自分が相手にしたことに気が付かないと怒るくせに、
自分が相手からどんなに世話になっているかには関心を払わない。
自分が得意になっている事を周りが誉めてくれないと膨れるくせに、
相手の事を自分が同じように誉めようとしたか、どうかを反省することもない。

自分がほめられたい「自分中心に周りが動いてくれない事は怪しからん」と言う事なのである。
それが自己中心な人なのである、
私や周りが、こういう「神経症」的な人に悩まされるのはこの事である。
こういう自己中心の人は組織はやそれを動かしている人の都合などはお構いなし。
自分の感情や都合によって周りが動くべきだと思っている。
この人のことを私の友人、親しい人は「馬鹿だから相手にするな」と言うが
「バカ」の一言で理解できるものだろうか。

こういう人を私なりに考えると「周囲の世界と心理的につながっていない」ために
他人の必要、都合と言う事が理解できないのである。
つまり自分の必要なことは現実であるが、他人の必要は現実でないのである。
自分の必要を実現させるために障害となる他人の必要はけしからんと言う事なのである。

例えば人がある問題で四苦八苦しているとき、その人にとっては大問題なのに、自分勝手の人は自分の問題でない限り全く関心を持たない、繰り返すが「周囲の世界と心理的につながっていない」のである。
こういう自己中心的な人は、自分が疲れているときは相手もつかれている事に関心を払わない。
困難を解決する責任は周りにあって自分にはないと思っている。
こういう自己中心的な人は「自分は例外である」と要求するのが特徴である。

普通の人は何かを得ようとする時に、それを得るための努力をする。
しかし自己中心の人は「自分にだけ何か上手い方法は無いかと思う」のである。
みなと同じものを欲しがるくせにみなと同じ努力はしない。
皆が二万円で買ったものは、自己中心の人は何とか裏から一万円で買える方法は無いかと期待する。
おそらくその自己中心的な人の性格であるからはいつまで行っても、自分の人生に対する考え方や、態度を改めることはしないだろう。



かえる饅頭
名古屋のお土産です。

d0031171_17333244.jpg

by a7617 | 2012-04-25 17:26

上野動物園

上野動物園に行ってきました。
いつ行っても面白いね。

檻の中にいるとは言いながら写真に撮るのは難しい。
檻の金棒や、ガラスが映りこんで難しいです。



d0031171_2039418.jpg



d0031171_20394236.jpg



d0031171_20401380.jpg


シラガサイチョウ

d0031171_20403625.jpg



アンデス岩鳥


d0031171_20503611.jpg



アカショウビン


d0031171_2051644.jpg



d0031171_2041247.jpg



d0031171_20412911.jpg



d0031171_20421237.jpg



フラミンゴ。
餌に赤い色素を混ぜるとこのような綺麗な紅色になるそうです。


d0031171_20541358.jpg



動物園を見終わって出口を出てら「なんだこれは」という木がありました。
そばによってよく見たら、作り物でした。
不忍池に来る野鳥の留まり木でした、驚きました。


d0031171_20425570.jpg

by a7617 | 2012-04-24 20:43

OB会

今年も恒例のOB会に出席してきました。
出席者、総勢335名。
相変わらずすごい人数です。
昨年の物故者6名で、あの方もお亡くなりになったかとまた思いを深くした。
総会の後に、記念写真撮影後懇親会。
一年ぶりになつかしい顔ぶれを拝見しました。
お互いにまた来年も元気にお会いできますように。


横濱工場長のあいさつ。

d0031171_17561771.jpg


停電対策で新設されたガスタービン発電機の説明1台5750KWで、この型が3台あります。
震災直後にはマスコミの取材もずいぶんありました。

d0031171_1757918.jpg


こんな賞もいただいたそうです。
後輩の皆さん努力した甲斐があったね。

d0031171_1801294.jpg


記念撮影、シニアの集団ですから大騒ぎです。

d0031171_181455.jpg


皆さん、良く飲み、良く食べました。

d0031171_1823157.jpg

by a7617 | 2012-04-23 17:47

ニオイとクサイ

最近友人と野菜に季節感がなくなったねと言う話をした。
確かに野菜や果物に季節感がなくなった。
真冬にトマトやキュウリが店頭に並んでいる。
みかんが夏の終わり、イチゴも初秋に店頭に並ぶような有様。
それと同時にキュウリにはキュウリ特有の臭みが薄れた様な気がするし、トマトもあの強烈な青臭さが無くなったように感じる。

ニオイと言うものはそのものの特性を表す大きな要素だと思う。
人間でいえば、幼児、子供、青年、老人それぞれ独特のにおいがある。
良く言う「乳臭い」とか「年よりくさい」というニオイだ。

くさいと言う言い方にはにおいとは関係なく使われることも多い
「彼はバタくさい男だ」など言うが言うまでもなく西洋かぶれを言う。
また未熟だと言う場合「青くさい」と言う言い方もする。
この青くさいも、バタくさいも元々は嗅覚を刺激する場合に言ったのであろうが
それを「バタ臭い男」とか「青臭い議論」のように比喩的に使うようになったのであろう。
元々クサイは嗅覚、鼻に嫌な感じを起せるものを言い表した言葉だ。
だから「くさい物に蓋をする」などの諺ができた。
クサイは嫌な感じを起させることだから、それぞれの個性を表すように使う事もある。
てれくさい、馬鹿くさい、胡散くさい、やぼくさい、田舎くさい。古くさい等があり

それぞれの語を強めた言い方でしょう。
それに対して「素人くさい」「学者くさい」「教師くさい」などのクサイがある。
これらはそれらしいと言う意味だろうが、どちらかと言えばくさす意味でつかわれる。
「どうもあの男のそぶりがクサイ」などはこの場合は疑わしい、怪しいと言う意味だ。
また「梅の花がいいにおいがする」と言うように心地よい意味にも使われる。
本居宣長の歌に
「敷島の大和心を人問はば
朝日に匂う山櫻花」とか「匂うばかりの美しさ」と言うように、その場の美しさの情景を強調する場合にも匂いが使われる


花きゃべつ、でしょうか、ハボタンでしょうか、
暖かくなってトウがたっていました。


d0031171_8141337.jpg

by a7617 | 2012-04-22 08:05

昭和記念公園

大雨の翌日、快晴の日に昭和記念公園に行ってきました。
入場無料日と日曜が重なり物凄い人出でしたが中は広く
それなりに楽しんできました。
お世話していただいた皆さん有り難う。


桜が満開です、人出もすごい。

d0031171_22322248.jpg


アルメニアカムと言う名前だそうです。
名まえ札が付いていました。

d0031171_22332599.jpg



d0031171_22344943.jpg


馬酔木の花もきれいに咲いておりました。

d0031171_22352551.jpg



d0031171_22355887.jpg


公園内のいたるところに、名前は判りませんがこの椿が咲いていました。

d0031171_22404390.jpg


これもさくらでしょうね。

d0031171_22421266.jpg

by a7617 | 2012-04-21 22:36

   一言

人間の能力はそれが属している社会の質に影響される
     ─ 司馬 遼太郎 ─
    (『人間の集団について』)

全くこの通りですね、どんな集団に属するかで
その人の人格まで決まられてしまうものね。


西新井大師のボタン櫻。


d0031171_20413049.jpg

by a7617 | 2012-04-19 20:33