日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

猿橋

せっかく四方津まで行ったのですから「猿橋」を見に行こうと、言う事に為りました。
大昔、50年ほど前に中央線、猿橋駅に着くと列車から猿橋が見えました。
昔の中央線はどのあたりを通っていたのか探しましたが、まったく線路跡は民家かになっていたり
国道の下になっていたりで、皆目見当が付きませんでした。

猿橋には初めて行ったのですが、とても美しく、名勝にふさわしい場所です。
我々が行ったときは紅葉に時期にはまだやや早く、
これからは紅葉が始まれば、更に美しさを増すでしょう。

d0031171_15185014.jpg



ところで皆さんは
日本三奇矯をご存じでしょうか?そのうちのひとつが大月市にある「猿橋」という事は知っていても、他の2つを答えられる人は意外に少ないと思われます。
私は「天橋立」と言って皆の失笑を買いました、あれは橋ではありませんでした、恥ずかしい。
実はいくつかの説があるようですが、猿橋と「岩国の錦帯橋」は当選確実として、残りの一枠を
「瀬田の唐橋」「日光の神橋」「徳島のかずら橋等が我こそは三奇矯と言っています。


橋の上から下を見ました、桂川の渓流です。
たかいね~~
d0031171_15514426.jpg


桂川、展望台から見た景色。
中央高速道路の向こうは「岩殿山」です。
岩殿山にも行くつもりです。

d0031171_15551054.jpg


猿橋の隣にある八つ沢発電所 一号水路橋です。

d0031171_1621493.jpg


大黒屋旅館と名物の忠治(1100円)ソバですかなり有名らしい。
黒い丸いものは「馬肉の竜田揚げ」です。

ホームページより
大黒屋は、国定忠治の常宿であった。
『赤城の山も今宵かぎり・・・・』の名台詞で知られる国定忠治。
最後の山発ちをした国定忠治は、中山道から甲州街道へ、そして
ここ猿橋の当時旅館だった大黒屋にしばらく逗留したといいます。
国定忠治とは、渡世人でしたが、自分の資財を投げ打って縄張り
の農民達を飢餓から救った人でもありました。
d0031171_1632171.jpg


d0031171_1642843.jpg


こんな道を歩いて「郷土資料館」に行きました。
d0031171_16135252.jpg


大月郷土資料館。
d0031171_16321436.jpg


d0031171_1632343.jpg

by a7617 | 2010-10-29 14:58

四方津

以前から中央線に乗って四方津に着くと、巨大な筒状のものが山の上に向かっており
いったいあれは何だろうと疑問に思っておりました。
これは「コモア ブリッジ」というものでした。
d0031171_1730471.jpg


今回機会があり四方津に行ってきました。
四方津は桜と、バードウオッチングで有名な
「大野貯水池」
があります。
10年ほど前に花見に来ました。
d0031171_173318.jpg


筒の中にはエスカレーターとエレベータがあります。
エスカレーターは朝晩の通勤時間のみ稼働させます。
当然朝は下り、夕方、夜間は登りになります。
d0031171_17374454.jpg


エレベーターと言っても、ケーブルカーのようなものです。
斜めにケーブルで引っ張り上げます。
普通のエレベータは各階の表示が縦になっていますが。ここのは
斜めに表示されています。
最上階までエレベーターで4分、エスカレーターで8分かかります。
d0031171_17415959.jpg


窓は下向き一つだけで、ケーブルカーの感じが出ていますね。

d0031171_17513167.jpg


山上駅です、こんなきれいな、建物になっています。

d0031171_17451251.jpg


山上駅にある全体の模型です。

d0031171_17462618.jpg


山頂駅を出ると正面にスーパーマーケットがありました。

d0031171_17562879.jpg

by a7617 | 2010-10-28 17:30

自衛隊観閲式

自衛隊観閲式を見てきました。

詳しくご覧になりたい方、こちらをどうぞ。

場所はもちろん埼玉県の陸上自衛隊朝霞訓練場です。

当日の天気は曇り空、やや寒かったががマーマーの天気でした。
今年の観閲官、内閣総理大臣 菅直人さんの訓示は私の聞いてところ90点というところでした。

会場の自衛隊員の対応もよく、気持ちよく見学できました。
装備品の展示も普段見ることのできないもので、とてもよかったと思いました。
今回は特に現在の正式戦車「90式戦車」の後継戦車の「10式戦車」が展示されており
興味を引きました。





入場券
d0031171_16511067.jpg


90式戦車、砲塔を傾けたり、本体を傾けたり、方向転回して見せてくれました
d0031171_16533069.jpg


そのものずばり、H2O水と書いてある、給水車だと思うが何に使う車でしょうか聞き落しました。
d0031171_1655090.jpg


当日のお弁当、とても美味しかった。
d0031171_16554956.jpg


お土産にカップめんの詰め合わせを買いました、500円でした。
d0031171_1657179.jpg

by a7617 | 2010-10-27 16:14

講座

川崎県立図書館 講座「科学を撮る」を受講しました。

前回は「昆虫写真を撮る」で、講師は海野和夫先生でした。
昆虫写真は相手が動くのでどうも私の性格に合いませんでしたが、
今回は「身近な化学現象を撮る」で講師は伊地知国男先生です。

身の回りの物にカメラを向け撮影方法に少し工夫をすると、普段見慣れたもにも不思議な現象が見えるようになります。

今回の講習では「ミルククラウン」「CDの干渉色模様」「石鹸膜の顕微鏡写真」等の写真の撮影方法で
なかなか面白く受講できました。

蚊取り線香の煙の撮り方を講義する先生
d0031171_1759332.jpg



先生のとった石鹸膜の顕微鏡写真
d0031171_17573717.jpg


会場で私の撮ったCDの干渉模様
d0031171_1813818.jpg

by a7617 | 2010-10-25 20:13

再び 女の人とは

 大方の女は男よりも「道徳的で」あるような気がする。
これを読んでいるシニアの先輩諸氏、わかってくれますよね。
奥さんや女友達から「立小便をするな」「ガムは吐き捨てるな」「片手で食事をするな」
「トイレの後は手を洗え」等々、道徳的な指導、指摘を毎日のように受けていませんか。
とにかく男のだらしのない行為を許せない女性は多いし社会道徳に敏感である。

私の考えるのには大多数の女性は、
本当は自分だけの信念や倫理観に自信がないからなのかな、と思ってしまう。
つまり社会的な道徳、正義という物は他人がそのことをどう思うかで成り立っています。
女は男よりもはるかに他人の目に敏感です。
きれいに見られたい(だから化粧をする)
よく思われたい(だから気取って見せる)
憎まれたくない(だから笑って見せる)
悪口を言われたくない(だから人のことをホメる)
このような感情はもちろん男にもある、しかし私の見たところ女性のほうが本能的にはるかに強いような気がします。


d0031171_11132622.jpg

by a7617 | 2010-10-23 11:08

水鳥の祭り

大師河原の慶安の酒合戦を見てきました。

「水鳥記」ここに出ています。

千住の酒合戦
がここに出ていますが、杯の大きさ、飲んだ量が出ていますが
物理的にそんなに飲めるものなのかしら。

江戸日本酒事情を見てください。
ひどく度数が低かったのです、今のビールくらいの度数でした
だからこんない呑めたのですね。


開会のあいさつ
d0031171_1534954.jpg


巫女さんの舞
d0031171_1534448.jpg


川崎の面々
d0031171_15352360.jpg


名乗り出て口上を述べる人
d0031171_15361464.jpg


サー どんどんついでくれ~~
d0031171_15371181.jpg


おーいい呑みっぷり~~
d0031171_1538411.jpg


一升くらい軽い 軽い どうだ~~見たか~
d0031171_15392096.jpg

by a7617 | 2010-10-18 14:51

油断ができない

私たちの仲間で、飲み会をすることがよくある。
その中で夕方早い時間に「主人が腹を空かせているから、帰らなくては」と
そわそわしている女性がいつもいる。
私などは。いまどきばコンビニだってどこだって弁当、おにぎりも在るし
その気になれば、牛丼屋ぐらいは在るだろうと思ってしまう。

よく奥さんが出かけるのを異常に嫌う亭主がいると言う。
私の知っているケースで陰湿なのは、
奥さんが小学校の同窓会に行くのさえ嫌がるのがいる。
しかし、夫婦のと、言うか男と女の面白さと言うのか「油断のならない」ところは、
このような「籠の鳥」のような扱いに対して大方の女性はすぐに逃げ出すか、そこまで
しないまでも「反論」すると思うが、その女性は口では嫌だ、嫌だと言いながら実は意外とそういう束縛を受けることを好んでいる節が見えることに最近気が付いた。

推測ですが彼女はそういう形で自分の女としての魅力を常に計っているのでしょう。
相手から不自由にされること、手間を掛けさせられる事によって満たされている自尊心
を持ち続けていたのでしょうね。

ありていに言えば「あの人は私が居なければ、何にもできないの」と言う自尊心だろうね。
勝手にやってくれ。


吹雪の横浜西口。

d0031171_15333358.jpg

by a7617 | 2010-10-14 15:23

塀の中の中学校

TBSテレビドラマを見て

とても面白い(私には)ドラマを見ました
「塀の中の中学校」です。
粗筋等はここで見てください。

見ごたえのある良いドラマでした
印象に残った場面を聞いてください。

プロの写真家を目指す「石川順平(オダギリジョー)」自信があって応募したコンテストに落選、
落選に納得がいかず東京まで出てきて確かめる場面。
編集長から落選の理由は「審査員全員が最終選考に残った5人からあなたの作品を
初めに落としました。理由はあなたの作品に 華 がありません。他の人の作品は粗いが
華 がある」
「この 華 は持って生まれた天性で、教えられて身につくものではないのです」
このことは私にも納得がいった、好きと言うだけでは職業にはできないのです。

がっかりしたオダギリはやけ酒を飲み、朝起きられずに授業に遅れる。
遅れてきたオダギリは見え透いた嘘をつく。
最年長の生徒の佐々木(大滝秀二)が教師のオダギリに「あなたが我々をなめるのは
まだ許せる、しかし仕事をナメルのは許せない」と。
仕事をなめてはいけませんね」

感動した場面がたくさんありました。



みなとみらい象の鼻公園です。

d0031171_128691.jpg


d0031171_1282373.jpg

by a7617 | 2010-10-12 12:01

ボランティアに参加してみました

ベトナムのダナン市の小中学生に自転車を送る活動を続けている
「日本ベトナム友好協会川崎支部」が10月9日(土曜)に自転車の積み込み作業を
するボランティアを募集していたので参加してみた。
協会の方のお話によれば、2003年から活動を始めて川崎市から放置自転車を無償で
提供していただき川崎の友好都市であるダナン市に送っていると言う。
主として遠距離通学している小中学生に送られる。

これまでに4474台を送り今回届けるのは620台で同支部では「一万台を目指す」と言っておられました。

ボランティアの作業は

1、パンク、ブレーキの利き具合、故障の有無を点検
2、鍵の取り外し
3、ペタル外し(積み込みの時かさばらないようにするため)
4、かごの取り外し(程度の良い前かごは保管して自転車と一緒に送る
5、ハンドルを90度曲げる(積み込みの時かさばらないようにするため)
6、点検清掃
7、シールの貼り付け
8、トラックに積みこみ積み下ろし(港までトラックで運んで下す)
等の作業を行いました。
この放置自転車保管場所(塩浜陸橋下)は場所も広く、作業がやりやすく川崎港にも近く
うってつけの場所です。

またここで素晴らしいお話を伺いました。
川崎のある大企業が、従業員の給料の半端な金額(100円以下)を集計しその総額と同じ
金額をさらに会社が足してこの協会に寄付をしてくださっているそうです。
会社名は明かしてくれましたが、会社側から公表しないで下さいと言われているのでここでは公表いたしません。


作業前にみんなで記念写真を撮りました。
d0031171_18452792.jpg


ダナン友好連盟議長のフィン・ドゥック・チョーンさんのお礼のあいさつ(中央)
d0031171_18403320.jpg


作業の様子。
d0031171_18411020.jpg


最後にこのシールを張ってトラックに積み込みます。
d0031171_18421165.jpg


こんな弁当を出していただきました。
d0031171_18431025.jpg

by a7617 | 2010-10-10 18:43

東京空襲資料センター

川崎教育文化会館主催「戦争遺跡を見学して平和を考える」に参加しました。

今回は「東京空襲資料センター」の見学でした。

私は1942年、昭和17年生まれです。
当時父は軍隊に(内地に居た)おりまして母と二人家族でした。
空襲時には品川区の戸越公園におりました。
空襲の記憶はほとんどありません。
母の背中に負ぶわれて、炎の中を逃げ回りました。
運よく親子ともに、かすり傷一つ追わずに命拾いしました。
ただ戦後、母から繰り返し空襲の悲惨な状況は聞かされました。

歩けないお姑さんを背負って逃げたが、逃げ切れなくなり、松の木の根元にお姑さんを置いて逃げた近所のお嫁さんのこと。
目の前で焼夷弾の直撃で、片腕がちぎれとんだ女の子のこと・・などなど。

NHkが作った映像があります、長くなりますがみてください。








見学の様子

空襲体験者によるお話。
私は映像や写真を見たり、お話を聞いていて涙が流れて仕方がありませんでした。
妹が大やけどをしたが、薬がなく埼玉の医者につれって行ったが薬(油)がなく
治療のしようがなかったが、親切な人が油を分けてくれて、かろうじて
やけどの箇所に塗ってあげられたこと。
人間が燃えた話。
逃げ惑う人がいきなり全身バーっと真っ白にに輝き燃え上がったこと。
火災があまりにもひどく、酸欠で窒息、ばたばた人が死んでいったこと。
ここに書ききれない、たくさんの悲惨な体験談をお話しくださいました。
d0031171_14303147.jpg


赤丸の箇所が焼死体を埋葬した場所、〇の大きさで埋葬人数を表しています。
拡大してみてください。

d0031171_14403444.jpg


被災者が記憶をたどって描いた死体の山の画。

d0031171_14422232.jpg


焼夷弾がかすめたピアノ。

d0031171_1444529.jpg


d0031171_1446011.jpg


集束焼夷弾の模型。

d0031171_14494820.jpg


空中でバラバラになります。

d0031171_14513153.jpg

by a7617 | 2010-10-08 14:42