日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

頑固ということ

頑固ということ


われわれのような老人になると、よく言う「頭が固くなっている」と言われる様に
自分の価値観、物事の基準判断が自分の頭の中に出来上がってしまっています。
これは何故そうなるかを考えてみると、私たち老人は自分のパターン作ってしまい
物事をそのパターンに当てはめてしまえば、いちいち新しいことを決断する必要が無く
なるからだと思う。
新しいことを遣らなくてすむから、生きていくのが楽に感じられるからだと思う。
よく言う「歳をとって頑固になった」と言う状態だね。

東京湾観音です
しかし此処の拝観料を“値切った”んだからうちの連中もたいしたもんだね。

d0031171_748576.jpg



背中の穴はのぞき穴です。

d0031171_7485768.jpg

by a7617 | 2009-10-31 07:49

千葉 富津公園

千葉 富津公園

台風が去った快晴の日にいつものメンバーで 富津公園 他に行ってきました。
「どうしてこんなに良い天気なの」というような日でした。

ちょっと疲れたけれど、楽しい一日でした。
皆さん、お世話になりました。



この日は平日でしたので「うみほたる」の駐車場も空いていました。
富士山もこんなに良く見えました。右の上に羽田に降りる飛行機が見えました。
此処から横浜、東京は近いのですね。
d0031171_15263276.jpg



富津岬の一番先にある展望台高さは20メートル位あったでしょうかね。

d0031171_1545650.jpg



富津岬の展望台から見た、富津市方向。
この岬が長いのが実感できました。
d0031171_15292553.jpg



此処から見える富士山も最高でした。
誰かが「地球が丸いの本当だねって」言ってました。
確かに此処から太平洋側を見るとそんな気もします。
d0031171_15304524.jpg


d0031171_15311637.jpg



以前行った「鋸山」も見えましたが、写真では逆光で分かりにくいね。
右のトッツァキ薄く見えるところが館山です。
d0031171_15323768.jpg


みんなで食べた昼食、貝丼、アナゴ丼、ミニ掻き揚げ丼と磯ラーメン。
美味しかったね。

d0031171_15391215.jpg


d0031171_15393598.jpg


d0031171_15395528.jpg

by a7617 | 2009-10-29 15:24

いちゃつき

いちゃつき

以前私は朝早い仕事だったので出かけるとき街中は早朝なのにまだ昨日の
深夜の余韻を残している。
酔っ払っているらしき若者がいわゆる「いちゃついて」いる。
私は人前でのいちゃつきって言うのは、日本人には似合わないのではないかと思う。
姿かたちがダメなのかと思うがそうでもないらしい。
例えば、三度笠、道中合羽、長ドス、股引姿を青い目の外国人(ヨーロッパ系)がしているとドウモ様にならない、この感覚に近いと思う。
私が年寄りだからそう感じるのかもしれないが、
其れと同じように日本人のいちゃつきはなんとなくおかしく見える。
もちろん日本人にも、いちゃつきという行為は太古の昔からあったでしょう。
しかし、それはあくまでも密室の中のものであったのではないかな。
すなわち、セックスのいり口に当たるようないちゃつきだったのではないだろうか。
もし日本人のいちゃつきがそういうものであったとするなら、
そのまま街角に持ち出すのはドウモ危険すぎるような気がする。
昔インドネシアの地方空港に出張に行ったときに外人(オランダ人?)の男女が
濃厚な別れの抱擁、とキスを繰り返していた。
こういったオープンエリアでの彼ら欧州系の民族の抱擁やキスは私の見たところでは
日本人のいちゃつきとは次元が異なる行為だと思う。
日本人と外人のいちゃつきの違いをじっくり観察する機会も無いので、両者の違いを
具体的に表現できないのはなかなか難しいのだが。
以前、日本人同士の街角のキッスがおしゃれに見えない理由は体を密着させて
行うからだと、言う意見を聞いたことがある。
なるほどと思った。
外人は「メリーさん好きよ、チュウ」、「ジャックあたしもよ、チュウ」。
その瞬間“顔”だけが、すっと近づかなければならないらしい。
なるほどと思った。
やはり日本人のセックスのいり口という発想からはそういう形は出てこない。
いずれにしても、若者文化がますます進んでくれば洗練されたいちゃつきが
町に出てくるであろう。

仲間といった、千葉県の「神野寺」の宝物江戸時代の「トラの敷物」の頭。

d0031171_16471019.jpg


d0031171_16472745.jpg

by a7617 | 2009-10-28 16:41

天皇陛下ご即位二十周年奉祝記念 神奈川県民の集い

天皇陛下ご即位二十周年奉祝記念 神奈川県民の集い


10月25日(日曜日)
パシフィコ横浜国立大ホールで行われ,
集いに参加してきた。
 
奉祝記念祝典
奉祝記念講演「皇室を戴く国柄について」
 講師は中条高徳氏

奉祝記念トーク&ライブ 
 さだ まさし氏

集まってきた皆さんは、主として宗教団体関係の人が多く見られました。

祝典が終わってから奉祝パレードが行われた。
 ブラスバンドを先頭に日の丸の小旗を満った参加者、神輿渡御の行進が行われた。

大御心、皇室の弥栄、赤心、宸襟・・・・・などの言葉が飛び交っていました。
言葉の意味は判りますか。

ついでに夜の象の鼻付近を見てきた。
よかったよーーー


各首長のお祝いの挨拶、川崎市長阿部孝雄さん。
d0031171_2083312.jpg


全員で君が代を歌いました。

d0031171_20104118.jpg


全員で「天皇陛下万歳を三唱」

d0031171_2012063.jpg


中条高徳氏、記念講演

d0031171_2013477.jpg


トーク&ライブ さだまさしさん

d0031171_2015823.jpg


式典が終わって旗行列。

d0031171_20123285.jpg


お神輿も出ました。

d0031171_20161084.jpg


象の鼻公園と横浜税関。

d0031171_20172563.jpg

by a7617 | 2009-10-26 06:54

映画「さまよう刃」

映画「さまよう刃」

映画「さまよう刃」を見た。

未成年者の少女暴行殺人という衝撃的な題材を扱った映画です。
被害者遺族の感情や少年法の問題に切り込んでいる。
この映画は役者に多くを語らせず、伝えるべきことを豊かに描くことに成功していると思う。
自ら復讐に乗り出す父親の行動、それを寡黙に演じきった寺尾聴は、怒りを発散するどころか
無念の情をまとい、時には虚しさすらにじませる。
正義とは、罪とは、司法と、警察は誰のために、生命の尊さの重みについて考えずにいられない。
犯人の人権??それでは被害者の人権はどうなるのか。
「現在の日本の司法制度では“未成年者は”どんなに凶悪な犯罪を犯しても極刑に出来ない、自分が
求める正義が実現できない」と主人公のセリフ。
死刑廃止論者、この映画を見てから言ってください。

私は日本では、理不尽に殺されて肉親の「仇」をとった話は聞いた事が無いのが不思議です。

外国にはこんな事例が在ります。

それからラストのクライマックスシーンが川崎の東口を舞台にしたのには驚きました。
日航ホテル前、銀柳街、チネチッタ、ETC びっくりしました。


紀尾井小ホールに飾って在りました。
d0031171_18441399.jpg

by a7617 | 2009-10-23 17:56

心構え

心構え

私は、出来るかどうかはともかくとして、「人には優しく、己には厳しく」を
この言葉が大好きですがこれが難しい。
いつも人の失敗やらを非難して、自分の失敗を言い訳してばかりいる。
悲しいかな人には厳しく、己には優しくの毎日です。
凡人だからこの程度の生き方だとは思うが。

「人生の四季」を好い季節で過ごすための心得は、江戸時代の幕府の開いた
「昌平黌」教授佐藤一斉が書いた「言志四録」にある一説に、
春風を持って人に接し 秋霜をもって自らを慎む
良い言葉ですね、また仏教(禅宗)にも「和顔愛語」という言葉がある。
和やかな顔で、優しく思いやりのある言葉をかけて人に接することが大事だ
ということですね。
最近、ウェブの海をさまよっていたら、こんな言葉を見ました。
私はこれを見たとき、 “ドキ”っとしましたね。
人に接するときは、暖かい春の心
仕事をするときは、燃える夏の心
考えるときは、澄んだ秋の心
自分に向かうときは、厳しい冬の心
すばらしい言葉ですね・・・・・
誰が言ったか??鮫島輝明氏です。
しかし
私は鮫島輝明氏の様に立派な人格者ではありません。
私には此れはこれとして、もうひとつの考えがあります。
次回はその考え方を書きます。
そして二つの考えは私という、同じ人間がそう、考えているのです。

昨日の川崎駅西口の夕景です。
左の建物が「ミューザ川崎」 右が「ラゾーナ」です。
日暮が早くなりましたね、まもなく秋も終わりますね。


d0031171_19113498.jpg

by a7617 | 2009-10-22 18:45

お言葉

お言葉

d0031171_2128829.jpg

by a7617 | 2009-10-19 21:28

本「死ぬときに後悔すること 25」

本「死ぬときに後悔すること 25」
  緩和医療医師 大津秀一著

本を読んで

人間は誰でも死ぬときには「思い残し、後悔」はあると思います。
大なり小なり「何らかのやり残したこと」を抱えています。

著者のこの医師は2005年から京都のホスピスに勤務。
これまでに約1000人の患者を看取った。

著者のお医者さんは、ひょっとするとみなが抱えている後悔、人生で解き残す問題は、
実はそれほど多様性が無いのではないのかということが分かったと言っています。
人が後悔する内容は大体決まっているのである。
終末期にみなが必ず後悔することを前もって紹介しておき元気なうちから遣っておけば
良いのではないのか、そのような思いからこの本を書いたといっておられます。
「緩和ケアの技術は進んだものの、悔いを残しながらなくなる患者も多い」と
気付いた事が執筆の動機になったと言う。
「死に触れる機会が減り、死に付いて考えることが少なくなった。しかし健康なうちから
少しでも死を意識した生き方が出来れば充実した人生を送るのに役立つ。
本書がその手助けに成れば」と前書きに出ています。

長くなりますが、25項目全部を書いてみました、細かい内容については本をご覧になってください。
『死ぬときに後悔すること25』

1.  健康を大切にしなかったこと
2.  たばこをやめなかったこと
3.  生前の意思を示さなかったこと
4.  治療の意味を見失ってしまったこと
5.  自分のやりたいことをやらなかったこと
6.  夢をかなえられなかったこと
7.  悪事に手を染めたこと
8.  感情に振り回された一生を過ごしたこと
9.  他人に優しくなれなかったこと
10. 自分が一番と信じて疑わなかったこと
11. 遺産をどうするかを決めなかったこと
12. 自分の葬儀を考えなかったこと
13. 故郷に帰らなかったこと
14. 美味しいものを食べておかなかったこと
15. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16. 行きたい場所に旅行しなかったこと
17. 会いたい人に会っておかなかったこと
18. 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19. 結婚をしなかったこと
20. 子供を育てなかったこと
21. 子供を結婚させなかったこと
22. 自分の生きた証を残さなかったこと
23. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24. 神仏の教えをしらなかったこと
25. 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

皆さんは いかがですか。


d0031171_1723158.jpg

by a7617 | 2009-10-15 17:20

本 「男はたいへん」を読んで

本 「男はたいへん」を読んで
    佐藤愛子 著

普段読む本とは違う意味で面白い本を読んだ。
こういう本を読むと、やはり男より女のほうが「ウワテ」だと思わずに
居られない。
男同士が居酒屋で女の悪口を言い合う。
「女はいつも自分を正しいと思いたい。失敗を人のせいにするんですな」
「家に居ると頭を使うことって大してありませんからね、いろんなことを
良く覚えているのですよ」
さらに
「誰かの詩に女は港だ、と謳っているのが居るのがありました。
航海から帰ってきた船を静かに迎え抱きかかえ憩わせる港である、とね」
「しかし其れは所詮、男の夢でしかありませな。女は港なんかじゃない。
いくつもの表情を持つ海ですよ。突如として荒れ狂う海、不気味さを秘めて
うねる海。凪いでいるからといって決して安心できないのです・・・・
そして、又朗らかに波立っていれば入るで、又その波音がうるさい」

そして、
「ああ、女は怖い!まったく怖い!可愛げのある女は重たいし、役に立つのは
可愛げがないし、頭の切れるのはイジワルだし、イジワルでないのは人の気持ちは
分からないし・・・・・」など、勝手なことを言って嘆いている。
其れを聞いて、「ああ、男も男なりに大変なんだな」と作者。
「皆にすかれる」ということと「一人の男に好かれる」ということは違うのだなぁ
だからこの世は難しいんだ、と思いつつ・・
佐藤愛子さんが言う。
女同士での話し
「頭のいいのは甲斐性がないし」
「マジメなのは面白みがないし」
「親孝行者は女房不幸だし」
すると美加子さんが
「浮気をしないのはアッチが下手だし」
「甲斐性のあるのは浮気者だし」
私は何もしゃべらず
「男もたいへんだなぁ」こっそりつぶやいた。
あー面白かった。


d0031171_17491051.jpg

by a7617 | 2009-10-11 17:43



登山の中に沢登りというのがある。
これは、沢(渓谷)伝いに山に登って頂上を極めるという登山の方法で、
夏の登山としてフアンも多い
これに対して尾根伝いに登って、頂上を極める登山もある。
その沢登りの楽しみに「滝の直登」というのがあり、文字通り
滝の中を登っていく、「シャワークライミング」などとも言う。
若い時分にずいぶん行ったが、快適で面白いぞ。
この近辺では「丹沢の沢登り(サワノボリと読む)」が有名だな。
谷川岳の「マチガ沢」「一の倉沢」などは名前くらい聞いたことがあるでしょう。

先日NHK BS で「那智の滝」をみた。一本の流れで落ちている滝の中では
日本一高いそうで落差は133メートルあるそうだ。
みなさんもご存知のように日本では、滝をご神体として祀られていることが多い。
日本は世界有数の滝大国だが、滝をご神体として祀っている国、民族はおそらく
日本だけではないだろうか。
見た方はわかると思うが那智の滝はその代表格だと思う。
滝口には注連縄が張られ一目で「ご神体」であることが明示されている。
特に滝の上部に霧がかかったときなどまさに「天空」からの滝の直爆をみて
私には神のお姿と見間違えるほどであった。
またこの光景は天と地の境がなく見えて、神と人が一体に成ってしまうような
神秘性を持っている。
滝にまつわる伝説や逸話も多い。
竜神が棲んでいるなどという話もよくあるし、滝つぼをじっと見ていると
確かに竜神が棲んでいそうにもおもえる。
そしてたいていの滝には不動明王が祀られているのも不思議だ。
都内の「等々力渓谷」のチンケな滝にも不動明王が祀ってあったのを見た。
また目黒不動の滝にも不動明王が祭ってあった
滝とは日本人にとって神であるのは確かであろう。

先日 H 先輩と見に行った JRの発電所。
隣で石炭を荷揚げしていました。
いまどき石炭燃焼の火力発電所でしょうか??
だとすれば、「微粉炭」燃焼形式かな。
最近の発電所の燃料はすべて天然ガスばかりだと思っていました。

d0031171_19111811.jpg


d0031171_19113775.jpg

by a7617 | 2009-10-08 19:12