日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

泉の森・ふれあいの森  2/2

泉の森・ふれあいの森散策続きます。




無残にも虫に食われた木の葉。
サンゴジュハムシと言うらしい。
5~6月に出現し、茎の中に卵を約10個産み、その表面を糞で塗布します。
卵で越冬し、初春から幼虫は新芽を食べて成長し、
羽化後は成虫も同じく葉を食害して穴だらけにします。

幼虫は葉脈を残して食べるため、この様に透明な網目状の食痕を残します。

d0031171_7482468.jpg



タチツボシミレ。
日本のスミレ属は種類が多く、さまざまなものが各地に見られるが。
日本を代表するスミレがタチツボスミレである。

d0031171_7531761.jpg




同じタチツボスミレ、蕾。

d0031171_7555125.jpg




タチツビヒゴスミレ。
日本にはスミレの仲間は変種を含めれば50種~70種にも及ぶと言われ、
見分けるのも大変です。

葉に細かく裂れ込みが入るスミレの仲間です。


d0031171_7564899.jpg



一輪草。
一輪草、二輪草の違い。

d0031171_813086.jpg



踊り子草。
似たような言い方の花に「姫踊り子草」があるが背丈・葉や花の大きさ
とも半分以下で小さいため「姫」の名を冠して呼ばれる

高さは30~50cmくらいになる。葉は対生しその形は
卵状3角形から広卵形で上部の葉は卵形で先がとがり
縁は粗い鋸歯状になり、基部は浅心形で葉柄がある。

花期は4~6月で、唇形の白色またはピンク色の花を、
数個輪生状態になって茎の上部の葉腋に数段につける。
花のつき方が、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿にている
ことからこの名がついた


d0031171_862636.jpg




ヤマブキソウ
山吹草、落葉樹林やまばらな常緑樹林の中や縁など、林内でも
比較的明るい場所に生活する植物です。
群落を形成することが多く、単体で見ることは少ないです。
本州から九州に分布しますが、野生はめっぽう数が減少しており、
自治体によっては絶滅危惧種に指定されていることもあります。

花姿がヤマブキに似ており、草なのでヤマブキソウの名前がありますが
ヤマブキとは科も違い分類上縁はありません。

d0031171_8141741.jpg


山吹草
この様に群生しています。

d0031171_8183896.jpg



げじげじシダ。
夏緑性のシダ植物。
路傍などに生育する。羽片は交互に出て、基部が中軸に流れて
翼となるので、全体から見ればジグザクに見える。
その形がゲジゲジに見えるからでしょうか。
ゲジゲジというより、ジグザクシダと言いたい様な形で、わかりやすい。

d0031171_8193325.jpg




アスカイノデ。
今までも至る所にあったはずだが、ほとんど
気に留めていなかった羊歯。

葉表面は深い緑色、著しく光沢がある。
小羽片の鋸歯の先は芒状になる。
分布は近畿南部以北東の本州、四国の暖地の海岸近くの低山地林。

d0031171_82225100.jpg




クロモジの花芽。
黒文字の名は若枝の表面にでる斑紋を文字に見立てたものといわれる。
古くからこれを削って楊枝を作る。特に根本に皮を残すのが上品とされる。
現在でも和菓子など特に選ばれたところではクロモジの楊枝が使われる。

d0031171_8311841.jpg




綺麗に咲いたチューリップ。

d0031171_8345950.jpg




此れで泉の森・ふれあいの森散策を終わります。

いつも、いろいろな事を教えていただいて居ます同行の皆さん
有り難うございました。
by a7617 | 2015-04-17 07:47