日常のこと


by a7617

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
感じた事
日々思う事
未分類

検索

訪問者数

since2011/10/22

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

フォロー中のブログ

エキサイトブログ向上委員会

最新のトラックバック

【予防効果はあるだろうが..
from ぱふぅ家のサイバー小物
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

江戸東京博物館

表題の博物館に行ってきました。
特別展、関ケ原展も見学してきました。


人の考えることは皆同じで、この悪天候にかかわらず大勢の見物客で
会場は人で溢れかえっていました。

また、ヨーロッパ系の観光客が多いのにびっくり。
ボランティアらしきガイドが英語で展示品の説明をしていました。

関ケ原展で印象に残ったものは、秀吉が死の間際に有力大名に
わが子秀頼の事を頼んだという「誓紙」を見られた事です。

口語体の文で解説が書かれていましたので、判りやすく各有力大名が
「秀頼様の事は粗末に致しません・・・」と言うことが記してありました。

想像していたより意外と大きな紙なので驚きました、A3をもう一回り
大きくしたほどの大きさでした。

しかしこんな物が何の役にも立たなかったのはのちの歴史が示しています。


関ケ原展を見てから常設展を見学。
行ってから気が付きましたが、ここは1993年開館以来初めて常設展示を刷新したそうです。

模型展示の「幕末の江戸城200分の1の模型」「ひばりが丘団地の室内模型」を復元しました。




日本橋の上から見た「朝野新聞社」

d0031171_9421413.jpg



日本橋問屋、商店街。

d0031171_9453061.jpg




d0031171_9532973.jpg




今回新設された江戸城の200分1の模型。
幕末の江戸城と説明してありましたが、江戸城天守閣は1657年の「明暦の大火」
焼失して幕末には天守閣はなかったはずですが、この模型ではあります。
焼けた後の再建計画の図面を基に復元。

時間的な混在を承知のうえで江戸城の構造をわかりやすく見せる事を優先したそうです



写真でわかり難いとは思いますがそばでじっくり見ると良くできていて
飽きさせませんね。

此れが上にも記しましたが幕末にはなかった天守閣。

d0031171_9562172.jpg



d0031171_9572818.jpg



説明文と地図。

d0031171_9575690.jpg




江戸庶民の普通の食膳。
江戸時代のいつ頃のなのか見をとしました。

d0031171_9583290.jpg



d0031171_105370.jpg




神田明神の山車。

徳川家康が関東に江戸幕府を開き、江戸府内の町や寺社が発展してゆく中で、
山王権現(現日枝神社)は家康以来の徳川家の守り神として、
また神田明神は江戸の総鎮守とされ、その祭礼の行列(神幸祭)は
将軍の上覧を受け天下祭と呼ばれるに至った。
その渡御する神輿には各氏子町より山車練り物が付き添った。

d0031171_1052827.jpg



神田明神の祭礼行列模型を見る外人観光客。

d0031171_10101227.jpg




日本橋。

d0031171_10113916.jpg




歌舞伎。

d0031171_10121957.jpg




今回の昼食は駅に隣接している「花の舞」で。

d0031171_10135612.jpg




想像していたよりリーズナブルな価格で驚きました。
此れで税込800円でした。
近所のサラリーマンらしき客も大勢来ていました。

d0031171_10142653.jpg



店内には土俵が有ります。
集合記念写真を撮ろうとして店員さんに聞きましたら
女性は土俵の上に上がってはいけませんと言われ断念。

d0031171_1031534.jpg




これは両国駅のホーム上屋を支えている柱ですが、良く見ると古いレールが
綺麗に曲げられて優美な曲線をえがいていることに気づきます。

さらに見ると此のレールには英数字の刻印が見られます。
その刻印によっていつ、どこで作られたものかがわかります。

明治の鉄道レールはほとんどがドイツ、英国などから輸入されたものが多く
鋼材の質も良くレールの使命を終えた後建築資材として利用されています。
この駅以外でも東京近郊の駅には良く見られます。

d0031171_1048438.jpg



何年ぶりに見学に行ってみましたが、博物館と言うものは
何回行っても面白く、新しい発見が有り楽しいですね。
by a7617 | 2015-04-09 09:19