日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

無学・無知

上級学校を出ていない。
だから無学である、これは当たり前の事。
しかし、無学であると言う事が無知だと言う事ではない。
昔、学歴不要論を言った大手企業の経営者が居ました。
その方は「学歴は不要だが、学力は必要」と補足した記憶がある。
無学イコール無知と早合点する人がよくいる。
私などもその口である。しかしそうだろうか、
学校を出なくても真面目に立派に人生を生きている人はたくさんいる。
無学でもずっと生きる知恵は身に着けている人は多い、私などそういう人にどれくらい
教え、助けていただいたことだろうか。
もう一歩進めて人間の価値とはどのように評価するのだろうか。



 兄弟の靴
d0031171_1873960.jpg

by a7617 | 2011-01-31 18:02

朱鷺が脚気に

今日の朝刊を見ていて、う~~~んと思った。
佐渡にいる朱鷺が脚気になったと。
読んでみたらこれが面白い話「好物のドジョウばかり食べたために栄養が偏った」ためと。
考えてみると、動物は好きなものしか食わないだろうから栄養が偏らないのかしらね。

よみうりニュースより

佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(新潟県佐渡市)のトキ2羽にビタミンB1不足による異常行動が見られ、26日の専門家会合で対応策が話し合われた。
好物のドジョウばかり食べたのが原因で、人の脚気(かっけ)に似た症状が出た。
ビタミン注射で回復した。会合で「薬を注射するのは、本来のあり方ではない。
対策を考えるべきだ」などの意見が出された。
3月の放鳥に向け訓練中の0歳の雄が12日、真上に飛び上がって
落ちたりするなどの行動を繰り返した。24日には4歳の雄が一時、池でおぼれた。
センターによると、ドジョウにビタミンB1を壊す酵素チアミナーゼが含まれ、食べ過ぎるとビタミンB1不足で神経伝達に異常を起こすことがあるという。過去に4羽で確認されている。

(2011年1月26日21時53分 読売新聞)




こんな珍しい苗字があるのですね。
お宅の表札です。

d0031171_20335359.jpg

by a7617 | 2011-01-27 20:27

長谷寺と大仏

相も変わらずに同じところに行ってきました。
長谷寺と大仏は大勢の人でにぎわっていましたし、



蝋梅が綺麗に咲きだしていました。

d0031171_2155966.jpg




長谷寺の展望台、食事をするにはいいところです。
ここも外人観光客でいっぱいでした。

d0031171_21552739.jpg




長谷寺の本堂、鉄筋の建物です。

d0031171_21555999.jpg




長谷寺の「和み漢音」です

d0031171_2157145.jpg



オバマ大統領が食べたといわれる「抹茶アイス」が大人気。

d0031171_21573722.jpg



大仏は東洋人の観光客で大騒ぎ。

d0031171_22194135.jpg



大仏は傷みがかなり激しく見られました。
将来崩れやしないか心配ですね。

d0031171_21575978.jpg

by a7617 | 2011-01-26 22:13

JAL安全啓発センター

以前から行きたいと思っていたJAL安全啓発センターに行ってきました。

日本航空 123便 墜落事故を風化させないという思いでこの
安全啓発センターを作った日本航空の姿勢は評価したい。

入口です、ここで集合写真を撮らせていただきました。

d0031171_16492329.jpg


センター内は撮影禁止ですので以下の動画を見てください。
また私が何かを言うよりこの動画を見た方が良く判ります。
イロイロの展示品がありましたが中でも、遺書を見てショックを受けました。

説明によれば多くの航空機事故は離着陸のときに発生するため、
遺書を書く暇はおろか、死を覚悟する時間もなかったでしょうがこの事故は
死を覚悟し、遺書を残す方が居たということから、いかに稀な事故だったかが想像できます。
想像であるが、多くのビジネスマンが乗っていました。
手帳と筆記用具は胸ポケットに入れていた方もたくさんいたとおもう。
しかし、あの事故の様子を見ると書いた遺書の大半は粉々になってしまったでしょうね。
一緒に行った仲間が「涙で読むことが出来なかった」と言ってましたが、
私も以下の52歳の男性の遺書を読んで涙が流れてたまりませんでした(大の男が恥ずかし)


  マリコ
  津慶
  千代子
  どうか仲良くがんばってママをたすけて下さい。
  パパは本当に残念だ きっと助かるまい
  原因は分らない
  今5分たった
  もう飛行機には乗りたくない
  どうか神様たすけて下さい

  きのうみんなと食事したのが最后とは
  何か機内で爆発したような形で煙が出て降下しだした
  どこえどうなるのか
  津慶しっかりたのんだぞ

  ママこんな事になるとは残念だ
  さようなら
  子供達のことをよろしくたのむ
  今6時半だ
  飛行機はまわりながら急速に降下中だ
  本当に今迄は幸せな人生だったと感謝している




by a7617 | 2011-01-25 16:48

三回忌 法要

母方の叔父さんの法事に行ってきました。
この時期の新潟は雪があり、寒さも厳しくあまり気乗りがしませんでしたが、
行ってみればそれなりになつかしい人に会い、昔の話で盛り上がりました。


上越新幹線の大宮を過ぎてもまだ富士山は見えるのですね、驚きました。
d0031171_17392295.jpg



高崎駅からは髙﨑観音が、はるか彼方にみえます。在来線の時はすぐまじかに見えました。
d0031171_1740543.jpg


新幹線の「燕三条」駅です。
ちなみに北陸自動車道のインタチェンジは「三条燕」と言いますが新幹線と高速道路ができたときに三条市と燕市がお互いに自分の市の名前を付けることに
こだわって、もめたそうですが結局は「燕三条」「三条燕」にしたといいます。

d0031171_17423366.jpg


燕三条駅構内にある有名な鳥居の模型です.
地元では田中角栄が寄付をしたといいますが定かではありません。
d0031171_17495894.jpg


d0031171_1751688.jpg


法要の準備ができました。
左側の仏壇は今日の法要のために作ります。
浄土真宗ですから正面にご本尊が安置されます。
当然このご本尊はご住職が持ってきてここにかけます。
法要はお祝い事ですから蝋燭は赤いものを使います。
当然お葬式の時には蝋燭は白いものを使います。
それにしても右側の仏壇は立派ですね。
d0031171_17561695.jpg


お経はおおよそ中休みを入れて1時間20分ほどあげます。
この時間正座をしているのは、かなり厳しいですよ。
お経が終わるとお住職のお話を聞いて終わります。
そして料理屋のマイクロバスで宴会場に行きます。
写真は宴会場で出た料理です。
全員と言っていいほど料理にはほとんど手付けません。
味噌汁とごはん漬物で食事を済ませます。
後ははすべて折に詰めて持って帰ります。

なお、日本で鮭の消費量は新潟県人が一番だそうです。

この料理のほかにお土産に菓子折り、お赤飯、ハムの詰め合わせ。
が付きますが私のように遠くから来たものは持って帰るだけでも一苦労です。

d0031171_18121836.jpg


てっきり酒だと思ったら塩辛だった。

d0031171_1817548.jpg


d0031171_18175047.jpg

by a7617 | 2011-01-24 17:46

成田山・新勝寺

成田山新勝寺に行ってきました。
少しはいいことが起きるかな。
特別展示をやっていました、見学料は無料です。



参道は大勢の参拝客で大賑わいです。
ウナギ屋の看板が目立ちます。
d0031171_15105763.jpg


いろいろな店を眺めていると直に「総門」に着きます。
d0031171_15122181.jpg


総門を入って土産物屋の前を進むと重要文化財の「仁王門」です。
この大提灯に書いてある文字は「うおがし」と書いてあります。
魚河岸の奉納提灯です。
d0031171_15141378.jpg


仁王門を過ぎて急な階段を登ります。

d0031171_15193026.jpg


金ぴかの狛犬がいました、さすがは成田山狛犬まで立派ですね。

d0031171_1520375.jpg


階段を上ると大本堂の前の広場に出ます。
d0031171_15214076.jpg


大本堂脇にある鐘楼、一切経堂と重要文化財で一枚垂木で有名な「三重塔」です。

d0031171_15234845.jpg


d0031171_15244650.jpg



左の大きな建物が重要文化財の「釈迦堂」で、右手に見える建物が「額堂」と
「光明堂」その先の塔の先端が見えるのが「平和大塔」です。
d0031171_15284078.jpg


帰りにウナギをさばいている店があり食べて帰りました。
d0031171_15334693.jpg


ウナギが嫌い、食べられない人初めて見ました。

d0031171_1535326.jpg


まだまだ、見学したところはたくさんありますが、画が多く冗長になりますので
これくらいにしました。

いずれにしてもたくさんの見どころのあるお寺だと思います。
また、歌舞伎の団十郎さんと縁が深く今回の 「成田屋・江戸人と成田不動展」
無料ですがかなり見ごたえがありました。
by a7617 | 2011-01-24 15:35

吾妻山 梅沢海岸散策

富士山と菜の花が綺麗と言われる「吾妻山」    「梅沢海岸」の散策に行ってみました。
当日はこの時期にしては、穏やかな暖かい日でした。

二宮駅です。
小説「ガラスのうさぎで」有名です。当時の駅舎は1985年に新しく建て替えられこのように立派になりました。
一部に戦時中の機銃掃射の跡が残っているそうですが見落としました。

d0031171_1351162.jpg


商店街は静かでした。
d0031171_13513992.jpg


このあたりの特産品でしょうか。
d0031171_1352920.jpg


ここから登り口になります。
d0031171_13522715.jpg


こんな道を上っていきました。
d0031171_13524966.jpg


もう少しで吾妻山の展望台です、丹沢の大山が見えてきました。
d0031171_13534860.jpg


水仙も満開でした。
とても良い香りでした。
d0031171_1414410.jpg



待望の富士山もこんなによく見えました。
d0031171_14152617.jpg


期待通り菜の花も満開でした。
d0031171_14161348.jpg


菜の花と富士山、これが見たかったんですよ。
d0031171_1417255.jpg


貫けるような青空でした。
今日の皆さんは運の良い方でしたね。
この写真は色加工はしていません、念のため。
d0031171_14363646.jpg


空にはトンビが餌を狙っておりました。
d0031171_1418028.jpg


さあ、景色は十分に楽しみました。
腹ごしらえも済みました、海を見ながら下りましょう。
d0031171_1431093.jpg


こんな急な道を下って行きました。
d0031171_14331286.jpg


さらに、満開の梅。
d0031171_14343797.jpg



梅沢海岸です、釣り人がいてカレイが釣れていました。
こんなところで現役時代の同僚に会いましたびっくりしました。
世間は狭いね。
d0031171_14374988.jpg


二宮駅に向かう国道沿いにこんな名前の店がありました。
根性がありますね~~
d0031171_1440423.jpg


二宮駅前の「ガラスのうさぎ」の慰霊碑と銅像です。
皆でコーヒーを飲んで16時51分の東海道線で帰りました。
楽しかった一日でした。


d0031171_15112559.jpg

by a7617 | 2011-01-20 13:33

本を読んで「軍艦島」

この本を図書館から受け取って うーんと思った。
上下 二巻でそれぞれ480ページもあるのである。
借りてしまったから読むかと読み始めた。

この軍艦島は最近また有名になってきましたね。
以前は立ち入り禁止でしたが、今は一部分が公開されています。

話は
太平洋戦争の末期 朝鮮から強制的につれてこられて軍艦島「三菱鉱業株式会社
端島炭鉱」にて強制労働させられた若者の話です。
劣悪な環境 仲間の死亡事故、日本人の虐待による死亡。
脱走、日本人による救助、長崎の被爆等々。


Wikipediaから
大正期から朝鮮人労働者が増え、第二次世界大戦中には徴用と吉田飯場(朝鮮人の吉田が経営する飯場)を合わせて500人から600人ほど、自由渡航で来た所帯持ちの朝鮮人労働者も80人ほど働いていた。中国人労働者も、1944年(昭和19年)に204人が徴用されてきた。朝鮮人や中国人に限らず日本人にも言えることだが、給料や食事、休日などの虚偽の好条件で騙されてやってきた労働者が多く、劣悪な環境下での作業で事故死・病死も多発し、「島抜け」(泳いで島を脱出すること)や自殺をする者も少なくなかった。ただし、実際に「島抜け」が成功した例は少なく、大半は溺死するか、監視する職員に捕まり殺された。労働者、特に朝鮮人・中国人の徴用者は、端島や高島を「監獄島」と呼んだ。端島炭鉱から後に長崎市内の造船所へと移された朝鮮人労働者によると、同じ三菱の経営ながら造船所と端島炭鉱の待遇の差は「天と地の差」であったという。朝鮮人と中国人が手を組んで日本人に抵抗しないよう、朝鮮人は端島の北端、中国人は端島の南端の寮にそれぞれ収容され、作業現場も交代時間も重ならないようにされた。


なお、長崎、広島には当時の連合国軍の捕虜、数百人が居て、ともども原子爆弾に
在っています。

著者は日本に長期取材をした折に日本人の律義さ、親切な心に触れ「日本人を見直した」と、語っていました
そして戦争の被害は朝鮮人だけでなく日本の大勢の若者も被害者であったと語っています。

第二巻 410ページ 
「死ぬんだー」
「助けてくれー」
わめきながら朝鮮人が三人、バラバラと飛び出してきた。彼らはどこを怪我しているのか
定かではないほど、全身黒焦げだった。人間ではなくまるで黒い炭の塊だった。
三人はわあわあ奇声をあげて跳ねたりごろごろ、転がったりよろけたりした。
そして一人ずつ地面に倒れていった。
東神(韓国人主人公)がさらに煙の中を進むと、道端に手足を奇妙に折り曲げて死んでいる母親がいて、赤ん坊がその乳を吸っていた。
ガラスの破片が背中いっぱいに突き刺さった母親が、顔を火傷した息子の手を引いてどこに行くのかふらふら歩いている。
ああ、これはいったい何だ。東神は天仰ぎ崩れるように膝をついた。
東神の顔半分も焼けただれて血がこびりついていた。

此の,長崎の被爆直後の描写はすさまじく気の弱い方はよまないほうが良いでしょう。

d0031171_19443121.jpg



d0031171_1945898.jpg

by a7617 | 2011-01-19 19:41

諦め

私たちは多かれ少なかれ毎日、何かを諦めて生きている。
私たちは、毎日いろいろなことに折り合いをつける。
そして人生の様々な分岐点でたくさんのことを諦め、生きている。
子供のころ蒸気機関車の運転手になりたかった。
プロスポーツ選手になりたかったこと。
科学者になりたかったこと。
大人になっては、会社を辞めて起業して独立してみたかったこと。
人によって様々な夢や目標を諦める。
しかし、諦めにも2種類ある。
1つは物理的に不可能なことによる諦める。
プロスポーツ選手を夢見ても体格や才能に恵まれなければ実際になるのは難しい。
その一方で本当はやればできたのに自分に言い訳をしてしまった諦めもあるかもしれない。
ちょっと決断すればできるのにいつまでもずるずる引き延ばしてしまうようなことだ。
そして、このもう1つの諦めが僕たちのセルフイメージを貶める。
しかし中にはスキルや経験を十分に持っていなくても
何があっても諦めずに歯をくいしばってそれを乗り越えていく人もいる。
そんな人と私のように簡単に諦めてしまう人との違いとは?


d0031171_17183232.jpg

by a7617 | 2011-01-17 17:18

思い出迷子  

この方最近見ないけれど、歌は上手だったね。







油絵
d0031171_15395438.jpg

by a7617 | 2011-01-16 15:27