日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

『河原の者・非人・秀吉』服部 英雄 著

豊臣秀頼は秀吉の実子ではない、物語の世界や俗説ではよく知られているが論証不能と言われたこのテーマに服部英雄・九州大学教授がこの本で科学的に解説してくれています。
秀吉は多くの妻妾を持ちながら子宝には恵まれなかった。
50歳を超えて側室の茶々との間にだけ早世した鶴松、次いで秀頼を授かっている。
秀頼については早くも江戸時代に、実父は大阪の陣で淀君母子に殉じた大野長治だとする説が広まった。
作家の司馬遼太郎なども非実子説に言及しているが、これらは憶測や俗説の域を出ていない。

そこで服部教授は秀頼の誕生日である文禄二年(2593年)8月3日から逆算して受胎が想定される前年の天正二十年11月4日前後に秀吉と茶々が同衾した可能性を検討してみた。
秀吉は同年10月1日に朝鮮出兵の基地・名護屋(佐賀県唐津市)に向け大阪城をたち、翌年8月まで滞在した。
秀吉の子を宿したとすれば、茶々も同行していなければならない。
その根拠とされたのが名護屋に従軍した平塚滝俊の日記にある「茶々が同行しているらしい」という記述だ。
しかしほかの多くの資料を再検討した結果、茶々の名護屋での存在を示すものはない。
名護屋城には側室・京極瀧子が滞在したことがはっきりしており、服部教授は「平塚の日記は瀧子を茶々と誤認したもの」と結論つけた。
そのほかに様々なことから秀頼は秀吉の子でないと科学的に結論つけている。

ならば何故秀吉は茶々を許し秀頼を実施と認めたのか。
教授はそれを「茶々はかっての主君織田信長の姪。織田家の覇権を簒奪した秀吉にとって自らを正当化するためにも、茶々が子を産むことが望ましかった」
これまで学会は秀吉が秀頼を実子と認めている以上、血のつながりにあまりこだわってこなかった。
しかし服部教授は史実の解釈に重大な問題だと説いています。
秀頼の誕生が、秀吉の後継者だった関白秀次の、失脚、自刃につながったと言われる定説。
関ヶ原の合戦で秀吉子飼いの武将の多くが東軍(徳川方)についた理由についても「背景には秀頼出生の正統性対する疑問があった」という視点で再議論、検討されるべきだと主張しておられます。
by a7617 | 2015-04-24 07:22