日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本を読んで「48歳の抵抗」

本を読んで「48歳の抵抗」

古い本を読んでみた。
今年48歳を迎える1962年生まれの人。
石原良純、豊川悦司、藤井フミヤ等、現役バリバリでしょう。
自分のことを振り返ってみてもそう年寄りだったと感じてはいなかった記憶がある。

しかし、この本の書かれた今から50年前はどうだったろう。
男の平均寿命は65歳、私の記憶に間違いが無ければ定年は55歳だった。
この石川達三「四十八歳の抵抗」(1965年)は当時の男のささやかな抵抗を描いた作品です。
主人公の西村耕太郎、保険会社の58歳のサラリーマン、次長職。
妻と23歳の娘がいる。

どんな抵抗をしたのか?部下の女性や芸者にふらっとしたり、部下に誘われてヌード
撮影会に行ったり、その程度しか出来ない小心な男。
最後に一大決心をして19歳の女を誘って熱海への温泉旅行。
結局は振られて惨めなおもいをする。
また娘が年下の学生と恋仲になって家出騒ぎ、挙句の果て妊娠。
娘の結婚式でゲーテの「ファウスト」の詩に引用を重ね合わせ、
〖この杯ゆ、飲む酒は、涙を誘う酒なりき〗
この中の「ゆ」は「~で」のこと、なりきの「き」は過去形。
いよいよ老いを悟る場面です。

193ページ
「・・・・・女は水みたいなもので、縄でも縛れない、鉄の輪をはめても縛れない
釘で止めるわけにもいかない。石で押さえつけるわけにもいかない・・・・
「じゃ、どうすればいいんだ」
「こっちが水浸しになるんでしょうな」

243ページ
「・・・・・女は猫みたいなものです。嘘つきで、可愛らしくて、獰猛で、甘ったれで、
猫かぶりです。冷静な男なら誰だって猫と結婚する気は起こらないでしょう。
ところが世間の男という男はみんな猫と結婚して、引っかかれたり、舐められたり、
甘えられたり、騙されたりしているのです・・・・・」
切ない話・・・・


d0031171_17374999.jpg

by a7617 | 2010-04-28 17:36

面白いこと考えたね

面白いこと考えたね


d0031171_124361.gif

by a7617 | 2010-04-25 12:07

其れは他人の責任だけではないでしょう。

其れは他人の責任だけではないでしょう。

「人間関係がうまくできません。どうしたらよいでしょぅ」
「話が下手です、どんな話し方をしたらAさんのように楽しい話になるんでしょう」
「小さいころ、家庭環境に恵まれませんでした」
「学校の先生がきびしすぎて、やる気を失いました」。
そんなこともあるだろう分かるよ。
同情はするが、聴いていると自分の責任は全く認めていない。
その努力もみられない。
世の中の悪は自分以外にあるといった感じだ。
過去がどうあろうと、あなたはそれに対してどう対処してきたのか、どうした
いと思っているのか、どうしようとしているのかそれが先だろう。


ボトル シップ 二隻目がやっと出来た。
うれしかった~~

d0031171_1826396.jpg


d0031171_18265462.jpg

by a7617 | 2010-04-24 18:23

姫路城

姫路城

若かった頃(20年以上前)見学したことがあります。

そのときは、感動しました。
また出張の行き帰りに新幹線で姫路駅に停車した列車の窓から、天守閣が良く見えました。
まさに国宝ですね。

このたび、修理のために“5年間”も天守閣に登ることが出来ないとニュウスで聞きました。
5年後はおそらく生きては居ないだろうと思い「冥土の土産」にと・・・
見てきました、びっくりしたね・・何が??すごい人手でした。

ここに貼りました、見てね。
by a7617 | 2010-04-19 23:30

批判

批判

誰でも人に批判されるのはつらく嫌なものですね。
もちろん私も批判されることには臆病です。
批判されるのって「悲しかったり」「悔しかったり」もっというなら「怖かった」と
いう感情が湧き上がって来ることを知っているからね。

だからといって人に批判されないように、生きていくことなどとても難しいのです、
いや出来ないといっても良いでしょう。
極端に自分をコントロールすればある程度まで批判されるのを免れるかもしれませんが
普通の人間にはとても出来ることではありません。
また、批判されるのを恐れるあまり余り人とかかわらないように、
目立たないようにする人もいますね。
それはそれで人の生き方だからかまわないと思うけれど。

人から批判を受けると言うことはつらく悲しいことですが、今の自分の心の固さを
測るよい機会かもしれない。

此処で肝心なことは「受ける批判が果たして本当に的を射たものか」
批判が「的をエテいる」から「辛いのか」そうでないから「辛いのか」冷静に見極める
「心の眼」が必要だと思います。
皆さんも
批判されて辛い、悲しい思いをしたときそのことをよく考えてみてください。
大切なことは「批判されない様にすること」ではなく
「批判された時それをどのように受け止めていけるか」ではないでしょうか。




d0031171_9164354.jpg

by a7617 | 2010-04-18 09:07

貴重品の置き場

貴重品の置き場

皆様は貴重品をどこに保管していますか。
たんすの引き出しに入れて、鍵をかける人、押入れの耐火用金庫に入れる人
又あるいは、銀行の貸し金庫に預ける人、変な例では水洗トイレの水槽の中に
ポリエチレンの袋に入れて隠す人も聞いたことがある。
いざと言うときのために纏まった金を家に置いておく人も多いよね。
しかしこういった大事なものが盗難に合う例も多いのです。
本当に貴重品の置き場をどこにしたらいいか頭を抱える人も多いと思います。
貴重品は無事に保管されたとしても重要なことは信頼できる
誰かに知らせておくことですね。

聞いた話で「真偽」のほどは不明ですが、毎年預金者不明(死んだらしい)
の金が数千億円もあるとか??
多分、全く、多分子供にも教えず預金をしておき「急死」してしまい
銀行(証券会社)も預金者不明でうやむやにしてしまうと言う。

皆様も「急死」した時に自分の預金が「幻」にならないように
信用できる人に知らせて置いた方がいいと思いますよ。



川崎の運河に流れ着いた「ホホ白鮫」です。
これだけ大きいものは珍しいとききました。
d0031171_2054418.jpg


d0031171_20542050.jpg

by a7617 | 2010-04-13 20:51

大多喜城のサクラ

大多喜城のサクラ

以前行きそびれた、大多喜城ににサクラ見物に行ってきました。
こんな景色を見ると「日本は良い国だな」とおもいます。

平和な国、日本
不思議な国、日本


どこの城でも入口は坂道ですね。
松本城には坂が無かったような気がします。
駐車料金は無料でした。

d0031171_1062611.jpg


何でしょうこれは、初めて聞いた。
世間は広い。
d0031171_1074923.jpg


トンネル部分です、全長で四キロあったと書いてありました。
ろくな土木機械も無い明治の始め、一年でよく掘ったね。

d0031171_1084677.jpg


城の中は郷土資料館になっていました。
こんなに良い場所なのに人では意外と少なく、気抜けいたしました。

d0031171_10111954.jpg


d0031171_10114465.jpg


d0031171_1012754.jpg


d0031171_10123316.jpg


昼食のカツ定食、700円だったかな。

d0031171_10172877.jpg

by a7617 | 2010-04-10 10:25

夷隅鉄道

夷隅鉄道

以前に皆さんと見に行ったいった「夷隅鉄道」、

桜と菜の花の間を可愛い列車がコトコト動いているのを
また見たくなり行ってきました。

何しろ 一時間に一本しか通らないので、一回通りすぎ
撮影に失敗すると一時間待ちです、撮影は苦労しました。
動いているものを撮るのは難しい。

時々曇り空で残念ながら「青空を背景の桜と、菜の花」とは
いきませんでしたが、マーマーこんなものかなって所です。


大多喜から一つ目の駅「城見ケ丘」
d0031171_16422692.jpg


城見が丘駅付近
d0031171_17321262.jpg


d0031171_1733599.jpg


上総中川駅付近
d0031171_17334742.jpg


上総中川、城見が丘間 夷隅川鉄橋の上を走る夷隅鉄道「ムーミン列車」

d0031171_17515196.jpg

by a7617 | 2010-04-05 17:39

本を読んで「江戸時代のロビンソン」七つの漂流譚

本を読んで
「江戸時代のロビンソン」七つの漂流譚


江戸時代日本では多くの漂流譚がうまれた。
外洋航海術はまったく西洋に比べ遅れていたものの、和船は頑丈で沈まず、長期の
漂流を乗り越えて生き延びた人々が居た。
この本は「ロビンソンクルーソー」の研究者が江戸の文書を読み七つの漂流譚を
紹介しています。
面白いはなしは沢山ありますが、伊豆の鳥島の三つの漂流事例。
鳥の落としたえさを拾って喰い、アホウドリを捕らえ、噴火口に入って火を採ってくる。
孤独にさいなまれ、郷愁の念から自殺しかけながら、念仏を唱え現実と向き合って生き延びた
人たち。
180ページ
みなの様子は「喉は糸の如くよじれて、餓鬼と言うもかくあらうんと、互いに顔見合て、
飢えて死する無念さよと、喰わぬ歯茎を食いしばり、水は呑まねど涙は常にこぼれけり」と

205ページ
ジャカルタ(此処まで漂流したことが驚き)
に漂着して現地の人に親切にされ、8年以上掛かって帰国した「孫太郎」の
58歳の図。
此処に注訳として「模様の着いた帯は “ウキン”の “乳覆い”かと」、乳覆いとは
ブラジャーまたは下着のことか?
ウキンとは現地で情を交わした女性の名まえ、彼はこの女性との思い出をむねに
余生を送ったのでしょうね。

生きる気力を保つ執念、実験的な行動、そして自己分析力等。
奇跡の生還は偶然ではなく、努力と工夫の結果だったことがわかる。
漂流者たちの異文化との交流、この話がまた興味深い。

環境に順応し、底知れない生命力を見せた人々力強さ。
良い本を読んだ、感動したな。

皆様も是非読んでみてください。

d0031171_16373483.jpg

by a7617 | 2010-04-02 16:37