日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

玉鹿石

三鷹に行ってきた。
三鷹と言えば皆さんは何を思い出しますか。
私は「三鷹事件」を思い出します。
それはそれとして三鷹と言えば太宰治ではありませんか。
この有名な作家が愛人「山崎富栄」と心中したところが三鷹ですね。

太宰治自殺ここに出ています。
三鷹駅から井の頭公園に向かって遊歩道を歩くと玉川上水にぶつかり少し行くと
途中に入水地点を示す石がある。
ごつごつした大きな赤い自然石がベンチの脇にポツンと置いてあり隣に「玉鹿石(ギョッカセキ)
青森県津軽群金木町産」と書かれたプレートが設置されている。
金木町は(現・五所川原市)は太宰の故郷である。
まさか「心中記念の碑」などと書けるはずもないので石やプレートには何の説明もないがこの石が
入水した地点を示していると言う。
車道を渡り反対側の、玉川上水を見てみるとするとどうだ、水量はチョロチョロとしか流れていない。
当時玉川上水は、人喰川と呼ばれるだけあって水量豊かな激流だったと言う。
今は田圃の脇の小川のようだ。また駅から意外と近いのにも驚かされた(駅から5分)。
「こんな駅前のようなところで心中したのか・・・・・」
ガイドの説明によれば
太宰と富栄がどのような形で心中したかは、良くわかっていない。
検視に立ち会った友人の「山岸外史」は富栄は水中で苦悶して死んだ人間の形相をしていたが
太宰は穏やかな死に顔だった、と。
この事から青酸カリを飲んで死んだ太宰を富栄が土手まで引きずり入水したと言う説があるが
どうかな。


これが「玉鹿石」周りに人がいるので大きさがわかりますね。
写真で見るより実物はもっと赤かった気がする。

d0031171_1851124.jpg


道路を渡った向こう側がフェンスの中が玉川上水です。

d0031171_1853092.jpg


三鷹は太宰ファンが大勢押しかけてきます、こんなものまであります。
ここは太宰治がよく酒を買いに行った酒屋「伊勢元」のあと地です。

d0031171_18542562.jpg


中の様子です。

d0031171_18563116.jpg

by a7617 | 2011-04-27 18:48

いい言葉

世界には苦しみがあふれているが、
   苦しみを克服した人たちも同じくらいたくさんいます
 
─ ヘレン・ケラー ─
       (アメリカ社会福祉事業家)

変に、横文字を使わずに平易な歌詞がいいですね。
つらかったあの頃、この歌を聞くと「もうすぐ春だ」と思い
頑張るぞと励まされました。




by a7617 | 2011-04-26 05:59

友達

友達ができなくて寂しいという話を聞く。
友達を作るには「コツ」などない。
友を求める二人の幸運な出逢いから始まる。
つまりは友達がいなくて寂しいと思う心の渇きである。
ここが非常に大事なところである。
心が寂しいと言う、肌寒いと言う心境を味わったことのない人間は
精神活動が鈍くて活気が乏しい。
私の考えるには
人間は適度に寂しがり屋のほうが感情に湿りけがあって人に好かれるのではないかな。
そして第二は誰かを喜ばせることを好む性格であろう。
友人が喜ぶのを見て自分の楽しみとする心躍りは、まさに宝である。
この二つの条件?が満たせればおのずと友達になれるのである、と
私は思っています。


こんなニュースを見ました。



驚きました、大森で見ました。

d0031171_1017149.jpg

by a7617 | 2011-04-24 10:12

ペットブーム

大変なペットブームだ。
正確には知らないが犬の数のほうが子供の数より多いと聞いた。
この場合の子供とは10歳以下の事らしいが正確には判らない。
なんでも犬の数が1200万頭とか、まーあっちでもこっちでも「犬と猫」で大騒ぎ。
医者だ、ペットフードだ、なんだかんだと。
私も以前犬を飼ったことがあるが確かに動物は精神を癒してくれる。
それはいいのだがあまりべたべたとのめり込んだようにペットを可愛がる風潮はどうもと言う感じを受ける。
最近知り合いのかわいがって居た猫が死んだ。
これが私から見ると誠に滑稽。
先ず病気になった時に心配のあまり「円形脱毛症」になった。
良くわからない話だが乳癌だそうだ、結局安楽死をさせたと言う。
その嘆き方は尋常ではない(ように見えた)
そして葬儀、ペット霊園に埋葬、先日「法事」をやったと言う。
確かに家族の一員だと言う気持ちは理解できるが、犬や猫は飼い主が自分本位に愛することができる。
確かに犬や猫にも感情や意志は在るだろうけれど、人間のほうが絶対に複雑で有利である。
ペットの気持ちを理解斟酌すると言っても所詮飼い主の都合である。
極端に言えば飼い主と言う絶対者が動物に授ける慈悲と、相手が人間に対する対等な愛情、思いやりとは違うと思う。

犬用の傘ここに出ています。
by a7617 | 2011-04-21 17:51

もう沢山だ

皆さん昨日の交通事故のニュースを見ましたか。
登校の児童の列にクレーン車が突っ込み5人の児童が亡くなりました。
以下読売新聞のニュースからです。

栃木県鹿沼市樅山町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原小学校の児童の列に12トンクレーン車が突っ込み、児童5人が死亡した事故で、重傷だった同市上殿町、6年生の熊野愛斗君(11)が収容先の病院で午後死亡した、原因は外傷性ショック死。
捜査関係者によると、鹿沼署に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)は「居眠りをしていた」と供述。「ドンと何かにぶつかったのは覚えているが、人をはねたかは覚えていない」とも話しているという。柴田容疑者は、午前7時40分に勤務先の建設会社を出て600メートルほど走ったところだった。学校まで200メートルだった。


私にも11歳の男の孫が居ます、このニュースを新聞で見た時、はらわたが煮えくり返るほどの
怒りを覚えた。
ワザと遣ったことではなかろうが「御免なさいでで済むことか」。
この児童たちは両親の希望の星であったろう。
将来どんな総理大臣になったか、ノーベル賞を受賞するか、そこまで行かなくても、幸せに生きることができた人生を奪われて。
ご両親さま、祖父母、関係者の悲しみ、怒りは想像するだに、あまりある。

私たちは連日のように被災地からの届く映像や記事を読んで、見て、毎日涙を流している。
さらには余震や放射能の不安で心が揺れ動いているときにこの哀しい事件はどういう事だ。
気持ちを落ち着けて事故や怪我は絶対に起こさないでほしい。




d0031171_1703318.jpg

by a7617 | 2011-04-19 16:54

ぼうず丸もうけのカラクリ 現役のお坊さん ショーエンK 著

このタイトルだけを見るとちょっときつい感じがするが中身はユーモアにあふれ、バランスよく書かれている。
お寺の業界と言うのは教えや歴史はいくらでも賞賛できるし、逆にいかにアクドイ儲け方をしているかを書くこともできる。
現役の住職である著者はできるだけこの世界を中立の立場で書いている事を評価したい。
この業界が、料理屋・仏壇や・石屋・からの紹介料があること。
想像はついたが、法人税・消費税・不動産取得税・は一切かからず
たまたまの収入も非課税になると言う。この業界全体の仕組みが良くわかる。
現在税金対策のために宗教法人の不正売買が問題になっているがその背景にはそうした課税面の優遇があるからでしょう。
また一方では年中無休、檀家からの目を気にする苦労もリアルに語られている。
著者は住職の仕事をしながら会計事務所で働いていた経験から、経営比較の観点からの記述も多い。
例えば「お布施は即日現金一括払い」出入金されるから資金繰りには困らないし、
原価はもちろんゼロ。
「嘘八百倍のぼうず丸もうけ」とはよく言ったもの。

一例がこのくだり
63ページ
粗利97%のぼったくり
お寺にお参り行くと本堂の前にろうそくを立てる「献灯台」があるのを見た事が在る方多いのではないでしょうか。たとえば「献灯台」にある「ロウソク」一本100円と書かれていたりします。
目の前の箱に100円いれてからロソクに火をつけて「献灯台」の中に立てて手を合わせます。
さて、このロウソクの原価はご存知ですか?
地元のホームセンターなどに行くと同じ大きさのロウソクが売っています。
御特用サイズをえらぶと一本当たり「3円」ぐらいで買う事が出来るんですね。
もうけは97円です。この儲けには税金がかからない。
しかし3円のロウソクを4円で売ったらその儲け1円には税金がかかります。
つまり「宗教行為のぼったくりには税金をかけない」と言うのが今の日本・・・途中略
お寺の収益事業には税金がかかるが普通の商売と競争にならないような「多額の利益」が発生しているものには「そこにはきっと宗教的価値がある!」と言う事が認められて、税金がかからないのです。
日本では「宗教活動には税金をかけない」のです。
「少ない利益であれば税金はかかる!」のに、
「思いっきり、ぼったくれば税金がかからない!」という不思議な現象ですよね。
と言っています。

d0031171_17495999.jpg

by a7617 | 2011-04-18 17:45

まさか

人間はつねに「まさか」とバカにしたことに
後で苦しめられるものだ。
    ─ 植村 直己 
(『北極点グリーンランド単独行』)

しかし、この植村さんも遭難して御遺体も出てこなかったね。


この報道、その後どうなったか全くわかりません。
年齢、性別、一般住民か、原発関連の作業員か、まったく報道されません。
続報を私が見落としていたかな。

d0031171_9535197.jpg

by a7617 | 2011-04-16 09:44

首都圏の繁栄

あの大震災発生から早くも一か月以上たちました。
多くの亡くなられた方々、まだ見つけ出せない行方不明の方々。
想定外とはいえ原子力発電所の大事故、そして頼みの大堤防は津浪を防げなかった。
ほんとに悲しい出来事が起こってしまった。

以前、羽田空港を見学に行った時、モノレールで羽田まで向かいました。
その車中、窓から東京のビル群を眺めながら先輩のYさんと雑談していた。
東京のこの巨大さ、凄いものだねと言う話になった時に先輩のYさん曰く
「しかしこの東京に畑や田圃が無いんだよね」と。
その時は何気なく聞き流していたがこの大震災でようやく気が付いたと言うより思い知らされた。
我々住んでいる首都圏の繁栄は東北地方によってもたらされていた事に。
我々が湯水のように使っていたあの豊かな電力は福島の原子力発電所に支えられていたし。
魚や海産物資源、北関東の農家から来た野菜と果物、または牛乳や加工乳製品の数々を。
日本に限らないとは思うが国と言う物はどの地域でも単独には存在できない。
それぞれが持ちつ持たれつの関係にあることをこれほど印象つけられたことはなかったと思う。
こういう言い方は被害にあった方や亡くなった方には申し訳ないが、
日本国民はこの震災をきっかけにして考え方を変えねばと思う。
私たちに被災者や原発事故で避難している方々を助けられる手段はない物だろうか。
資源の無い国がどうやって生きて行けばいいか、みんなで考えたらと思う。
この苦難を国民全体の事として、日本と言う国の在り方を問い直すいい機会です。
国民が一丸となって、立派な国に立て直さなければ死んだ者は浮かばれません。
私の個人的な意見ですが3割生活レベルを下げてもいいから「原子力発電所」はいらない。


d0031171_16214372.jpg

by a7617 | 2011-04-14 16:16

耐える以外に道は無い

身内の人が死ぬ。
重い病気になったり、体に障害を負ったり・・・・・
人生には予測困難な災難が突然降りかかってくる。
地震、事故、自分の責任ではなく何時そのような災難に出あうか分からない。
特に愛する人との死別など、周りがどんなに多くの言葉をついやし
慰めても心を癒すにはあまりにも距離がありすぎる。
しかし、そのことに耐えに耐え時間が過ぎるのをまつより方法が無いのだろうか。
人は、順繰りにこのようなことを経験しながら生きていくのであろう。
物知りの説教など聴きたくない.

砧公園の桜とれんぎょう。

d0031171_9395726.jpg


d0031171_941253.jpg


d0031171_9422229.jpg


d0031171_9432616.jpg

by a7617 | 2011-04-12 09:24

自分の顔に責任を持て

美しい若人は自然のいたずらです。
   しかしながら、美しい老人は人間の努力です。
 ─ エレノア・ルーズヴェルト ─
   (アメリカ婦人運動家)

 顔は二十歳までは親の責任
     四十過ぎたら自分の責任





d0031171_8534122.jpg

by a7617 | 2011-04-09 08:50