日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年もありがとう御座いました。

今年もありがとう御座いました。

このつたない私の「たわごと」にお付き合いいただき
暖かいコメントを書いてくださった皆さん、勇気つけられました。
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします

今年も残すところ、あと一日になってしまいましたね。
毎年の事ながら、過ぎ去ってしまうと一年のなんて早いこと。

一昨年の「リーマンショック」以来不景気の風は衰えずに
今年も暮れようとしています。
庶民にとっては本当に厳しい一年でした。

周りを見渡せば私を含め、おおよそは大過なくすごせたとほっとしていますが、
残念ながらは友人の一人が体調を崩し、現在リハビリ中ですが
幸いなことに日々回復しているとのご家族のお話です。
来年はきっと元気な姿を見せてくれることを期待いたしてます。
今年も沢山の友人諸氏から頂きました友情の数々、「ぷー太郎」
終生忘れることはありません。

友人先輩の皆さん、来年も今年同様くれぐれもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

来年が皆様にとってよりよい歳であることをお祈りいたします。

d0031171_1423930.jpg


d0031171_143720.jpg


d0031171_1432737.jpg


d0031171_14103472.jpg


d0031171_14133269.jpg


d0031171_1454272.jpg


d0031171_1462035.jpg


d0031171_146403.jpg


d0031171_1472322.jpg


d0031171_1481570.jpg

by a7617 | 2009-12-30 14:15

ヤナ カンジ

ヤナ カンジ

タウン誌に出てました。

○の中に字を入れて完成させてね。

1.楽勝=○勝   2、○瞭=曖昧  3、濃厚=○薄  4、特○=一般
5、質問=○答   6、○読=乱読  7、○望=希望  8、創刊=○刊
9、不○=肥沃  10、低○=高価 11、名目=○質 12、叙事=○情




答え
1、辛勝  2、明瞭  3、希薄  4、特殊  5、回答  6、精読 
7、絶望  8、廃刊  9、不毛  10、低廉  11、実質  12、叙情


いくつ出来ましたか?



この字の書体はなんと言う書体でしょうか。
うまい字ですね~~
なんにでも感動してしまい「ぷー君」です。

d0031171_8362574.jpg

by a7617 | 2009-12-27 08:37

本の中の言葉。

本の中の言葉。

『風の武士 上』

最近読んだ本に下のような、言葉が出てきた。
私はこの言葉に感動しましたね。

「男女の愛の永遠を想うなどは、人の身のほどを知らぬ欲でございましよう。
そのようことは、もうお思いくださいますな。
ちの(主人公の恋人)が悲しゅうございます。                                                                                                 
信吾さまと“ちの”とは今宵をよろこびあい、それをふたりが死ぬまでの思い出に
するだけでよろしいのではございますまいか」   


本を読むたびに感じるのですが小説家とは凄い人ですね。
空想の中で主人公に、こういう言葉を言わせるのですから。
この物語は司馬遼太郎の初期の作品です。
それにしても
世の男性諸氏、もし貴方がこんなことを言われたら、どんな態度をとりますか。
そしてこの女性(が貴方の恋人だとしたら)になんと言ってあげますか。

d0031171_1732031.jpg



快晴の日、友人と「メグミルク海老名工場見学」と「寒川神社参拝」に行ってきました。
右側のパンフレットの「MEGMILK」の文字の M二つを見てください・
点が真ん中にありますね、これは牛乳のしずくをあらわしていて、はじめと二番目のM の
点の位置が違うの分かりますか。


工場見学で頂いたヨーグルトと牛乳。
帰りにジュースと携帯のストラップも頂きました。

d0031171_1654234.jpg


見学を終わり寒川神社に行く途中で「ガスト」で昼食。
520円でした・・安い!!

d0031171_16565867.jpg


寒川神社は平日でしたので静かでしたが「お宮参り」の方が数組居られました。
祖母がお孫さんを抱いてとてもうれしそうでしたよ。
お飾りがおいてあり「オボシメシ」でよいとかいてありましたので○○円入れて
頂いてきました。

お社はとても立派でした。
d0031171_170570.jpg


d0031171_1702942.jpg

by a7617 | 2009-12-23 16:38

本を読んで 「死刑」

 本を読んで 「死刑」 

書店で題名を見たとたんに飛びついてしまった。

はじめにこのくだり
死刑執行のとき「首にロープをかけた時、死刑囚が『ごくっ』とつばを飲み込む音が
忘れられない」と拘置所幹部に心情を吐露する刑務官。
執行する刑務官、どんなにつらいことでしょうね。

途中で読むのをやめたくなったが、それでも最後まで読み進めなければいけないと読んだ。
本書は裁判官、教誨師から加害者遺族、死刑囚、無期懲役囚に至るまで、
延べ三百八十人にも及ぶ広汎な取材を通して
極刑の「現実」を極めて中立的、抑制的、そして多面的に書かれています。
読み終わってすぐにまた再度読んでみた。

「死刑」実に重いテーマである。
分かりきっているが国家が人を殺すのである。
最近見た映画「さまよえる刃」物語ではあるが、復讐と言うことも考えさせられた。

廃止派と存置派のあいだに厳存する、狂いそうな感情と理性の行き違い。
「償い」をめぐる両派の絶対に相容れない意識の断絶……。
廃止派と存置派の理論が両方分かるだけに、繰り返すが重いテーマです。

愛娘と孫が残酷な殺され方をしたオウム事件を通して「死刑制度があって良かった」
と死刑反対の立場を覆した被害者坂本都子さんの父親。
しかし一方では「遺族が犯人に死刑を求める気持ちは十分、理解できる。
だが、憎しみや恨みに縛られていては幸せになれない」と語る被害者遺族。
此処のくだりも分かる
「今さら謝っても、口先だけの謝罪になってしまう」と遺族への慰謝を敢えて拒み、自ら上告を取り下げ、絞首台へと向かった加害者。
あまりに重い言葉の連続に、幾度か間を置かないと、胸が押し潰されそうに成ったしまった。
読んでいて、幾度も涙する。

一般市民が刑事裁判の審理に加わるようになった今日にあっても、
死刑に関する情報開示はなかなか進まない。
その意味において、本書の価値はすこぶる高いと感じました。
 幸いなことに、今のところ、私は加害者にも被害者にもならずにいる。
当事者ではない私は、当事者の心をどこまでで理解できたかは分かりませんが少なくも「死刑」
というものが少し分かった気がしました。


d0031171_1663858.jpg

by a7617 | 2009-12-19 16:02

悪口


悪口

よく、「人付きあいのコツ」などの類の本に「人の悪口はいってはならない」
また、以前「俺は人の悪口はいいたくない」とうそぶいた人がいた。
なんて嫌なやつだろうと思った。

しかし、「悪口を言わないがゆえに、悪口を言われる」ということは実際よく見聞きする。
皆さんも分かるとおり、人間関係の「摩訶不思議」なところは、
悪口を言い合っている当人同士がケッコウ仲良くしているし、その場にいないというだけで
悪口を言われることは良くある。
みんなそれぞれに、多少なりとも悪口を言い合い、後ろめたさを持ちながらそれでも
丸く付き合っていくというのが、大人の社会だと思う。
よく考えて見なさいよ、人から一言も悪口を言われない人間がこの仲間に一人でも居るかい。
そして、貴方も一言も悪口を言ったことが無いだろうか。
そもそも、私は一言も悪口を言ったことの無い人間など「薄気味が悪い」
そんなやつがいたら、みんな警戒して付き合わなくなるだろう。
グループやサークル等においての、他人の悪口というのは、言っている人間同士を結びつける
一種のコミュニケーションかもしれない。
肝心なことはどうやって「罪一等」を逃れるかである。
分かりやすくいえば「悪気の無い悪口」をどうやって言いあうかである。


この羅漢さん「聞きたくない」って見えませんか。
d0031171_16593117.jpg

by a7617 | 2009-12-16 17:00

遣ってみたい事と得意なこと

遣ってみたい事と得意なこと

諺に「好きこそ物の上手なれ」というのがある。
確かに、好きだから上手になったのか、上手だから好きになったのか
その辺りはなかなか、判断が難しいところだろう。

最近良く聞く話で、若者がやりたいことが見つからないという話を良く聞く。
私たち老人から見れば今の若者はなんでも遣りたい事がすぐに手に入るから
何をしたら良いのか判らないというのではないだろうか。
今日は仕事について考えてみたが、この世に「天職」などというものが本当に
在るかどうかはべつにして確かに「自分には向かない職業」というものはあるとは思う。
自分に向いていないと感じた職業に就いて病気に成ってしまうくらいなら
別の仕事に転職して生き生きとした人生を渡って行ったほうが良いでしょう。

ここで考えなければいけないことは、「遣りたい事が見つからない」、
「やりたいことはあるがそれで飯を食っていく自信が無い」、ここが大事なことです。
つまり自分の得意なことと、自分のやりたいことを混同している人が多い。
もちろん得意なことと遣りたい事が一致すればそれに越したことは無い。
一般論を言えば「遣りたい事と」「得意なこと」はしばしば別なことが多い。
つまり「自分の天職に出会い、それに没頭できる人はホンの一握り、
誰もがイチロウや松井のようになれるわけではない。

『がんばれば夢はかなう』と言いますが、そんなわけにはなかなか行きません。
一握りの恵まれた人間を別にすれば大方の人は「遣りたい事」と「得意なこと」は必ずしも
一致しないのです。
私の場合を言えば“歌うことや詩を作ることが大好きです”
しかし歌手や詩人に成りたい等と考えたことすらない。
なぜって、当たり前です「才能がない」からです。

大多数の人は「大して好きではないが、確かにある程度得意な仕事」
を我慢して就いているのではないかな。
仕事というのはお金を稼いで自立していくことなのです。
毎日同じ仕事を続けてやってみて見てごらん、その仕事が得意になってくるから。


観音崎に作られた「28サンチ、榴弾砲」の模型。
しかし、作るならもう少しマシな物作れば良いのにね。
写真では分かりにくいけれど、木造で実にチャチです。
実物なら砲弾は対岸の富津まだ届くってさ。

d0031171_10343072.jpg


d0031171_10344653.jpg


d0031171_1035317.jpg

by a7617 | 2009-12-12 10:01

恋の歌

恋の歌

一度だけほんとうの恋がありまして南天の実が知っております
       山崎 方代(やまざき ほうだい)

素晴らしい歌ですね。
此処に山崎方代について出ています。
この人には恋の歌が無いといわれています。
生涯独身で、定職を持つ事をせず、小屋のようなところに住んでいた不思議な人。
しかし、「皆さん、私は恋とは無縁の人間と思っているらしいけれど・・」と
語りかけてくるような歌ですね。
こういう言い方をされてしまうとこれ以上、「で、その話は」と聞くことができませんよね。
人生の黄昏時、振り返りこんな風にやさしく思い出される恋。
作者は「一度だけ」なんて謙遜していますがそこには人には言えない
満足感が漂っています。
考えるに作者は生涯を通して「本当」と断言できる恋が一つあれば十分ではないですか
と言いたかったのでしょうね。



また、観音崎に行ってきました。
d0031171_16453164.jpg



d0031171_1645472.jpg

by a7617 | 2009-12-10 16:27

誰に認められたいの

誰に認められたいの

以前どこかで聞いた話であるが、我が国を代表する映画俳優・高倉健さんは、
大勢の観客からの絶大な支持をうけ、映画監督や評論家から賞賛されて、
俳優仲間からは尊敬を受けた。
贈与された数々賞も多い。

こう言う立派な業績を上げた高倉健さんですが
「母親からの承認」が最も大切だったと言います。
「親に認められたい、親からほめられたい」という感情は、多くの方
がお持ちではないでしょうか。

人はだれしも「自分という存在を認められたい」という根源的な欲求が
あるものですが、「だれでもいいから、ただ認めてほしい」というものではありません。
極端な話、大嫌いなやつに認めて貰わなくても言いのです。
ある特定の人に承認されたいのです。これは重要なことです。
いくら大勢のフアンから愛され、人気の頂点にいたとしても、ただひとりの
恋人に思いが通じなくなっただけで、人は自らの命を絶ってしまう場合も在るのです。
さて、あなたは「だれに」「何を」ほめられたくて、それを一生懸命行っているのですか。


昔、映画で「ゴジラ」と言うのがありましたね。
御覧になりましたか。
そのゴジラが上陸したところがここ
観音崎のタタラ浜だそうです。笑えるね~~

足跡、友人の足と比べてみてね。これも笑える。
d0031171_9374274.jpg


d0031171_9375615.jpg

by a7617 | 2009-12-05 09:27

五行歌

五行歌

  またやってしまった
  いつも
  なぜコウなってしまうのか
  つくづく自分が嫌に成る
  弱い心を何度もシカル



消火栓用、マンホールのふたです。
お役所仕事にしては、センスがありますね。

d0031171_1732449.jpg

by a7617 | 2009-12-02 17:32